FC2ブログ

映画 感想 「コクリコ坂から」 宮崎吾朗

コクリコ製作年:2011年
監督:宮崎吾朗
原作:高橋千鶴 佐山哲郎
声:長澤まさみ
  岡田准一
  竹下景子
  石田ゆり子
  風吹ジュン
評価:★★★

船乗りだった亡き父を想い毎日「信号機」の旗を揚げる
下宿屋の娘「海」の高校生活を描いた青春アニメ映画。

アニメ化された「コクリコ坂」は、原作が80年代当時ママの青春を
描いていた点とは大きく異なり、東京オリンピック前夜の古きよき
日本が舞台となっているせいか、素朴だけど情熱ある若者達の
青春ドラマとなっていました。

高橋千鶴さんをリアルタイムで読んでいた世代や、その
親世代位の人ならスムーズに溶け込みながら観れると思います。

ただ、作品としての出来を考えると・・?

とりあえず、近年観たジブリ作品の中では面白い方だったにしても
ジブリらしい起承転結コマに、ボスッ・ボスッとエピソードを詰め込んだ
感があるというか「見本通りに作れば間違いないよ!」的展開や
説明不足な点を観客が観ながら自分で補わなければいけない部分が
ある等、作り手の力不足を感じました。

「観れた」のは、過去の名作や懐古王道展開のおかげ・・というのも
寂しいので、次回からは過去の遺産に頼らず、もっと個性と
テーマを表現出来る、メリハリある作品を作って欲しいです。

余:高橋千鶴の甘い金平糖や綿菓子のような可愛い絵が好きだった
  のですが(メグシリーズとか好きだった)
  やはりあの絵でアニメ化は厳しいのですね。残念。
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters