映画 感想 「かいじゅうたちのいるところ」 スパイク・ジョーンズ

Where the Wild Things Areかいじゅうたちのいるところ
原題:Where the Wild Things Are
製作年:2009年
監督:スパイク・ジョーンズ
原作:モーリス・センダック
製作:トム・ハンクス
出演:マックス・レコーズ
評価:★★+★半分


モーリス・センダックのベストセラー絵本 映画化作品。

クビ寸前の母親と、歳の離れた姉と暮らす少年(父親は
いないようだ)マックス。やや情緒不安定気味の彼が
偶然「かいじゅうたちのいるところ」へたどり着き
かいじゅうたちと生活をする事になる・・というブラック・ファンタジー。

日本の配給会社がチンプンカンプンな配役で吹替版を作り
まるで家族で楽しめる映画のように宣伝していますが
はっきり言って、小さいお子様向けじゃないと思います。

当方には、きっちりとした答えを導くハッピーな子供向けとは異なり
リアルに病んでいる大人・かいじゅう・子供(本気で怖かった。もう少し
オブラートに包んでくれれば・・)の姿を描いた、ダーク
ファンタジーとしか思えませんでした。

ようは、暗い。
(原作未読・イメージだけで観に行ったので、鑑賞中
 心の軌道修正をするのに時間がかかりました)

まあ、共感出来る人は、猛烈に共感出来る・出来ない場合は
ちょっと辛い(爆睡する人もいるかも)系だと思うのですが
とりあえず「かいじゅう」の動きは可愛いし、普段、何気に
とりこぼしている感情や人との接し方について少し考えるきっかけに
なる映画かも?と思えなくもない1本でした。

余:もう少し明るい雰囲気&健全なタイプのコレ系を求める方は
  「ネバーエンディング・ストーリー」(84)をどうぞ。  
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters