スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「ショック集団」 サミュエル・フラー

shock corridor
製作年:1963年
監督:サミュエル・フラー
出演:ピーター・ブレック
    コンスタンス・タワーズ
    ジーン・エヴァンス
満足度:★★★+★半分



精神病院内で起こった殺人事件の真相を暴き
ピューリッツァ賞をとろうと病人のふりをして院内に
潜入した記者が、真実に近づくにつれ自分も気がふれて
しまうという映画。

事件を目撃した患者達のインタビュー内容が、殺人事件の真相より
重いです。黒人はKKK、元兵士は戦争によって、天才科学者は
発明品(核)によって気がふれて、入院患者となってしまっているからです。
B級という蓑を利用して、アメリカの闇に突っ込んでいます。

「神は滅亡を望む時、まず人を狂人にする」
半世紀以上前の映画ですが、テーマは現代でも十分通用する
良作だと思います。

余:人によって人がふれてしまったのか、「治療」のせいで
  ふれてしまったのか
スポンサーサイト


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「白鯨との戦い」 クリス・ヘムズワース

hakugei原題:In the Heart of the Sea
制作年:2015年
監督:ロン・ハワード
原作:ナサニエル・フィルブリック
出演:クリス・ヘムズワース
    ベンジャミン・ウォーカー
    キリアン・マーフィー  トム・ホランド
    ベン・ウィショー  ブレンダン・グリーソン
満足度:★★+★半分

ベテラン航海士が、次回こそ自分が船長として乗船出来るよう
取り計らってもらえる事を条件に、家柄だけで選ばれた船長と共に
捕鯨船に乗り込む。思うように鯨と遭遇できない一行は、ある日
大量の鯨がいる場所があるという噂を聞きつけるが・・・
海洋アクション映画。

延々とだだっ広い海を舞台に2時間ひっぱれるだけの
面白さはあります。ただ、生き残りの乗組員が最後まで
告白を拒んだ遭難者の苦悩は、「生きてこそ」(93)
「アンデスの聖餐」(75)程伝わるものがなかったというか
海洋アクションとしては見どころがあっても、ドラマとしては
弱かったとかなと思います。

特に思うこともなく、あっさり観れるという点ではいいのかな。

余:鯨と人間の生死、命の重み云々というより、思い切って、鯨にとことん
   追い詰められるサイコ系遭難物にしちゃえば、もっとメリハリついただろうに

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「 midnight special 」 マイケル・シャノン

midnight special原題:midnight special
制作年:2016年
監督:ジェフ・ニコルズ
出演:マイケル・シャノン
   ジョエル・エドガートン
   キルステン・ダンスト
   アダム・ドライバー
   サム・シェパード
満足度:★+★半分

「特殊能力」を持つことから、新興宗教の預言者もどきとして
利用されていた息子を奪い返し、ある場所まで連れて
行こうとする父親とその友人を、宗教団体、そして
「特殊能力」による預言が国家機密と一致したため
捜査にのりだしたFBIが追う。
果たして親子は無事その場所までたどり着くことが
できるか。ファンタジー映画。

「midnight special 」と、タイトルが出るところまでは猛烈に
当たりを引いた気分になりましたが、それ以降の展開が
あまりにいい加減というか、SFでもないし、サスペンスでも
ドラマでもない、山も谷も落ちも、一切現実味もなかった話でした。

また、登場人物のキャラクター設定がほぼナシに近いうえに
想像で補う部分が多すぎて、観ていて面倒になりました。
編集も雑で流れが悪いし、いくら役者が良いからといって
なんでも「目を見ればわかる!」「そこはご想像にお任せします」
じゃあ雑すぎます。

「MAD」が大変好みだった分(まあ、あれも
「スタンドバイミー」だけど)ガッカリ度もハンパなかったです。

余:「炎の少女チャーリー」でもないし「E.T」でも「スターマン」でもない

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「アイドルを探せ」 菊池桃子

sagase製作年:1987年
監督:長尾啓司
原作者:吉田まゆみ
出演:菊池桃子
   伊藤かずえ
   武田久美子
   竹本孝之
   池田政典
満足度:★★

憧れの一人暮らしを始めた大学生。
背伸びしたいお年頃の若者達が、恋や友情
出会いと別れを経て、少しずつ大人になっていく青春映画。

天然二股役を演じる菊池桃子に弄ばれる竹本孝之が
地元の女に襲われるシーンと(心の中で何度「逃げて~
 逃げて~」と叫んだか・・・)雨の中「バスローブ」で
単車に乗り、桃子を追いかける池田政典のシーンが
一番心に残りました。

まあ、面白い・面白くないというより、女子大生ブームだの
バブル時代の大学生がいかに中年くさいかを確認出来る
貴重な映画だと思えばアリな1本だと思います。

本当にいたんだよな、こういう学生・・・・

なお、同時上映は庄司陽子の「Let's豪徳寺!」。
(キョンキョン主演で「生徒諸君」も映画化してたし、凄いな、庄司陽子)

余:吉田まゆみさんや小森のおばちゃまのほうが、杉山清貴より
  演技が自然だったような

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「パンツの穴」 山本陽一

穴制作年1984年
監督:鈴木則文
出演:山本陽一
    菊池桃子
    田中浩二
    矢野有美
    山中康仁
    岩本宗規
満足度:★★★★

博多から多摩に転校してきた主人公と個性豊かなクラスメイト達の
恋と下ネタを直感的に描いた青春ドタバタコメディ映画。

起承転結、青春の1ページ毎にうんこが関わるという
珍しい作品です。美しい学園物ではありません。

コメディ色が強いので、大人の場合、観ていて疲れる事も
あるかもしれませんが、ツボな人には相当共感しながら観れる
貴重な青春映画(大林系青春とは大違い)だと思います。

女性陣のキャラや演技は、正直容姿の出来以外に個性がないので
印象に残らないのですが(ブス2人は除く)、うんこまみれで
かっこ悪いけど、クソ楽しい青春を謳歌するキャラをドンピシャで
演じる男性陣は良いですよ~。
女子側の青春じゃなくて、男子側の青春。
何もかも排泄してすっきり育て!といった感じ。

惜しむべきは、後半ややペースダウンしてしまった
ところでしょうか(個人的にクロロホルムシーンは
中学生の妄想を通り越して、ただの犯罪ネタ過ぎて
気持ちがなえた)
そこさえクリアすれば、地獄のロッカーまで最高です。

コメディだけど、がっつり青春。
やっぱ鈴木則文は面白いと思える1本です。

余:OSAMUGOODSのバッグとか!!あれ、まだ売っているのかな。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「SFヘルスラッシャー」 ロディ・パイパー

hell comes to frogtown原題:HELL COMES TO FROGTOWN
制作年:1987年
監督: R・J・カイツァー
     ドナルド・G・ジャクソン
出演:ロディ・パイパー
    ウィリアム・スミス
    サンダール・バーグマン
    ロリー・カルホーン
満足度:★★

男性と女性の関係がやや逆転した核戦争後の近未来。
もやしのようになってしまった男性陣の中で、恐るべき
生殖能力を持つ主人公が、カエル人間に連れ去られた
女性を救出する為に奮闘する話。SFコメディ作品。

足りないのは予算なのか何なのか。B級としても
ヌルい展開なので、見どころらしい見どころが
少ないです。
せっかくロディ・パイパーを使ってるのに肉弾戦が
あんまりない上に、最後が目つぶしとか「うそやん!」と
なりますし、ガリッガリのヒロイン(世紀末だから食糧難なのか?)
も微妙です。カエル人間も、着ぐるみ感がハンパないです。

でも、アイディアは良いです。これはホント。

時間がそうとうある時にどうぞ!

余:「マッドマックス・怒りのデスロード」(15)は、これの
  改良型なんだという事が良く分かります。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「暴動島根刑務所」 松方弘樹

暴動島根
制作年:1975年
監督:中島貞夫
出演:松方弘樹
   北大路欣也
   伊吹吾郎
   川地民夫
   田中邦衛
満足度:★★+★半分

殺人罪で島根刑務所に入った主人公が、陰湿な看守や受刑者に
いじめられてブチ切れる話。

冒頭から金子信雄が撲殺されたり、豚の世話が出来なくなったという
理由で窓ガラスを突き破って田中邦衛が飛んじゃったり、もうイロイロ
おかしい話です。

正直、「脱獄広島殺人囚」(74)程のユーモアやアイディアを
感じられるものがなく、2作目にして既にマンネリという
ちょっと残念な1本だと思いました。

余:ラストは外国風で良かったです。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「吸血の群れ」 サム・エリオット

FROGS原題:FROGS
制作年:1972年
監督:ジョージ・マッコーワン
出演:レイ・ミランド  
    サム・エリオット
   アダム・ロアーク
    ジョーン・ヴァン・アーク
満足度:★+★半分

自然に詳しい主人公が、ふとしたきっかけで地元に住む
富豪の誕生会に招かれる。そこで彼は、富豪から大量発生した
カエルや消えた使用人の調査を依頼される事に。
調査をしていくうちに、様々な事件に巻き込まれていく
住民達の恐怖を描いた、生態系パニック映画。

それは毒蛇・毒カエル・毒グモです、ワニは人を食べるでしょう?と
言われればそれまでですが、勝手に沼にはまったり、勝手に
草に絡まったりしながら死に絶えていく富豪一族の姿は滑稽です。
ドリフです。ドリフ。

どこまで本気か分かりませんが、こういう映画が通用した時代が
あったということが面白いです。

内容について文句をつけちゃう人が悪い、そんな1本です。

余:モチのロンですが、ポスターのようなカエルは出てきません。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「鉄砲玉の美学」 渡瀬恒彦

鉄砲玉製作年:1973年
監督:中島貞夫
主演:渡瀬恒彦
    森みつる
    杉本美樹
    小池朝雄
満足度:★★★+★半分


学もなく、金もなく、ヤクザの世界に入ったものの
女から金をせびってこすい商売をするチンピラ
止まりの主人公が、組の幹部から鉄砲玉に抜擢され
宮崎まで出向くことになる。自分の力でのし上がる事も
出来ず、ただ捨て駒として消えていく若者の姿を描いた
ドラマ映画。

主題歌が頭脳警察の「ふざけるんじゃねえよ」という時点で
相当ユニークな作品だと思います。
また、渡瀬恒彦だの小池朝雄だの川谷拓三が出演しているといっても
東映ヤクザ路線ではないし、杉本美樹といってもお色気シーンは
ほぼ無いといってもいいし(むしろこのベッドシーンは観ていて
暗くなったなぁ・・・)本当に変わった作品だと思います。

拳銃と金を手にしただけで、自分が変わったと錯覚し
行動する、ええかっこしいの主人公。
あきれると同時に気の毒になります。

地味な作品ですが、ジワジワ来る1本です。

余:森みつるさんの演技が良かった・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「脱獄 広島殺人囚」 松方弘樹

脱獄広島制作年:1974年
監督:中島貞夫
出演:松方弘樹
    梅宮辰夫
   小松方正
   渡瀬恒彦
   若山富三郎
満足度:★★★+★半分


殺人罪で懲役をくらった主人公が、広島刑務所から何度も脱獄を繰り返す話。

脱獄三部作の一つ。
殺す→刑務所→脱獄→捕まる→やけくそ→捕まる→刑務所みたいな
無限ループを、テンポよく描いています。


内容はなくとも、面白い。
倫理もないし、生活にも役立たないけど
映画って娯楽だなぁと感じる1本です。
すっきりしたい時に。

余:川谷拓三・志賀勝・室田日出男のキャラとか

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

若冲展のことなど

若冲 


 たぶん、テレビで何度か若冲展についてやった影響もあるのかも
 しれませんが、GW中に行った方に聞いたところ、「自分は入場まで
 300分待ちました。中で90分、図録を買うのに60分かかりました。」
 とのこと。

 これはまずいと思って、平日の夕方に行ったところ、自分は最後尾
 140分待ちの札をみることになりました。ガーン。

 まあ、給水所もテントもあるし、定期的に白衣の
 看護師さん?も巡回してくるし、列待ちは特に
 苦痛というほどではなかったのですが・・・
 本当の地獄は入室後の展示室だと思いました。
 
 終始係員が「立ちどまらないで」「進んで」と大きい声で
 声かけする中、まるで混雑中の新宿駅のような展示室で
 客は団子になって動かない。
 こんな状況でなにをまともに鑑賞しろっていうんだよぅ・・と。
 お土産売り場の清算列まで40分待ちとか言ってるし
 一気に美術への熱い思いが消え去りました。

押し合いへし合いで美術品鑑賞って、本当に貧しい感じがします。滑稽です。
会場内でも並べば近くで見れたかもしれませんが、あんな状況で
何を見ても、もう何も感じられません。30分で退出してしまいましたよ。

いや~、もう東京で美術鑑賞はやめときます。
交通費がかかっても、地方や海外でゆっくりみたい。

みじめ過ぎてうんざりだす。

余:遊園地のゴンドラみたいなのに乗せて、自分の意志で
  進めないようにしてしまえばいいんだ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「グランドフィナーレ」 マイケル・ケイン

youth原題:YOUTH
製作年:2015年
監督:パオロ・ソレンティーノ
出演:マイケル・ケイン
    ハーヴェイ・カイテル
    レイチェル・ワイズ
    ポール・ダノ
    ジェーン・フォンダ
満足度:★★★+★半分

スイスの高級保養ホテルで過ごす音楽家と娘、遺言的作品を
製作中の映画監督、役作りの為に滞在客を観察する役者。
彼らの姿をコミカルに描いたドラマ映画。

超高級ホテルが孤独な介護施設、もしくは強制収容所に
見える位、使い切れないお金や名声があっても、生きがいや
気力、お金で買えない喜びがない人生がどれほど
人間にとって良くないかが分かるというか、老若男女問わず
心が枯れていれば枯れているほど、話がしみるんじゃないかと
思います。

肉体や記憶力の衰え等、事故や病気を除いて誰にでも均等に
訪れるもの以外の困難にも地味に向き合っていかなければ
いけない人間って、死ぬまで大変だなと複雑な気持ちになった
1本でした。

余:人生で本当に楽しいのなんて、学生のうちだけ

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。