スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「バレット」 シルヴェスター・スタローン

Bullet to the Head原題:Bullet to the Head
製作年:2012年
監督:ウォルター・ヒル
原作:アレクシス・ノラン 『Du Plomb Dans La Tete』
出演:シルヴェスター・スタローン
   サン・カン サラ・シャヒ
   クリスチャン・スレーター ジェイソン・モモア
評価:★★


取引相手にはめられて相棒を殺された殺し屋、ジミー・ボノボが
敵討ちの為にいやいや堅物刑事とコンビを組むはめになる話。
アクション映画。

正義と悪のコンビを組んでどうこうするウォーター・ヒルといわれると
面白かった「48時間」を思い出しますが、本作品は・・・
ううむ。2013年の感覚で観ると、ダサいです。

気の毒な位、オーラの無くなったクリスチャン・スレーターが
大変な事になるシーンと、マッチョ命のモモアさんが
「か・・金はやらんでも」というシーンは印象的でしたが
正直、音がでかくなるアクションシーン以外、本当にダサく
変な演出やすべる台詞が辛い92分でした。

相手役のサン・カンも頑張ってはいたものの、役不足というか・・
敵役もどこかでみたような感じの人ばかりで、脇役に魅力がありませんでした。

もちろん、シュワルツェネッガーなんかより本当のアクションスターとして
まだまだ動いていたスタローンは素晴らしいと思いますが
1歩どころか、5歩先まで読めるベタベタアクション展開は
もう通用しないかと。(ラスト、パイプが悪役の体に刺さってたら
王道で笑えたんだけどな)

80年代に良作を出したウォルター・ヒルでしたが、狙いすぎたかな。残念。

余:遺体安置所のシーン。無駄に気合が入っていたなぁ。
  あれはスタローンの趣味だろうか。
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。