映画 感想 「ローリング・サンダー」 ウィリアム・ディベイン

Rolling Thunder原題:Rolling Thunder
製作年:1977年
監督:ジョン・フリン
出演:ウィリアム・ディベイン
   トミー・リー・ジョーンズ
   リンダ・ヘインズ
   ローラソン・ドリスコル
   ルーク・アスキュー
評価:★★★+★半分

7年にもおよぶベトナム捕虜生活から解放された空軍将校が
出兵前と帰国後の日常や家族との関係の変化についていけず
拷問を受けた事で崩壊していた精神を立ちなおすことも出来ず
苦しんでいた最中、自宅に強盗が入り家族を皆殺しにされた彼は
戦友と共に敵のアジトに乗り込んでゆく・・アクション・ドラマ映画。

主人公はウィリアム・ディベインですが、自分の中で
美味しすぎる役だったのはトミー・リー・ジョーンズだと思って
います。乗り込む直前に車の中でみせたイキイキした笑顔。印象的。

ベトナム帰還兵の悲しみと行き場のない怒りを描いたドラマ映画と
いうならば、「ランボー」(82年1作目)の方がもっと重い気がします。
精神崩壊度は、「コンバット・ショック」(84)より軽めなかと思います。

申し訳ないけど、悲しみや辛さに共感出来るシリアスな作品とは
言いがたいけど、将校と部下のイキイキ度が面白くて仕方ない1本。

「さよなら父さん」・・いいわ~

余:見事「妻はどうでもいい」という設定が良かった。
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters