スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「ヘイトフル・エイト」クエンティン・タランティーノ

The Hateful Eight原題:The Hateful Eight
製作年:2015年 監督:クエンティン・タランティーノ
出演:サミュエル・L・ジャクソン カート・ラッセル
    ジェニファー・ジェイソン・リー
    ウォルトン・ゴギンズ デミアン・ビチル
    ティム・ロス マイケル・マドセン
    ブルース・ダーン ジェームズ・パークス
    チャニング・テイタム
満足度:★★

南北戦争後のアメリカ。賞金首を連れたまま遭難していた賞金稼ぎが
同じく賞金首を連れて移動中の賞金稼ぎに助けられる。
そこに遭難していた新人保安官も加わり、奇妙な道行が始まるが
猛吹雪の為に馴染みの店で一時避難を余儀なくされることに。
そこでやっぱり避難していた謎の男たちと出くわす事に。
女一人に男が七人。計八人の長い夜の物語。

映像と音楽に雰囲気があります(音楽はエンニオ・モリコーネ)
出演者も味がある人ばかりです。
簡単に言えば、「そして誰もいなくなった」なので、つまらない
はずはないし、観客は登場人物達を観察しているだけで
面白いはずなのですが、いかんせん長い。ゆるい。

学生の頃、自分が通っていた劇場は、万年椅子が壊れていて
いました。また、鑑賞中、足元を太ったネズミやGが
駆け抜けていったり、タバコを吸い出すおっさんがいたり
変な自販機でハンバーガーが売っていたりしました。

そんな環境でなら適当に観れたと思います。
でも、咳一つでにらまれる現代の神経質な劇場で
この内容と長さは、辛すぎました。

映像・音響面では劣っても、家でおならでもしながら
気楽に観た方が楽しめると思います。
(面白いかは別ですが)

余:「そして誰もいなくなった」(45)の方が、面白いってのは・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「コードネーム U.N.C.L.E.」 ヘンリー・カヴィル

uncle原題:The Man from U.N.C.L.E.
製作年:2015年
監督:ガイ・リッチー
出演:ヘンリー・カヴィル
    アーミー・ハマー
    アリシア・ヴィキャンデル
    エリザベス・デビッキ
    ジャレッド・ハリス
     ヒュー・グラント
満足度:★★


アメリカとソ連のスパイが、敵対しつつも手を組んで悪事を阻止する
コメディタッチスパイアクション映画。
60年代の人気テレビドラマを映画化した作品。

全体的に悪くないものの、ピリッとくるものがない映画だと思いました。
なんというか、全年齢対象のソフトな雰囲気に加え、狙い過ぎて
飽きちゃう感じ。

ノレる人は凄く気に入りそうですが、緊張感や泥臭い部分が
ある方が魅力を感じる自分にはあと2つ3つ物足りなさがありました。

ただ、作品に恵まれなさすぎのヘンリー・カヴィルが、これで
ステップアップ出来ればいいなと思った1本でした。

余:ヒュー・グラントがお爺さんになってた。悲しくなった。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「007 スペクター」 ダニエル・クレイグ

spectre原題:Spectre
製作年:2015年
監督:サム・メンデス
出演:ダニエル・クレイグ
    クリストフ・ヴァルツ
    レア・セドゥ
    ベン・ウィショー    ナオミ・ハリス
    デビッド・バウティスタ  アンドリュー・スコット
    モニカ・ベルッチ
    レイフ・ファインズ
満足度:★★★+★半分

Mの死後に送られてきたビデオレターにあった指令を遂行するため
単独行動中の007は、犯罪組織「スペクター」の存在を知る。
謎を追ううちに、自分が過去に関わった事件が組織と
関係している事を突き止める。果たしてボンドは過去を昇華し
組織を壊滅する事が出来るか。サスペンスアクション映画。

個人的に「カジノ・ロワイヤル」>>>>「スペクター」>>「スカイフォール」。
(自分の中で2作目は無かった事になっております)
今回は古典007要素と現代ボンド要素がミックスされているので
クレイグボンドから007を観るようになった人には、古典要素が
期待ハズレかもしれません(ベタなので)

私は久しぶりにガッツリ火薬を使ったシーンも観れたし、腐る寸前が
一番おいしい、完全オジサン顔に成長する一歩手前のクレイグボンドも
堪能出来たし、映画として007らしいといえばらしいシーンが増えた点は
むしろ好ましかったのでスッキリ観れました。
まあ、基本ヘリだの車が暴走したり、車内で暴れる乗客がいれば
瞬時にネットに云々かんぬんな時代だし、アクションはファンタジーの
一種として楽しめればいいんだと思います。

欲を言えば、「カジノ~」同様、悪役と拷問シーンが濃ければ、そして
40分短く作れれば、より良くなるのでは。

しかし「車」「時計」「美女」「ハイテク機器」にあこがれる
時代ではないから、007シリーズは大変だと思います。
取り入れると古典の金太郎飴になって新規客は望めないし
無視すると007じゃなくなってしまうし。

トム・フォードを男前に着こなすクレイグの肉体と、ダークボンドを
売りにしたのは大正解でしたが、果たして次はどうなるんでしょうね。

期待しないで観に行って正解でした。

余:モニカ・ベルッチ・・・昔は本当にナチュラルで綺麗な
  女優さんだったな・・・ちょっと顔がパツパツしてたな・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「アントマン」 ポール・ラッド

Ant-Man原題:Ant-Man
製作年:2015年
監督:ペイトン・リード
原作者:スタン・リー ラリー・リーバー ジャック・カービー
出演:ポール・ラッド
   エヴァンジェリン・リリー
   コリー・ストール  マイケル・ペーニャ
   マイケル・ダグラス
満足度:★★★

非暴力犯罪によって収監された過去を持つ主人公スコットは
愛する一人娘の養育費を稼ぐ為、特殊スーツを身にまとい
人間から蟻の大きさまで変化できるアントマンとしてピム博士の
計画に加わることになる。果たして主人公はアントマンとして平和を守り
娘と再び面会する事が出来るか。マーベルコミック映画化作品。

話が上手く進みだすまで長かったですが、アントマンとして主人公が
動き出してからは本当に面白く観れました。
劇場内、大声で笑ってる人もチラホラでした。

「ミクロキッズ」(89)のような雰囲気と、堅苦しすぎない
ギャグ描写が沢山あるせいか、他のマーベル映画より気持ちよく
観れます。ファミリーでも安心(主人公の過去が暗くない・秘密がない)

これでまた「アベンジャーズ」シリーズと絡みだすと、訳が分からなく
なりそうですが、とりあえず導入編1作目としては悪くないのでは。
今後、あんまりシリアスかつ団子状態にならない事を期待します。

余:ライダースーツにみえちゃう。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「カリフォルニア・ダウン」 ドウェイン・ジョンソン

SAN ANDREAS原題:SAN ANDREAS
製作年:2015年
監督:ブラッド・ペイトン
出演:ドウェイン・ジョンソン
   カーラ・グギーノ   アレクサンドラ・ダダリオ
   ヨアン・グリフィズ  ヒューゴ・ジョンストーン=バート
   アート・パーキンソン
満足度:★+★半分


娘が事故死した事から、妻やもう一人の娘との距離を上手くとれなくなり
離婚までいってしまった救難ヘリパイロットの主人公が、カルフォルニアを
縦断するサンアンドレアス断層の移動により起こった最大級の大地震に
遭遇した元妻と娘を救おうと努力する話。ディザスター映画。

救護活動中にサンアンドレアス大地震に遭遇した妻からのSOSを
受けた主人公。迷いゼロで職務放棄し、会社のヘリをつかって
身内だけを助ける為だけに行動するという斬新な内容です。
偽善も正義もなくて、ある意味清清しいです。

例の「人がゴミのようだ!」のセリフのごとく、ばったばた
ダウンしていく人々や、破壊されていくビル郡、そして津波の
映像に関しては、それぞれ感じ方が違うと思います。
技術的にはそれなりに凄いなぁと思いました。
(個人的には「インポッシブル(12)」の方がドヨーンとなった)

まあ、基本的に話が無いので、ポイントが良く分からなかったです。

個人的にはMr.ファンタスティックがとにかく気の毒な
役だったなぁと思った1本でした。

余:どうして元妻の再婚相手とか恋人って大金持ちなのだ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。