映画 感想 「殺しを呼ぶ卵」 ジャン=ルイ・トランティニャン

LA MORTE HA FATTO L'UOVO原題:LA MORTE HA FATTO L'UOVO
製作念:1968年
監督:ジュリオ・クエスティ
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン
   ジーナ・ロロブリジーダ
   エヴァ・オーリン
   レナート・ロマーノ
評価:★★+★半分


大恋愛の末に結婚したものの、美しい資産家の妻に不満を抱き
そのストレスを娼婦にぶつける日々を送るようになっていた主人公。
妻の姪とも関係を持つようになった彼は、妻を殺害し姪と第二の
人生を歩もうと考えるようになるが・・・サスペンス映画。

分かりやすく事が進むわけでもなく、謎めいた展開があるわけでもなく。
ひたすら変わった雰囲気が売りの映画だと思います。
まったくもって、午後のロードショウにすら向かない話だと思います。

サスペンスとして成立しているとは思いませんが、観る側が
足りない部分を補足出来れば、退屈だけど興味深い1本として
考えることが出来るかも。

結局社会に飲み込まれ食物連鎖の一コマになってしまった主人公が
気の毒といえば気の毒な1本でした。

余:交通事故の回想シーンがすばらしかった。
  あそこだけでも観る価値があると思う。
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters