FC2ブログ

映画 感想 「丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる」 丹波義隆

大霊界製作年:1989年
監督:丹波哲郎
出演:丹波義隆
    エブリン・ブリンクリー
    前田吟
    渡瀬恒彦 野際陽子 千葉真一
    若山富三郎
★+★半分


さまざまな事情を抱える乗客をのせた乗り合いバスと、主人公である
学者・曽我が運転する乗用車が事故を起こし、谷底に転落。
死亡した人々は、そこで死後の世界を体験することになる。
観客動員数150万人の大ヒット作品。

丹波哲郎といえば、数々の名作・珍作に出演した大物役者だと思いますが
私の世代だと、「ああ、大霊界の人」というイメージ。
だから、どんなにすばらしい作品に出ていても、ああ大霊界の人」となって
しまいます。それ位当時のインパクトは強かった。

驚愕の友情出演、若山富三郎と千葉夫妻、そして渡瀬恒彦・・・
それだけの為に観る価値はないのですが、一歩間違わなくても
変わった映画ではありますので、興味のある方は是非。

精神系な話に興味がなくとも、昔の邦画はおおらかだと思える
1本ではないでしょうか。

余:個人的にプードルなのに「ゴン」という名前をつけられていた
  犬が可愛かったと思います。
スポンサーサイト





☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「cathy's curse」 アラン・スカーフェ

Cauchemares
Cauchemares
製作年:1977年
監督:エディ・マタロン
出演:アラン・スカーフェ
    ビバリー・マレー
    ランディ・アレン
★+★半分


兄を連れて家を去った母を追いかける途中、事故死した父娘。
数年後、その兄は自分の妻と娘を連れ、幼少時に過ごした屋敷へ戻る事に。
しかしそこには事故死した妹と、呪われた小汚い人形の怨念が渦巻いていた・・・
人形怨念ホラー映画。

突っ込みどころ満載というか、まともな精神状態のキャラクターが
1人も出ていないところが面白い1本。
母親を「このくそメス○!」だの、「あれでそれな病院に入ってる○犬!」だの
さんざん言いたい放題、見境なしに殺人し放題の少女が、単に人形
(事故死した叔母さん)の霊のせいだと言うことで無罪放免。さすがカナダ。
アメリカなら「チャッキーが・・」といったが為に、あれだそれな病院に
送られる事になるのに。ラッキーですね!

Cauchemares

個人的には普通に楽しめました。

余:意外に少女霊の目が光るシーンは怖かった

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters