スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「ヘイトフル・エイト」クエンティン・タランティーノ

The Hateful Eight原題:The Hateful Eight
製作年:2015年 監督:クエンティン・タランティーノ
出演:サミュエル・L・ジャクソン カート・ラッセル
    ジェニファー・ジェイソン・リー
    ウォルトン・ゴギンズ デミアン・ビチル
    ティム・ロス マイケル・マドセン
    ブルース・ダーン ジェームズ・パークス
    チャニング・テイタム
満足度:★★

南北戦争後のアメリカ。賞金首を連れたまま遭難していた賞金稼ぎが
同じく賞金首を連れて移動中の賞金稼ぎに助けられる。
そこに遭難していた新人保安官も加わり、奇妙な道行が始まるが
猛吹雪の為に馴染みの店で一時避難を余儀なくされることに。
そこでやっぱり避難していた謎の男たちと出くわす事に。
女一人に男が七人。計八人の長い夜の物語。

映像と音楽に雰囲気があります(音楽はエンニオ・モリコーネ)
出演者も味がある人ばかりです。
簡単に言えば、「そして誰もいなくなった」なので、つまらない
はずはないし、観客は登場人物達を観察しているだけで
面白いはずなのですが、いかんせん長い。ゆるい。

学生の頃、自分が通っていた劇場は、万年椅子が壊れていて
いました。また、鑑賞中、足元を太ったネズミやGが
駆け抜けていったり、タバコを吸い出すおっさんがいたり
変な自販機でハンバーガーが売っていたりしました。

そんな環境でなら適当に観れたと思います。
でも、咳一つでにらまれる現代の神経質な劇場で
この内容と長さは、辛すぎました。

映像・音響面では劣っても、家でおならでもしながら
気楽に観た方が楽しめると思います。
(面白いかは別ですが)

余:「そして誰もいなくなった」(45)の方が、面白いってのは・・・
スポンサーサイト


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ローラーボール」 ジェームズ・カーン

rollerball原題:Rollerball
製作年:1975年
監督:ノーマン・ジュイソン
出演:ジェームズ・カーン
    ジョン・ハウスマン
    ジョン・ベック
    モーゼス・ガン
    モード・アダムス
満足度:★★+★半分

衣食住を司る6大企業のトップが人々を支配する近未来。
大衆の「不満」を解消させ「意思」を持たせないよう
定期的に開催される「ローラーボール」という暴力的な競技で
彼らの感情をコントロールしていた経営陣は、ローラーボールの
申し子であるジョナサンの人気に脅威を感じ始めていた・・・
SFサスペンス映画。

限定された支配者が大衆の思考を停止させたり
感情をコントロールする、といった話は、80年代に
なんちゃってエイリアンやターミネーターが大量生産されたのと
同じように70年代SFに多くみられるテーマだと思います。

他の類似SFとの違いは、やはり「ローラーボール」という
競技を本格的に作り上げ、SF感の少ない舞台を
迫力あるアクションで補っている点だと思います。

ただ、同様の話になれている方なら勝手に補えると思いますが
全体的にざっくばらんというか、支配する側される側の
感情の動きが分かりにくい部分が残念です。

競技シーンだけでは、緊張感は続かないので
他にも引き込まれる要素があればもっと良い作品に
なっただろうなと思える1本です。

余:バッハと雰囲気、合ってたなぁ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「プルシアンブルーの肖像」 玉置浩二

プルシアンブルー製作年:1986年
監督:多賀英典
出演:高橋かおり
   玉置浩二
   磯崎亜紀子
   長尾豪二郎
   村上弘明
   原田美枝子
満足度:★★+★半分

同じクラスの女子からイジメられている小学生・冬花は、事あるごとに
彼女を救ってくれる失語症の用務員・秋人と次第に親しくなる。
しかし、彼が冬花のイジメに遭遇する度に、彼女をいじめるクラスメイト達が
失踪する事件が起こるように・・・彼の過去や二面性が明らかに
なった時、彼女は15年前に起こった悲しい事件を知ることとなる。
学園ファンタジーホラー映画。

授業参観日でもないのに、リボンに可愛いワンピースで毎回
登校し、おまけに給食を食べるのが遅い美少女役を
高橋かおりが演じています。確かに美少女です。

昔は沢山いたけど、今では絶滅危惧種らしい「1年中短パン少年」を
長尾豪二郎が演じています。縞々に短パンとか、ズルすぎます。

正直、この2人の子役+いじめとホラー要素では、学校の怪談で
終わってしまいそうですが、くどい大人キャラが追加される事により
何年経っても、「あ~、あの気持ち悪い映画ね」と記憶に残る
作品になった気がします。

玉置浩二のジメジメした用務員役、また、主人公より男前(失礼)なのに
教師の立場を利用し、「日記帳」ネタで女子児童をいたぶる
教育委員会ものな変態役を演じる村上弘明の投入は大正解
だったのではないでしょうか。どちらも美味しい役柄だと思います。

正確性を求める内容ではまったくないファンタジーホラーなので
テンポの悪さ、アンニュイな登場人物達にイラッとしてしまう方には
向きませんが、当時観た時より、今観た方が「やっだおかしい!」と
思えた事が嬉しい発見だった1本。

80年代アイドル映画って、今のアイドル映画より潔くて面白いですよ。

余:小学校が舞台なのに、あの内容。なんか凄い。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 255 内弁慶

犬

通りがかる犬に吼えまくっていた

多分、門が開いたら逃げるタイプ

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 254 ノラネコ

映画 感想 「ブラック・スキャンダル」 ジョエル・エドガートン

blackmass原題:Black Mass
監督:スコット・クーパー
原作者:ディック・レイア、ジェラード・オニール
出演:ジョニー・デップ
    ジョエル・エドガートン
    ベネディクト・カンバーバッチ
    ケビン・ベーコン
満足度:★★


FBIに敵対マフィアの情報を売りながら、長年ボストン南部で裏社会を
牛耳り続けたジェームズ・ジョセフ・バルジャーの半生を描いた映画。

盛り上がりに欠けすぎた1本。パンチ弱すぎ。
スムーズに物語が進みすぎて、何も記憶に残りませんでした。

あくまで自分の中でですが、ジョニー・デップがバルジャーに
自分を似せるためにやった事が、全て過去の作品の流れから
コスプレにしかみえないという残念な事になっている為
話にのめりこめなかった点が良くなかったのかな。

残虐性も緊張感も、せっかくの三角関係も生かせてない
優等生マフィア作品。

余:監督さんの作品、嫌いじゃないけど本数を重ねるほど
  味が薄くなっていってる気がする・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」  ジェイミー・ドーナン

fifty shades of grey原題:fifty shades of grey
製作年:2015年
監督:サム・テイラー=ジョンソン
原作者: E L ジェイムズ
出演:ダコタ・ジョンソン
    ジェイミー・ドーナン
満足度:★+★半分



美しく才能のある若き大富豪クリスチャン・グレイとふとしたきっかけで
知り合った平凡な女子大生、アナスタシア・スティール。
一目で彼の虜になった彼女は、グレイからのプレゼント攻撃や
自分に気があるような素振りに有頂天になるが、彼が求めて
いたのは普通の恋愛ではなく、サディストである自分との主従関係だった。
恋愛ドラマ映画。

大物2世にしては、えらい体当たりなダコタ・ジョンソンには
感心しましたが(演技云々は別として、よく脱いだなと)
たとえば「黒薔薇夫人」(78)みたいな作品ではなく
ヌル~い軽~い妄想主婦作品のようなレベルの
内容だったので、ちょっとガッカリしました。

まあ、ダコタ・ジョンソンが谷ナオミさんばりに活躍すると
まずいでしょうから、こんなものかもしれません。

観れますが、脱げばいいってもんじゃない1本でした。

余:万国共通、相手は大富豪じゃなきゃなりたたないんだな。
  乙女の夢は。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。