スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「俺はまだ本気出してないだけ」 堤真一

orehamada製作年:2013年
監督:福田雄一
原作者:青野春秋
出演:堤真一
   石橋蓮司 生瀬勝久
   山田孝之 橋本愛
   濱田岳  蛭子能収
   水野美紀
評価:★★★+★半分

娘と父親と3人暮らしのバツイチ無職の主人公が
ある日突然漫画家になろうと一念発起する話。コメディ映画。

徹底してマンガな内容。
人生これで良いのかと悩む周囲を、能天気なパワーで
上昇させてしまう主人公を中心に、話がテンポ良く進む本作。
邦画はめったに観ない私でも好感を持てる1本でした。

原作漫画の主人公とは似ても似つかない良い男、堤真一が
(まあ、パン一でも良い男なんだけどさ)顔芸含め
面白おかしく主人公を演じているのをはじめ、なんだか
リアルな山田孝之、ひたすら猿股で主人公を叱咤激励する
石橋蓮司。ここらへんで変な役者を使わなかった点が
良かったのかもしれません。

「まだ本気出してないだけ」と言うにはちと年をとり過ぎた
世代には共感出来る面もあり、身につまされる部分もあり。

劇場版は暗くならない内容です。笑いたい時に是非どうそ。
(原作漫画通りだと・・・ちょっと暗すぎるもんなあ)

余:ほんと、銃だのCGだの出ない邦画の方が面白い。
スポンサーサイト


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「アフター・アース」 ジェイデン・スミス

after earth製作年:2013年
監督:M・ナイト・シャマラン
原案:ウィル・スミス
出演:ジェイデン・スミス
   ウィル・スミス
   ゾーイ・イザベラ・クラヴィッツ
   ソフィー・オコネドー
評価:★


惑星プライムに住むエリート軍人とその息子を乗せた
宇宙船が不時着した惑星は、かつて人類が環境破壊により
放棄せざるをえなかった「地球」だった。負傷した父親の代わりに
救難信号発信器を求め、1人地球をさまよう事になった主人公の
成長物語映画。

環境汚染や宇宙人襲来により住めなくなった地球設定に
そろそろお腹一杯になってきた今日この頃。
ありきたりの設定にウィル・スミスのファミリービジネスが加わると
こうもつまらないものかと感心しました。

「自分は英雄役。息子は英雄を乗り越える
超グレートな役」なんて、どこの他人が観て楽しいのでしょうか。
ま、親としては理想の設定なのかもしれませんが
本当に大金をかけて、世間にみせばらかす親子も珍しいです。

ホームビデオで満足してろと言いたい出来でした。

余:「ママと働きたい」という台詞で笑ってる人が多かった。
   ママも芸能人だもんな。頭が映画からそれちゃうよな・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

Van Halen 2013 6.21 東京ドーム

van halen
2013年6月21日 VAN HALEN A Different Kind Of Truth Tour 東京ドーム

1階、ウルフギャング側にて鑑賞。
埋まっていたアリーナ席の方々はオールスタンディングでしたが
ノリの良し悪しという話ではなく、私の周囲には心は熱く燃えても
動きは最小限。無理せず鑑賞しようといった感じの人が多かったので
音響は悪くとも、じっくり陽気な世界に浸りながら楽しむことが出来ました。

まあ、地蔵軍団に囲まれてしまった少数の若者達には気の毒な事をしましたが
昔は飛べた地蔵なりに、素敵な2時間を過ごせて良かったです。

生パナマだけで、お腹一杯。ありがとう。

dome

1. Unchained
2. Runnin' With The Devil
3. She's The Woman
4. I'm The One
5. Tattoo
6. Everybody Wants Some!!
7. Somebody Get Me A Doctor
8. China Town
9. Hear About It Later
10. Oh Pretty Woman
11. Drum Solo
12. You Really Got Me
13. Dance The Night Away
14. I'll Wait
15. And The Cradle Will Rock…
16. Hot For Teacher
17. Women In Love…
18. Romeo Delight
19. Mean Street
20. Beautiful Girls
   Dave's Short Film “Tokyo Story”
21. Ice Cream Man
22. Panama
23. Guitar Solo
24. Ain't Talkin' ‘Bout Love
25. Jump

余:今回、会場内撮影可ライブだったのですが、あれは他者の鑑賞の
  妨げになる(ipadとか、凄い明るいの!)+自分の集中力が失われますね。
  まあ、自分もちゃっかり撮影した人ですが、結局「集中できないわ~」となり
  数枚でギブしました。やはりライブは生モノ。レンズ越では勿体無い!

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「Mr.オセロマン 2つの顔を持つ男」 レイ・ミランド

THE THING WITH TWO HEADS原題:THE THING WITH TWO HEADS
製作年:リー・フロスト
出演:レイ・ミランド
   ロージー・グリア
   ロジャー・ベリー
   ドン・マーシャル
   ジョン・ダラガン
評価:★★

余命いくばくも無い白人科学者が、健康体に自分の頭を移植し
生きながらえようとする。しかし、移植に選ばれた体は
なんと黒人の死刑囚のものだった!多分・・・コメディ映画。

前半はマッドサイエンティスト系、中盤は黒人ブラックコメディ系
終盤は再びダークな雰囲気に戻るかと思えば、結局コメディに
逆戻り。まったくもって予測できないファンタジー映画で
本当にくだらないです。ビックリ。

「ゼブラ軍団」(75)じゃないけど、黒人・白人の微妙なところを
ついた意外作で、今じゃ通用しない系だと思いますが、シリアスな
部分とコメディ両方楽しめると思えば、悪くない1本。

好きな人しか手に取らないでしょうが、機会があれば
是非どうぞ。

余:カーチェイスは長かったな・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「オブリビオン」 トム・クルーズ

oblivion原題:OBLIVION
製作年:2013年
原作・監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:トム・クルーズ
   アンドレア・ライズブロー
   メリッサ・レオ
   オルガ・キュリレンコ
   モーガン・フリーマン
評価:★★

地球外生物による侵略により、地球を追われることになった人類。
過去の記憶を消され、荒廃した地球を敵から守るドローンを管理する
任務についたジャックは、脳裏をよぎる過去の記憶に疑問をもちつつ
パートナーのヴィクトリアと日々を過ごしていた。
しかし、ある日墜落した宇宙船から救出した女性ジュリアの出現により
彼らの生活に1つの疑問がわき・・・SF映画。

SFでは遭遇する設定なので、考え過ぎかもしれませんが
「未来惑星ザルドス」(74)を少し思い出しました。
その他、いろいろ思い出しましたので、本作の内容に斬新さは
感じませんでした。

また、甘い内容が気になりました。
折角見た目は良いのに、展開もお話も子供っぽいし(ありがち穴あり)
軍曹とかビーチさんの設定はダサいし、キュリレンコ下手だし(美人だけどさ)
どうしてもっと考えてストーリーやキャラを作らなかったのかな・・と。
もったいないです。

全体的に綺麗めな映像で適度にアクションも入っているので
SFをあまり観ない人でも入りやすい話だと思いますが、鑑賞後に
いろいろ考えたい自分には穴が辛かった1本でした。
残念。

余:本当に今の映画って、ラブシーンは大幅カットなのね。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「“BLOW THE NIGHT!”夜をぶっとばせ」 高田奈美江

blowup製作年:1983年
監督:曾根中生
出演:高田奈美江
   可愛かずみ
   高田純次
   なぎら健壱
   渡辺えり子
評価:★★★


校内暴力・家庭内暴力・シンナー・喫煙その他モロモロを
本物の不良であった高田奈美江を主人公にし描いたドラマ映画。

郊外型不良を高田奈美江、東京型不良(不良・・?ギャル?)を
可愛かずみが演じている本作品。
あまりに地味な日常を淡々と描いただけなので(中身は
ショッキングだったにしろ)当時の風俗や不良を知っている人
もしくはレッドデータブックに載りそうな「昭和の不良」に興味が
ある方以外には、面白くない話かもしれません。

ほんの数年前までランドセルをしょっていた子供が、たった3年しか
ない中学時代で急成長し、その後の人生を大幅に変えるような行動を
する事について、昔も今も理解できませんが、たかが13~15年ぽっちの
知識だけで全力疾走するパワーは凄い。いい加減なのに、パワフル。
それはフィルムから感じました。

どちらかといえば、どこを探してももういない「その時代の子供」を
記録した、ドキュメンタリーに近い1本。

余:なぎら健壱のキレ方と、「鹿が~」の渡辺えり子、いい味だしてた。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「双頭の殺人鬼」 ジョージ・P・ブレイクストン

sprit原題:THE SPLIT THE MANSTER
製作年:1959年
監督:ジョージ・P・ブレイクストン
出演:ピーター・ダインリー 中村哲
   テリー・ジマーン
   ジェリー伊藤 ジョージ・ワイマン
   武智豊子
評価:★★★


日本駐在中のアメリカ人記者が、記事ネタを求め尋ねたラジウム研究の
権威・鈴木は、実は生体実験の獲物を探している最中だった!
まんまと実験材料になってしまった記者は、日に日に変化する体と
凶暴化する性格を抑えることが出来なくなっていき・・・
怪奇サスペンス映画。

奇想天外ではあるものの、のんびりした白黒怪奇映画ではなく
サクサク事件が進んで行くタイプの内容なので、飽きるまもなく
(73分と短いこともあるが)エンディングまで観れてしまう作品です。

また、当時の日本が「ほぼ正確」に描かれていているので
日本人ならより面白く感じるかも。
外国人が無理やり「和風」にしようとして作っている訳ではなく
本当に日本で撮影されているので、観ていて違和感を感じません。
小道具(こけしとか・・)も着物も、まんま「昔の日本」でした。
ある意味珍しいですね。

「それでいいのか!?」なエンディングは納得できませんが
(あれじゃ秘書が気の毒である)当時の風俗研究も含め
観ていて楽しい1本です。

余:あの時代なら、外国人というだけですんなり本国に帰れるのかしら。
  あれじゃ、良くて病院送り、普通で死刑だよなぁ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「恐怖の魔力 メドゥーサ・タッチ」 リチャード・バートン

THE MEDUSA TOUCH原題:THE MEDUSA TOUCH
製作年:1978年
監督:ジャック・ゴールド
特殊効果:ブライアン・ジョンソン
出演:リチャード・バートン
   リー・レミック
   リノ・ヴァンチュラ
   ハリー・アンドリュース
   マイケル・バーン
評価:★★★+★半分

撲殺によって殺されかけ、昏睡状態になった作家の犯人を突き止める為
彼が通っていた精神科医の元を訪れたブリュネル警部は、作家が超能力者であり
何度も念じることによって人々を殺害してきたという相談をしていたことを知る。
果たして念力で人を殺害する事は出来るのか?サイキックサスペンス映画。

サイキック物という事で、キャリーのような話なのかと思いましたが
地味ではあるものの、順序良く真面目にコツコツ作られたサスペンス
映画だったので、引き込まれながら鑑賞する事が出来ました。
静かに深く鑑賞できる(でもチープな)大人向けな1本。

また、ブライアン・ジョンソンによる特殊効果シーン(旅客機墜落
大聖堂崩壊等)は今みても素直に驚ける位、みごたえあり。

雰囲気的には午後のロードショーな感じですが、オススメです。

余:いつ死ぬんだよと、本当に思った。それだけでも成功。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

雪の宿 「期間限定 さわやかレモン味 南国マンゴー味」

yukinoyado

雪の宿 「期間限定 さわやかレモン味 南国マンゴー味」
6月4日から全国販売中。

「冷やして食べると甘みが引き立ち、さらに美味しく頂けます」

yukinoyado

レギュラーの「雪の宿」は本当においしいと思います。
ほっといたら、一袋1時間以内に食べ終わる位、大好きです。

でも、これはナシ。
レモンやマンゴの味や香りもしないし、味も・・・あっ・・

「冷やしてもおいしい」というより、「冷やさないとおいしくない」。
そんな迷走味の雪の宿でした。

余:匂いも凄い。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「バレット」 シルヴェスター・スタローン

Bullet to the Head原題:Bullet to the Head
製作年:2012年
監督:ウォルター・ヒル
原作:アレクシス・ノラン 『Du Plomb Dans La Tete』
出演:シルヴェスター・スタローン
   サン・カン サラ・シャヒ
   クリスチャン・スレーター ジェイソン・モモア
評価:★★


取引相手にはめられて相棒を殺された殺し屋、ジミー・ボノボが
敵討ちの為にいやいや堅物刑事とコンビを組むはめになる話。
アクション映画。

正義と悪のコンビを組んでどうこうするウォーター・ヒルといわれると
面白かった「48時間」を思い出しますが、本作品は・・・
ううむ。2013年の感覚で観ると、ダサいです。

気の毒な位、オーラの無くなったクリスチャン・スレーターが
大変な事になるシーンと、マッチョ命のモモアさんが
「か・・金はやらんでも」というシーンは印象的でしたが
正直、音がでかくなるアクションシーン以外、本当にダサく
変な演出やすべる台詞が辛い92分でした。

相手役のサン・カンも頑張ってはいたものの、役不足というか・・
敵役もどこかでみたような感じの人ばかりで、脇役に魅力がありませんでした。

もちろん、シュワルツェネッガーなんかより本当のアクションスターとして
まだまだ動いていたスタローンは素晴らしいと思いますが
1歩どころか、5歩先まで読めるベタベタアクション展開は
もう通用しないかと。(ラスト、パイプが悪役の体に刺さってたら
王道で笑えたんだけどな)

80年代に良作を出したウォルター・ヒルでしたが、狙いすぎたかな。残念。

余:遺体安置所のシーン。無駄に気合が入っていたなぁ。
  あれはスタローンの趣味だろうか。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「うる星やつら オンリー・ユー」 押井守

only you製作年:1983年
監督:押井守
原作者:高橋留美子
声優:古川登志夫
   平野文
   島津冴子
   神谷明
   榊原良子
評価:★★★

影を踏まれた相手と結婚するという風習を持つエル星人の姫と
幼い頃に影踏み遊びをしたあたるは、その約束を果たすべく
地球に現れた美しいエル姫に夢中になる。2人の結婚を
阻止すべく、奮闘するラムと仲間達のドタバタコメディSF映画。

自分だけをみてくれないあたるに怒りの電撃制裁を繰り返す
ラムと、逃げるあたる。まさにドタバタラブコメ。

テレビアニメの延長をみているような感じで、明るく
楽しく観れました。

ただ、凄く楽しい・・けど、印象に残るほどにはいたらず。
2作目の「ビューティフル・ドリーマー」の方が
映像面でも台詞でも大人向けかな?

気楽に楽しむには出来すぎですが、もう一味欲しい!と我侭を
言いたくなる1本でした。

余:冷凍ハーレム、いいわ~

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ダーク・シティ」 ルーファス・シーウェル

dark city原題:DARK CITY
製作年:1998年
監督:アレックス・プロヤス
出演:ルーファス・シーウェル
   キーファー・サザーランド
   ジェニファー・コネリー
   ウィリアム・ハート
評価:★★★

娼婦連続殺人事件の容疑者として警察や謎の集団に追われる
記憶喪失の男が、断片的に蘇る記憶を探るうちに、ある真相に
たどり着くが・・・SFサスペンス映画。

何がベースだとしても、それを上手く消化して新しい作品にしている
1本だと思います。ひたすら暗い、独特の映像美もさえているし
個人的にはほぼ同時期の「マトリックス」より面白かった。

キーファ・サザーランドが結構低迷していた時期に出演しているからか
ブヨッとしたなまくらな感じが役と合ってて、それも良かった。

ただ、極端にテンポが早い。
おかげで主人公のあせりと困惑を観客も味わえましたが、同時に
無理やり・・?な場面も飲み込まねばならず。
テンポがいいのも、良し悪しですね。

独特の雰囲気を味わいたい方には良作だと思います。

余:やはり「ビューティフル・ドリーマー」(84)と妖怪人間ベムと
   AKIRAみたいな話だと思うのは仕方ない。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」 押井守

beautiful製作年:1984年
監督:押井守
原作者:高橋留美子
声優:古川登志夫
   平野文
   神谷明
   島津冴子
   鷲尾真知子
評価:★★★★

友引高校学園祭を明日に控え、大忙しのあたる達。
作業しても作業しても、延々と「学園祭前夜」を繰り返しているような
感覚に陥った彼らは、自分達がおかれた状況を知ろうとするが・・
「うる星やつら」劇場版オリジナルアニメ2作目。

何を書いてもネタバレになりそうな内容も素晴らしいけれど、夏の
けだるい雰囲気を味わいながら、学園祭前夜という、本番より楽しい?
ひと時を繰り返す雰囲気がなんとも言えない作品。

線引きが難しい題材に、二度と戻れない懐かしい雰囲気(そういう意味では
20代以降の人向けかも)が上手く合わさって、独特の世界を
生み出しているのかな。シャープなSFより、心地よいです。

大人になって観ると、だいぶ印象が変わる作品だと思います。
公開当時、漠然と観ただけの方は、もう一度観ると発見が多いかも
しれません(面白さの意味を知った感じだ)

大人におすすめ。

余:「好きな人を好きでいるために その人から自由でいたいのさ」
   ・・・昔はあたるをまったく理解出来なかったけど。ううむ。
   でも、「責任とってね」にはがっかり。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 222 ネコ

写真 221 クロネコ

写真 220 年寄りなネコ

写真 219 オウム

カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。