映画 感想 「八甲田山」 北大路欣也

八甲田山製作年:1977年
監督:森谷司郎
原作:新田次郎「八甲田山死の彷徨」
出演:高倉健
   北大路欣也
   三國連太郎
   前田吟
   緒形拳
評価:★★★+★半分


1902年、210名中199名が死亡した「八甲田雪中行軍遭難事件」を
ベースに描かれたドラマ映画。

この作品からは、いつの時代も何にでも口を出すワンマンかつ
無能なトップがいる限り、不幸なまき沿いを食うのは部下であるという
組織図がみえます。
大なり小なり、統率されていない組織の無意味さを学べる点から
現代でも充分通用するテーマだと思います。

会社にたとえるなら、無能な上司を信じたために過労死した社員、会社に
見切りをつけ退社して平和を取り戻した社員、上司がアホだと知りつつ
進言出来なかった故に、責任を取って自殺に追い込まれた社員の話にも
思えます。とても悲しいですね。

もちろん極寒極限の状態で人間はどのような行動が出来るのかという
点で、作中ホラーかギャグかと思わずにいられない場面が(もちろん
まじめに描かれているのですが)あるので、今風・・とはかけ離れて
いる部分もありますが、興味のある方はごらんになった方が良い邦画かと。

出演人が本当の意味で豪華ですし、昭和の力作としても、現代社会と変わらぬ
理不尽さを知るという意味でも、オススメ出来る1本です。

余:大滝秀治の「ニャッ!?」みたいな叫びはずるいよな~
  笑いが止まらなくなってしまいます。
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters