スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

ドラマ 感想 「北の国から 全24話」

放映期間:1981年10月9日 から 1982年3月26日

原作 脚本 倉本聰

出演者
田中邦衛 
吉岡秀隆
中嶋朋子
中澤佳仁 いしだあゆみ 竹下景子
原田美枝子 岩城滉一 今井和子 大滝秀治 地井武男 清水まゆみ
林美智子 松田美由紀 南雲佑介 村井国夫 伊丹十三 児島美ゆき 
大友柳太朗

北海道 富良野出身の黒板五郎は、東京で結婚し家庭を築く。
平凡ながらも2人の子供と暮らしていた五郎は、ある日妻の浮気に遭遇してしまう。
どうしても不貞を許すことが出来ない五郎は、2人の子供を連れて帰郷。
電気も水道も整備されていない場所での生活をスタートさせた一家が
大自然の厳しさを通して成長していく物語。

ドラマを観た事がない人でも、ある程度の年齢の人なら、さだまさしの歌う
主題歌や、キツネを呼ぶときの「るーるるるる」という台詞、ラーメン屋の
「子供がまだ食ってる途中でしょうが!」という台詞が出る場面などを
一般知識のように言えるのではないかと思う位、有名な作品。

受け止め方は人それぞれだと思いますが、個人的には
単純に都会に馴染めず、身内と信じた妻にも裏切られた男が
子供に頼られ、尊敬され、馴染んだ環境で仲間である地元民と
生活しながら、自尊心や存在意義を取り戻して行く話だと思いました。

ただ、自分一人でやり直すのは良いとしても、選択肢のない
子供達を道連れにするのはどうかとも思うし(ある意味洗脳というか
ストックホルム症候群みたいだった)、不倫・堕胎・浮気・離婚・失業
借金・失敗・死・社会問題など、昼メロでも追いつかなさそうな
要素を、小さな小さなコミュニティに詰め込み過ぎな物語だと思いますが
関係ない視聴者からすれば、そういうドロドロした要素や不幸が
素直に言えば面白いんだろうし、さえない中年がただ生活するだけじゃ
話が続かないから仕方ないのかもしれません。

好き嫌いは別として、今では作れないタイプのドラマだと思います。
大自然の映像と、子役の演技に支えられている作品だと思います。

余:蛍が父親に対し、異様に気を遣う場面が本当に気の毒だった

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

第71回 戦没者追悼式

覚書

私が申し込んだ時の内容です。
各都道府県によって異なるかと思います。

□申し込み

私の場合、遺族会に加盟していないので、個人で申し込みました。
各都道府県が配っている会報のようなものに「参加希望者」を募る
記事がのれば、その通りに申し込めばいいだけです。
住所・氏名・年齢・戦没者との続柄等を書き込んで申し込んだ後
「内定案内」や電話連絡等を経て参加に至りました。

□当日の服装

案内には「平服で可。華美な服、ノースリーブはご遠慮下さい。」とありました。

実際、会場に行ってみると、男性はグレーか黒のズボンに白Yシャツ
もしくは喪服という方が多かったです。
女性は喪服、もしくは白のブラウス・黒のカーデ・黒のスカートorパンツという方が
多かったです(色味としては黒・グレー・白系、紺・紫という方も)
子供はお受験みたいな恰好(白・黒・紺)、学生は学生服が多かったです。

自分は式後に都心で出歩いてもおかしくない程度の黒の上下+サンダルで
行きました。ちょっと浮いていました・・・

ちなみに外国人記者の女性がとてもカジュアルなタンクトップを
着ていたのが気になりました。
確かにノースリーブは式の内容に対して失礼かもしれません。
ご遠慮対象なのも理解出来ました。

□持込不可なもの

ペットボトルの持込は不可です。鞄も膝に乗せれる程度の小ぶりな物指定。
長傘・スーツケースや杖代わりのキャリー等は受付に預ける事になると思います。

□写真

撮影オッケーです。式典中はフラッシュ不可。

□所要時間

式典は11:50位から12:45位まで
参加者の方々は何度も来ている人が多いので、特にトラブルもなく
サクサク進みました。リハーサルがいらないって凄いです・・・
ただ、席の位置や都道府県にもよると思いますが、集合時間の
指定が早い所だと、1~2時間近く前から会場にいなければいけないので
暇つぶし出来る物がないと辛いです。

なお、会場内はSPと警官だらけなので、ウロウロしやすい
雰囲気ではありません・・・・

□軽食

今回は京樽のかんぴょう巻とパックジュース2本が配布されました。

□お土産

戦没者追悼式と書かれた手ぬぐいが販売されていました。ちょっと驚きました・・・

□菊の花

式典後、希望者には飾ってある黄色と白の菊が配布されていました。
壇上付近に列を作ってもらうシステムです(1人3本~5本程度)
手慣れた方は、ビニール袋等をあらかじめ用意されていました。

以上、簡単ですが、覚書です。

終盤、大声で叫んだ人がいて驚きましたが(珍しい事らしいですが)
行って良かったと思います。
なお、会場内はそこまで冷房強めとは思いませんでした。
明かりがつくと、むしろ暖かいなと思いました。

余:学校で恥ずかしがって歌わない中途半端なモゴモゴ君が代とは違い
  5000人以上が本当に声を出して歌う「君が代」って美しいです。びっくり。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ジャングル・ブック」  ネール・セティ

The junglebook原題:The junglebook
制作年:2016年
監督:ジョン・ファヴロー
出演:ネール・セティ
声:ビル・マーレイ ベン・キングズレー
  イドリス・エルバ ルピタ・ニョンゴ
  スカーレット・ヨハンソン ジャンカルロ・エスポジート
  クリストファー・ウォーケン
満足度:★★

狼に育てられた人間の子供、モーグリは、人間を忌み嫌う
トラによってジャングルを追われることになる。
一度は仲間に迷惑をかけまいと去った彼だったが
育ての親がトラによって殺害された事を知り、復讐のため再び
ジャングルに戻ることに。そんな彼を待ち受けていたものは
人間の知恵を悪用する事を企むオランウータンだった。
動物アクション映画。

機内の小さい画面で観ても、普通にCGでした。
やはり「目玉」のある生き物は、どんなに技術が発達しても
CGにしかみえないです。
唯一リアルに演じている人間役の子役の演技も
微妙で、これならアニメーションのほうが
面白いんじゃないかと、ちょっと思ってしまいました。

やっぱりCG映像に魅力を見出すのは難しいです。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ズートピア」 ジニファー・グッドウィン

Zootopia原題:Zootopia
制作年:2016年
監督:リッチ・ムーア
    バイロン・ハワード
声:ジニファー・グッドウィン
  ジェイソン・ベイトマン
  イドリス・エルバ
  ジェニー・スレイト
満足度:★★★

屈強な動物ばかりが働く警察官にあこがれる田舎のうさぎ娘が
周囲にバカにされながらも、知恵と根性で採用試験に合格。
大都会ズートピアで念願の勤務を果たす。
種族にかかわらず様々な動物が安心安全に暮らす町で
起きた怪事件に挑む彼女の奮闘を描いたコメディ動物ドラマ映画。

面白いけど、人間でやったらまずいんだろうなぁという内容を動物に
置き換えて描いている話だと思いました。
動物が主役なんだけど、アニメなんだけど、まじめに考えれば
結構ヘヴィな感じ。

「48時間」(82)なんだから面白くないはずはないんだけど
今の時代、あれを演じるのは人間以外しか許されない時代なんだろうな。

深く考えなければ、普通に楽しいディズニーでした。

余:人間でリメイク出来ればたいしたもんだ

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ショック集団」 サミュエル・フラー

shock corridor
製作年:1963年
監督:サミュエル・フラー
出演:ピーター・ブレック
    コンスタンス・タワーズ
    ジーン・エヴァンス
満足度:★★★+★半分



精神病院内で起こった殺人事件の真相を暴き
ピューリッツァ賞をとろうと病人のふりをして院内に
潜入した記者が、真実に近づくにつれ自分も気がふれて
しまうという映画。

事件を目撃した患者達のインタビュー内容が、殺人事件の真相より
重いです。黒人はKKK、元兵士は戦争によって、天才科学者は
発明品(核)によって気がふれて、入院患者となってしまっているからです。
B級という蓑を利用して、アメリカの闇に突っ込んでいます。

「神は滅亡を望む時、まず人を狂人にする」
半世紀以上前の映画ですが、テーマは現代でも十分通用する
良作だと思います。

余:人によって人がふれてしまったのか、「治療」のせいで
  ふれてしまったのか

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。