映画 感想 「エンダーのゲーム」 エイサ・バターフィールド

ender原題:Ender's Game
製作年:2013年
監督:ギャヴィン・フッド
原作者:オースン・スコット・カード
出演:エイサ・バターフィールド
   ハリソン・フォード
   ベン・キングズレー
   アラミス・ナイト アビゲイル・ブレスリン
評価:★+★半分

異性人からの攻撃を受けた地球人は、今後起こりうる侵略にそなえ
選別された優秀な子供達を特殊施設で育てていた。中でもずば抜けた
才能を持つ天才児「エンダー」が、大人達の思惑と子供である自分と
運命の間で苦悩しながら成長していく物語。近未来SF映画。

原作は未読なので、その世界観が映像化によってどれだけ正確に生かされて
いるかは分かりませんが、観客が物語に引き込まれるだけの魅力がある
作品とは思えませんでした。

後に作品の核に繋がるとはいえ、終始シュミレーションに徹する子供達の
姿だけで半分以上の時間を費やしている内容って、面白いですかね?
映像が綺麗だとか、あまり気にしない自分には、結構キツかったです。

思い返しても、特別印象に残るものが無かった1本でした。

余:音楽が「トロン・レガシー」(10)によく似ていたように
  感じたのは自分だけだろうか・・・
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters