ドラマ 感想 「 恐怖劇場 アンバランス 全13話」

アンバランス

放送: 1973年1月8日から 4月2日23:15から55分 全13話
監督: 鈴木清順 藤田敏八 長谷部安春 山際永三 神代辰巳 森川時久
     黒木和雄 満田かずほ 鈴木英夫 井田深
製作:円谷プロ
ナレーター:青島幸男

1話 木乃伊(みいら)の恋 2話 死を予告する女 3話 殺しのゲーム
4話 仮面の墓場 5話 死骸(しかばね)を呼ぶ女  6話 地方紙を買う女
7話 夜が明けたら 8話 猫は知っていた 9話 死体置場(モルグ)の殺人者
10話 サラリーマンの勲章 11話 吸血鬼の絶叫 12話 墓場から呪いの手 
13話 蜘蛛の女

深夜枠で放映されていた大人向けのオカルト・ホラー・サスペンス系ドラマ。
毎回キャストが変わる1話完結もの。

55分でもキツさ(間延び)を感じる作品が多かったように
思えます(特に、評価が高いはずの1話目や、特定の人向き
としか思えない演劇4話目にはついていけず、キツかった・・・)
子供っぽくなりすぎないよう、ただのサスペンスで終わらないように
気張りすぎたり、本領発揮出来なかった回が多かったのかもしれません。

唯一、これは面白いなぁと感じたのは、10話「サラリーマンの勲章」。
「恐怖劇場」的要素は無いですが、上手くまとまっており、現代でも充分
通用する作品だと思います。この話が観れただけでも、めっけもんでした。

もっとアホらしくても良い、気楽に楽しめる程度の話が、1話
完結には向いているんじゃないかな~と、素直に思えたシリーズでした。

余:磁石で回るオルゴール!懐かしい!!
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters