スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「暴行切り裂きジャック」 林ゆたか

images1.jpg製作年:1976年
監督:長谷部安春
出演:桂たまき
   林ゆたか
   山科ゆり 丘奈保美 潤まり 高村ルナ
   岡本麗 八城夏子 三川裕之
   梓ようこ 飯田紅子 森みどり
評価:★★★


喫茶店で働くウェートレスのユリと、パティシエのケンは
ふとした事で女を殺してしまう。共通の秘密をもった2人は
交際をスタートさせるが、殺人を犯さなければ性的興奮を
得ることが出来ない事に気がついてしまい・・・
快楽殺人を繰り返す男女を描いたドラマ映画。

images_20130225113038.jpg

ポルノシーンよりも殺人シーンが多い上に、セクシーシーンを繰り広げる
桂たまきさんが、奈良の大仏様にしか見えない(失礼)という
いろんな意味で変わったロマンポルノ。

地味で特徴の無いケンが、終始ケーキナイフで殺人を繰り返し、どんどん
性欲よりも純粋に殺人を楽しむようになっていく姿が、なんとも気持ち悪くて
良い味を出していますし、ケンがおかしくなるのにつれて、大仏様もただの
陰険女から可愛い女になってしまうのも面白いです(かいがいしい)

台詞もアクションも少ないけれど、ただよう雰囲気が独特。
個人的に興味深さを味わうに適している1本だと思います。

今までホラー最高の殺人道具は農耕器具だと思っていましたが
ケーキナイフも加えなければいけませんね。

余:山科ゆりが登場するシーン、本当に怖かった。
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。