映画 感想 「グラン・トリノ」 クリント・イーストウッド

GRAN TORINO原題:GRAN TORINO
製作年:2008年
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド
評価:★★★★★




偏屈かつ人種差別主義の年老いた退役老人と
隣に住むモン族の少年の交流を描いた人間ドラマ。
「イースト・ウッド最後の出演作」といわれる1本。

ゆるくてベタな人間ドラマととるか、イーストウッドの
締めくくりとしてとるか・・・・私はもちろん
後者でしたので、素晴らしい最後を観せてもらったと感じました。

「ダーティ・ハリー」シリーズや「アウトロー」等を思い出す
シーンに懐かしさを感じ、現代の世知辛さやモラルの
欠如に同感し、既に自分は「古い世代」なのだと自らを
葬ったイーストウッドに共感しました。
また、深読みかもしれませんが、アメリカの歴史そのもの
を感じる事が出来る流れだったような気がします。

平凡と言えば平凡・美化と言えば美化ととられてもなる
内容を、繊細かつ慎重に仕上げて昇華している点が
素晴らしいと思いました。
ついでに、この人は本当に役者の力を出す事が
出来る人だな・・・と。

とまあ、ベタボメ風に書いていますが、私は
イーストウッド信者でも何でもないんです。
(作品は結構観たけどさ)
ただ、アクション万歳!オトボケ万歳!が多かった
過去作品を含め、やっぱりこの人は優れて
いたんだと思えた1本でした。

余:フォード「グラン・トリノ」
  アメ車全盛期の名車。
  この車種以降の、アメ車後退の歴史と映画の内容が
  かぶると、益々イロイロ考えさせられます。ふう。
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters