FC2ブログ

映画 感想 「ビザンチウム」 シアーシャ・ローナン

Byzantium原題:Byzantium
製作年:2012年
監督:ニール・ジョーダン
原作:モイラ・バフィーニ
出演:ジェマ・アータートン
   シアーシャ・ローナン
   ジョニー・リー・ミラー
   サム・ライリー
評価:★★

街から街へ移動しながら何百年もの間、吸血鬼として生き続けてきた
少女エレノアと妖婦クララ。
秘密を守りながら吸血鬼として生きることを悩まないクララと異なり
吸血鬼として生きる事に疑問をもち、誰かに秘密を打ち明けたい
エレノアは、とある田舎町で病弱な少年と出会い、自分の人生が
変わる予感を感じるが・・・果たして彼女達に待ち受ける運命とは。

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」(94)の監督が久しぶりに
撮った吸血鬼モノという事で、期待しすぎたみたいです。

常に真冬の海を連想するような重い空気感と映像は悪くないのですが
やはり現代が舞台な分、無理だなと思う場面が多く、ファンタジー
として納得のいく設定が用意出来なかった点と、彼女達の悩みが
特別繊細なものとして心に響かなかった事が、「インタビュー~」の
ように面白く観れる作品とは異なると思ってしまいました。
なんというか、あまり質の高くないTV映画といった感じ。

また、シアーシャ・ローナンが田舎のオバサンにしか見えなかった事も
問題点だったのかな・・・(10代にしては、老けてる)
一目ぼれ対象になるには、微妙だと思っちゃいました。

総合的に、無理して若向けに仕上げたような雰囲気が合わなかった1本でした。
スポンサーサイト





☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「ゴースト・エージェント R.I.P.D.」 ライアン・レイノルズ

ripd原題:R.I.P.D.
製作年:2013年
監督:ロベルト・シュヴェンケ
原作:ピーター・M・レンコフ ルーカス・マランゴン
出演:ジェフ・ブリッジス
   ライアン・レイノルズ
   ケビン・ベーコン
評価:★+★半分


成仏せずに現世に留まる死者を取り締まる霊界警察R.I.P.D
(Rest In Peace Department)にスカウトされた殉職刑事が
18世紀の開拓時代から働く大ベテランとコンビを組んで
悪霊退治に乗り出す話。アクションコメディ映画。

アメリカンコメディ・・・と言うほどクドくはないものの
ノリが悪いというか、古臭いというか。
薄ら寒いものを感じる点がありました。

また、悪霊の造形も「ゴーストバスターズ」(84)の悪霊に足が
生えた程度というか、迫力も愛らしさも特徴もないので
どう受け取っていいか、微妙なものでした。

ケビン・ベーコンが悪役という安易さ、デイナ・バレットが
屋上で待ってそうな後半。あと30分位削れそうな内容。

ややや、ケッタイな1本でした。

余:マリサ・ミラーは目の保養になりました。
  でも、ライアン・レイノルズの顔だけは、ダメだわ~

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters