映画 感想 「ドラえもん のび太の恐竜」 藤子・F・不二雄 

ドラえもん のび太の恐竜製作年:1980年
監督:福富博
出演:大山のぶ代
   小原乃梨子
   野村道子
   たてかべ和也
   肝付兼太
評価:★★★


スネ夫の自慢に対抗し、恐竜の化石を用意しなければ鼻からスパゲティを
食べなければならなくなったのび太だったが、偶然にも首長竜の卵の化石を
発見&孵化に成功。「ピー助」と名前もつけて可愛がっていたが、飼育困難と
なり、白亜紀の日本に首長竜を連れていくことになるが・・SFファンタジーアニメ。

ドラえもん、長編アニメ映画1作目。

ケバケバしい色で情緒の無い現代アニメにはない
色合い、のんびりした夢のある展開。素晴らしい作品だと思います。

ただ、今観ると、のび太って無責任だなと感じてしまいました。
パスタを鼻から食べたくないという単純な理由で、蘇らせた
恐竜を、「彼の時代に返すのが一番だよ」とかいって、放棄。
微妙な行動だと思います。

また、メス首長竜を見た瞬間に、あっさり白亜紀残留を
決めちゃうピー助も・・・・。親より種の保存・・ううむ。

30年位前は単純に「恐竜が飼えるなんて!」と羨ましく、別れのシーンも
しんみりして観る事が出来たのですが・・。
大人目線で観てしまう、残念な自分を発見してしまった1本でした。

余:しずかちゃん、サービスシーン多すぎ。
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters