映画 感想 「ある日どこかで」 クリストファー・リーヴ

Somewhere in Time原題:Somewhere in Time
製作年:1980年
監督:ヤノット・シュワルツ
原作者:リチャード・マシスン
音楽:ジョン・バリー
出演:クリストファー・リーヴ
   ジェーン・シーモア
   クリストファー・プラマー
評価:★★★★★


学生時代、謎の老女から懐中時計とあるメッセージを受け取った
主人公リチャード。数年後、脚本家として成功したものの
仕事もプライベートも行き詰まった状態になったリチャードは、気分転換の為
旅先のホテルに滞在する事に。そこで目にした古い女優の写真に魅了された
彼は、彼女に会う為、タイムトラベルを決行しようとする・・
SFラブストーリー映画。

監督のヤノット・シュワルツといえば、昆虫ホラーの傑作"we live"で
おなじみの「燃える昆虫軍団」(75)も良かったですが、もう一つと言われれば
やはり本作品じゃないでしょうか。

SFとラブロマンスが合体した内容に、とってもスーツが似合わない
(体がでかすぎる)C・リーブの大げさな演技とフレッシュさ&とにかく
美しいジェーン・シーモア、そして絶対はずせないラフマニノフの
「パガニーニ・ラプソディ」・・・

決して今風ではありませんし、よく出来た映画では無いと
思いますが、人物の心の動き・風景・音楽と
間に流れるゆったりとした行間が味わえる、雰囲気ある作品なのです。

基本、ラブロマンスを観て気に入る事が殆ど無い
当方でも、何十年もの間「好きな恋愛映画は?」と聞かれた時
「ある日どこかで」と答えている位、美しく、素敵な1本です。

清らかで純粋なものに触れたくなった時、是非どうぞ。



余 :最後に観たのが、20数年前。
今回幸運にも「午前10時の映画祭」(HPはコチラ)にて
上映していた&劇場鑑賞出来て本当に良かった。

名作はいつまでも名作。
数年後のある日どこかで、再鑑賞したいです。
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters