映画 感想 「ソドムの市」 ピエル・パオロ・パゾリーニ

salo原題:SALO  120 DAYS OF SODOM
製作年:1975年
監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ
原作者:マルキ・ド・サド
出演:パオロ・ボナチェッリ
    ジョルジオ・カタルディ
    ウベルト・パオロ・クィンタヴァレ
   アルド・ヴァレッティ
評価:★★

第二次世界大戦末期の北イタリアで、大統領・最高判事・大司教・公爵によって
拉致された美少年や美少女達が、考え付く限りの変態行為の道具として
利用されていく姿を描いた映画。

漠然とした中に、複雑な裏設定があり、本当は志の高い内容でも
凡人には響かないように作られている、それが本作品だと言われれば
そうなのかもしれませんが、「スウィート・ムービー」(74)の方が、意味不明な
中にも面白さがあって個人的には観やすいと思いました。

排泄物シーン(スイスの高級チョコに砕いたビスケット、コンデンスミルク
マーマレードを加えたもので出来てるらしいけど)以外は現代の感覚でいえば
左程オエーな場面もないですし、残酷シーンといっても、ホラー映画に
比べればとなってしまうので今見ると、ちょっと古臭く感じるかもしれません。

なんとなく、その裏にあるメッセージ云々というよりも、本作品を観て
どれだけ盛り上がれるかで自分を理解する為にあるような1本でした。

余:ラオウかと思ったよ。ポスターのシーン。
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters