映画 感想 「それでも夜は明ける」 キウェテル・イジョフォー

12 Years a Slave原題:12 Years a Slave
原作者:ソロモン・ノーサップ
製作年:2013年
監督:スティーヴ・マックイーン
出演:キウェテル・イジョフォー
   マイケル・ファスベンダー ベネディクト・カンバーバッチ
   サラ・ポールソン  ルピータ・ニョンゴ
評価:★★★


誘拐され奴隷商人に売り飛ばされた主人公が、12年にもおよぶ
奴隷生活の中で体験する悲惨な体験の物語。ドラマ映画。

主人公、ソロモン・ノーサップの自伝(1853年刊)を映画化した本作品。
アメリカに住む黒人全体の1%程度しかいない「自由黒人」として教育を受け
北部で幸せな生活をしていたにも関わらず、「黒人」であるが為に奴隷として
家畜同然の扱いを受けるはめになった主人公の姿を、非常に静かに描いているからか
よくある押し付けがましい感動や涙を誘う場面、哀しみを美化するような表現は
殆どなかったように思えます。アッサリしているなと感じる位、なかった。

その代わり、黒人を人間として扱わず所有物として考えられる
限りの酷い目に合わせる富裕層白人の行為や性質に重点をおいて
描いているように思えました。
自分の都合に合わせて作った「法律」と「神」というイメージの下に、行動を正当化
する人間の恐ろしさや脆さの方が印象に残りました。
(アウト過ぎる農園主をやったファスベンダーの方が、主人公より目立ってた)

なんというか・・実話にたいして失礼だと思いますが、130分弱ある
ストーリーの中の半分以上が、殴る蹴る罵るで構成されていると
暴力表現に慣れてしまうところがあり、多くを語らず理不尽かつ野蛮な
行為に対する主人公の悲しみと怒りを理解しようにも・・
ややダレてしまいました。すみません。
12年という年月の流れが読みにくかった点も惜しかったかな。

作品の内容、演技ともに素晴らしいと思いますが、もう少し短く
まとめられれば、心に残る作品になった気がします。

いかんせん、人間ほど残酷で愚かな
生き物はいないなと思えるには
充分過ぎる134分でした。

余:ブラッド・ピットの出方が唐突かついい役過ぎて・・
  自分の子供に観せたかったのかな・・・う~ん・・
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters