映画 感想 「パンツの穴」 山本陽一

穴制作年1984年
監督:鈴木則文
出演:山本陽一
    菊池桃子
    田中浩二
    矢野有美
    山中康仁
    岩本宗規
満足度:★★★★

博多から多摩に転校してきた主人公と個性豊かなクラスメイト達の
恋と下ネタを直感的に描いた青春ドタバタコメディ映画。

起承転結、青春の1ページ毎にうんこが関わるという
珍しい作品です。美しい学園物ではありません。

コメディ色が強いので、大人の場合、観ていて疲れる事も
あるかもしれませんが、ツボな人には相当共感しながら観れる
貴重な青春映画(大林系青春とは大違い)だと思います。

女性陣のキャラや演技は、正直容姿の出来以外に個性がないので
印象に残らないのですが(ブス2人は除く)、うんこまみれで
かっこ悪いけど、クソ楽しい青春を謳歌するキャラをドンピシャで
演じる男性陣は良いですよ~。
女子側の青春じゃなくて、男子側の青春。
何もかも排泄してすっきり育て!といった感じ。

惜しむべきは、後半ややペースダウンしてしまった
ところでしょうか(個人的にクロロホルムシーンは
中学生の妄想を通り越して、ただの犯罪ネタ過ぎて
気持ちがなえた)
そこさえクリアすれば、地獄のロッカーまで最高です。

コメディだけど、がっつり青春。
やっぱ鈴木則文は面白いと思える1本です。

余:OSAMUGOODSのバッグとか!!あれ、まだ売っているのかな。
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters