FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手

映画 感想 「レボリューショナリー・ロード」

カップル不向き
原題: REVOLUTIONARY ROAD
製作年: 2008年
監督: サム・メンデス
出演: レオナルド・ディカプリオ
    ケイト・ウィンスレット
評価:★★★★

リチャード・イエーツ原作。

「1950年代半ばのアメリカの郊外の街で、夢と希望に人生を
 懸けようとする若い夫婦の葛藤と運命を描く感動作。」

CMと上記の宣伝文句だけの基礎知識で観に行きましたが・・

「イメージとまったく違った内容」でした。

てっきり、夫婦が理想と現実の合間で苦しみつつも
お互いの絆で問題を乗り越えていく愛情系だと思ったのですが・・・

見事、ドロッドロでした。

はっきり言えるのは「夫婦・盛り上がってる最中のカップル」向きでは
ないという事(むしろ、そんな2人は観ないほうが良い勢い)

イメージにつられてか、年配のご夫婦が多かったですが、終了後
かたまってる方が多かったです。

さて・・・
アメリカがもっとも輝いていた時期、どちらかと言えば「人並み以上の
生活」を送っている夫婦。そんな2人の理想(夢)と現実が絡み合い
破綻していく様が、描かれているのですが

この様子、とても怖いです。

「相手に対する押付がましい理想・憧れ」
「自分の器を理解できないor認められない」
「許容を超えた物に対する不満・極端な排除」
「今に満足する事が、まるで罪」
「子供。その存在と重さ(足枷)」

上記はあくまで例ですが、こんな感じの
感情が、終始渦巻いた感じ。怖い。
観終わった後、彼らの思いを、哀しいととるか、共感するか
否定するか・・・・・難しいところじゃないでしょうか。

私は、基本的にこの手の考え方はしないので
「た・・大変だなぁ」としか思えませんでしたが。
(それを「アホな人間」だととられるなら、ソレの方が良い。
 こんな事考えて実行してたら、誰とも共存できない)

とにかく、観ていて気分の良い話ではありませんが
人間の深部がストレートに伝わる作品です。「人間ドラマ」。

1欠片の希望も無い作品ですが、見応えはあります。
(役者も良かった。舞台小道具も良かった)
劇場じゃなくても良いので、心の余裕がある時に是非どうぞ。

余:結局人間って、最後は1人かぁ。我儘な動物なんだな・・
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。