映画 感想 「ワイルドパーティ」 ラス・メイヤー

ワイルドパーティ
原題:Beyond the Valley of the Dolls
製作年:1970年
監督:ラス・メイヤー
出演:ドリー・リード
   シンシア・マイヤーズ
   エリカ・ギャビン
評価:★★★★



都会に住む叔母を頼って上京した主人公と、彼女率いるロックグループの
メンバー達が、乱れに乱れきった芸能界入りを果たした後、堕落しまくっていく話。
(一応、「哀愁の花びら」(67)の続編ではないそうな。あれはあれで
 大映ドラマっぽくて悪くないですけどね)

面白い映画にある、重要な2大要素がS&V(セックス&バイオレンス)だと
すれば、本作品にはまさにソレをフル活用した映画だと言えると思います。

Beyond the Valley Beyond the Valley
 

 ラス・メイヤー作品の中では
 大変分かりやすく
 流れのままに面白い1本。
 (ラストだけ面白いとか
  部分的に面白いとか
  雰囲気だけとかじゃ
  ないのです。)



ま、特殊な時代の、特殊な映画といわれればそれまでですが、当時の
最先端を感じると同時に、何故か泥臭い雰囲気も味わえる興味深い
作品じゃないでしょうか。

音楽も含め(サントラが、これまた良い)個人的に、好みです。

余:パム・グリア、確かに分かりにくい。
関連記事


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters