FC2ブログ

映画 感想 「夏の嵐」 ルキノ・ヴィスコンティ

Senso原題:Senso
製作年:1954年
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
出演:アリダ・ヴァッリ ファーリー・グレンジャー
評価:★★★★
原作はカミッロ・ボイトの短編小説。

ルキノ・ヴィスコンティ初のカラー作品。
オーストリア占領下のヴェネツィアで出会った
若く美しいオーストリアの将校とイタリアの伯爵夫人の
不倫の果てを描いたドラマ。

今で言う「大作系」といっても良いんじゃないかと
思う位、お金がかかっている作品だと思います。
衣装も豪華。占領下という事もあり、戦場のシーン等
「あ、細かいなぁ」という出来。
また、「イタリア~!!」という熱い台詞や音楽・展開を
楽しむ事が出来る一作。

全体的に美しく重厚な作品・・だとは思うのですが
(そういう意味で高評価もしていますし)、話の
内容が「ハーレクインロマンス」過ぎるのが難点でしょうか。

基本的に「官能」という原題の通り

人妻が若いツバメにメロメロ&メタメタにされる

話なので、映像や重厚な雰囲気より「内容」が苦手という
方からすれば、「ただの昼メロ」と思われなくもないかと。。

もちろん、戦争と人間のウンヌンカンヌンがあ~だ
こ~だ!と考えようと思えば、思えるのですが
単純に「駄目男に騙された駄目女物語」ともとれる。

「ああああ!そいつは悪いヤツ!!」と叫びながら
煎餅をガブッとやって観るのも楽しいかもしれません。
(だから、自分の脳は文芸向きじゃないのか・・・)

余:可愛さ余って憎さ百倍
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters