FC2ブログ

映画 感想 「ラブリーボーン」 ピーター・ジャクソン 試写会にて

the lovely boneラブリーボーン
原題:the lovely bones
製作年:2009年
監督:ピーター・ジャクソン
製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ
原作者:アリス・シーボルド
出演:マーク・ウォールバーグ レイチェル・ワイズ
   スーザン・サランドン  シアーシャ・ローナン
   スタンリー・トゥッチ
評価:★★★

14歳で殺害された少女「スージー・サーモン」。
彼女の目を通して、死後の世界と残された家族、殺人犯の姿を
描いたファンタジータッチ・サスペンス映画。

理不尽かつ悲惨な事件を扱った映画に対して、ファンタジーという
言葉を使うのが適しているかは分かりませんが、主人公の少女が
「死後の世界」から残された家族や殺人犯をみつめている様子と
「子供」から「大人」に変る心の過程を、美しい映像で描いた
ファンタジー作品だと思いました。
(原作の悲惨部分は、除かれているようですね)

基本的に、犯人を追い詰める家族や警察の話や、残された人々の
ドラマ部分をメインにしている作品ではないので、その部分を
期待すると拍子抜けするし、「感動」「涙」「アカデミー」
「スピリチュアル」云々などの宣伝要素も殆どないと思うので
つまらない人は相当つまらない映画かもしれませんが・・・
当方は嫌いじゃなかったです。

ちょっと変っていますし、万人が面白いと思う
映画じゃないと思いますが、家族と少女の絆を現実も含めて
暖かく表現している1本だったと思います。

余:ピーター・ジャクソン。
  そろそろ初期作のような映画作らないかな。。
  ハリウッド系にのまれないで欲しい。
   ついでに翻訳。感覚の新しい人にやってもらおうよ・・たのむよ。
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters