映画 感想 「MW ムウ 」  手塚治虫原作

mw MW ムウ
製作年:2009年
監督:岩本仁志
原作:手塚治虫「MW」
出演:山田孝之
    玉木宏
    石橋凌
評価:★★


沖ノ真船島で起こった秘密科学兵器「MW」の流出事故により
ガスを吸った島民は死に、生き延びた人々は政府の手によって
皆殺しにされる。なんとか生き延びた少年、結城と賀来の2人は
青年へと成長するが、2人の生き方は別のものとなっていて・・

1976年~78年迄連載された手塚治虫の『MW』を元に
作られたアクション作品。

原作未読だった為か、特に思うところなく観れた点は
良かったと思います(原作との共通点より相違点を述べる
方が多い作品らしいので・・・)

ただ、130分飽きずに観れたか・・と問われると別。
正直、飽きました。ハイ。

多分、冒頭の誘拐シーン+「フレンチコネクション」(71)を
まんまパクった(あそこまでソックリだと呆れる)カーチェイス
シーンのせいで、しょっぱなから気持ちが萎えたという点と
登場人物達のキャラが、最後まで見えにくかった(魅力がない)
点が、本作を「飽きる映画」と捕らえた最大の
要因だった気がします(+全体的に他作品を意識しすぎかと)

とにかく海外アクションのような映画を作りたかったのなら
「手塚治虫」という名前を借りなくても良かったんじゃ
ないのかな、と思える1本でした。

アクションよりも、美しい悪魔に翻弄される人々の姿が
ちゃんとみたかった。

余:石橋はジーン・ハックマンを意識してた?
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters