スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「looper」 ジョゼフ・ゴードン=レヴィット

looper
製作年:2012年
監督:ライアン・ジョンソン
出演:ブルース・ウィリス
   ジョゼフ・ゴードン=レヴィット   
   エミリー・ブラント
   ポール・ダノ
評価:★★+★半分

未来から送られて来るターゲットを専門で殺す暗殺者
通称「ルーパー」を生業としている主人公。
ある日「未来の自分」を暗殺しなければいけなくなるが
どうしても自分を殺すことが出来なかった・・・
逃げる「自分」と戦うはめになった主人公の話を描いた
SFサスペンス映画。

全体的にそこそこ楽しめる映画ではあるものの、前半のテンションが
最後まで続かなかった気がしました。

ジョゼフ・ゴードン=レヴィットの特殊メイクが鬱陶しくて
集中出来なかった事がよくなかったのか(どう考えても、ブルースになる
顔じゃないのに)後半から急にただの超能力合戦展開になった事に
納得がいかなかったからなのか・・
世間様が言うほど、気に入ることが出来ませんでした。

素晴らしいラストあってのSF、そういう作品を、次回は期待します。

余:最近、自然な流れとは考えにくい、偏った国絡みのシーンが
  不必要に出てくるだけでアレでソレな気持ちになってしまうな~
スポンサーサイト


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「007 ロシアより愛をこめて」 ショーン・コネリー

FROM RUSSIA
原題:FROM RUSSIA WITH LOVE製作年:1963年
監督:テレンス・ヤング
原作者:イアン・フレミング
出演:ショーン・コネリー
   ダニエラ・ビアンキ
   ロバート・ショウ
   ペドロ・アルメンダリス
評価:★★+★半分


 最新式の暗号機を持ち出すという条件で亡命を
 希望するソ連情報部のタチアナ・ロマノーヴァ伍長を
 迎えに行くためイスタンブルに飛んだボンドが
 スメルシュの仕組んだ罠に挑む話。
 サスペンスアクション映画。


今から40年以上前のアクション映画なので、今風の内容を期待出来ない事は
重々承知ですが、やはり昔のボンドシリーズはクラシック。
ちょっともっさいです。

もちろんコネリーボンドはとても重厚で素敵なのですが、カッコいいだけで
スパイ映画としても、アクション映画としてもそれほど出来上がってない
点が微妙。

結局印象に残ったシーンが、no.3が足ナイフを「エイ!エイ!」とやるものの
椅子刺又でジタバタというドリフシーンや、シュミーズをプレゼントされた
タチアナが大喜びという場面だったのは、何故なのでしょうか・・・

まあ、全体的にちょっとありえないマヌケな感じがいい味なのかなと思う
初期007シリーズですが、60年代の女性用パンツの魅力が理解し難いのと
同様、心のそこから楽しめない自分が残念でした。

余:テーマソングは凄い好きなんですけどね。あれは最高。




☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「DEAD FALL」 エリック・バナ

dead fall
製作年:2012年
監督:ステファン・ルツォヴィツキー
出演:エリック・バナ
   オリヴィア・ワイルド
   チャーリー・ハナム
   シシー・スペイシク
   クリス・クリストファーソン
評価:★★

カジノ強盗で大金を手に入れたものの、アクシデントに遭遇し極寒の地国境越えを
強いられた兄妹。別々に逃げる方法をとった彼らが合流場所で再び出会うまでに
遭遇する人々とのドラマを描いたサスペンス映画。

一応サスペンスだと思いますが、サスペンスらしい演出も特になく
いくら田舎でも、こんなに上手く事が運ぶかなと思っちゃう位
スルスル展開する映画でした。

結局「こんなシーン、素敵だな」という憧れだけで出来ているような、中身が
あまりない映画というか、破綻した崖っぷち家族を出すだけ出して雰囲気を
味わう映画というか・・・

まあ、華の無いストーリーでも飽きない程度に楽しめる雰囲気は嫌いじゃ
ないですが、別にあってもなくてもな1本だと思います。

余:オリヴィア・ワイルドの目玉は、本当にきれいだな~。ハスキー犬みたい。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「野良犬」 三船敏郎

野良犬製作年:1949年
監督:黒澤明
出演:三船敏郎 志村喬
   木村功
   淡路惠子
   千石規子
   岸輝子
評価:★★★★


戦後間もない東京を舞台に、スリに充填済みのコルトを盗まれた刑事が
自分の拳銃を使って行われる犯罪を食い止めようと、ベテラン刑事と共に
捜査を行う話。刑事ドラマ。

内容は地味ですが、最小限の動きで物語を最大限に魅せる事が出来る
役者や台詞で出来た、濃ゆくて面白い話だと思います。
地味にジワジワ犯人を追い詰める、刑事モノの基本のような1本。

また、終戦後たった4年しか経っていない東京で撮影されたからか、作中いたる
ところに現在の日本の姿からは考えられないスラムな実映像(西郷どんが
写っているって事は、上野・浅草近辺?本当にスラムで驚いた)だけでも
観ていて興味深いです。

いろんな意味で、勉強になる映画じゃないでしょうか。

余:三好栄子が良かった。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

宮城 仙台 「阿部蒲鉾店 ひょうたん揚げ」

阿部蒲鉾店 ひょうたん揚げ 1本150円也。
宮城県仙台市青葉区中央2-3-18 (クリスロード内)

ひょうたん   ひょうたん

アメリカンドッグのように蒲鉾を揚げた1品に、普通or辛いソースをかけて
頂きます。以前は自分でソースをかけて食べれたのですが、久々に行ったら
お店の人がかけてくれるようになっていました。
(ソースが路面に落ちなくなったからか、鳩の群れもいなくなってた)

まあ、仙台に行くたびに食べている位なので、味に不満はありませんが
最初に食べた時100円だったのにと思うと・・・なんとなく「チェッ」な
気分になってしまうのが、残念・・

なお、衣が甘めなので、辛いソースがオススメです。

ひょうたん
※2007年は100円だった。 2008年あたりで130円
 その後~現在は150円。 どんどん上がったんだな。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

宮城 仙台 どら焼 「ankoya あんこや」

仙台駅前のさくら野デパート裏路地、おでんやさんとダブルボギーというバーの
間あたりにある「ankoya」(名掛丁センター街内だったかな)

annkoya annkoya

メニューは 「あんどら150円 モチどら180円 バタどら180円 いもどら180円」のみ。
(その他、あんこ別売り、プチセット売りもあるようです。画像はモチどらです。)

ピチピチにラップにまかれた四角いどら焼は、しっとり甘めな皮にあっさりした
あんこがミッチリ入っている系。
1個で満腹になる位、ボリュームのある1品です(ちょっと驚く位、1個が重い)

あまりアンコ!って感じじゃないので、アンコが苦手な人でもいけるかもしれません。
また仙台に行ったら、立ち寄りたいお店が増えました。

余:1個まるまる1人で食べるのはきついかな。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 207 坂とネコ

宮城県 仙台市 2012 SENDAI 光のページェント

2012 sendai
2012 SENDAI 光のページェント

開催   2012年12月7日から31日迄 
点灯   17:30~22:00 (31日のみ23:00消灯)
場所   定禅寺通(東二番丁通~市民会館前)
イベント詳細はコチラ

7日にせんだいメディアテーク前にて行われた点灯式をみてきました。

ちょうど来賓祝辞の最中に、強い揺れを感じましたが(震度4?)
式典中断もなく、少なくとも私の周囲にいた人々に動揺もなく(本当に
誰も騒がなかった)予定通り17時30分に点灯。

空気もキレイで気温も低い(大体3~4℃だったかな)からでしょうか。
丸の内や原宿、新宿等にあるイルミネーションスポットとは比べ物にならない
美しさでした。

今年は見にいけなくても、次回は見てみたいな~と思われる方、是非
点灯時間に合わせて現地に行ってみてください。

点灯している状態も素敵ですが、「パッ」と点く瞬間の方が
格段に美しいですよ。

余:外国人サンタさんが乗っていた車。  私設?? 派手だね。
sendai


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「エクスペンダブルズ2」 アクション・スター特盛

エクスペンダブルズ2
原題:The Expendables 2
製作年:2012年
監督:サイモン・ウェスト
出演:シルヴェスター・スタローン
   ジェイソン・ステイサム   ジェット・リー
   ドルフ・ラングレン     チャック・ノリス
   ランディ・クートゥア    テリー・クルーズ
   リアム・ヘムズワース    ジャン=クロード・ヴァン・ダム
   ブルース・ウィリス     アーノルド・シュワルツェネッガー
評価:★★★

武装集団「サング」から世界の平和を守る為、傭兵軍団「エクスペンダブルズ」が
熱く戦う話。アクション映画。

別にストーリーとか、演技とか、そんなのどうでも良いです。

自分で「コブラ」の話とかしちゃうノリスとか、古いネタを何度も言わされる
シュワルツェネッガーとか、涙もろい演技が微妙すぎるラングレンとか
観れればいいのです。

「アクションが~ 内容が~」とか言う人は、観なければ良い。
「ユニ●G、まだ脚上がるね!」とか言いながら笑ってみれる・・・
そんな映画があってもいいじゃないですか・・ね?

個人的には「1」より面白くなったと感じた2作目でした。

またやったら、観ます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「007 スカイフォール」 ダニエル・クレイグ

skyfall
原題:Skyfall
製作年:2012年
監督:サム・メンデス
原作者:イアン・フレミング
出演:ダニエル・クレイグ
   ハビエル・バルデム レイフ・ファインズ
   ナオミ・ハリス ベレニス・マーロウ
評価:★★★

MI6の諜報員とMを狙う敵に立ち向かう007の話。
007シリーズ第23作目。

マカオと上海&地下鉄シーン等、無駄に長くて飽きる場面も多々ありましたし
全体的にまだまだ生まれ変わった後のバランスは悪いと思えるけれど、前作よりは
何歩も前進した印象を受けた3作目でした(2作目、内容殆ど覚えてないや)

まあ、魅力的な敵キャラ作り、お色気&スパイ要素を切り捨ててまで
今風アクション(ようは「ボーン」シリーズ系か)中心に
「007」シリーズ肉体改造をする必要はあるのかな~とも
思いますので、次回作はアクションそのままで、大人向けに
内容の質が上がればいいなと期待したいところです。

スポンサー名を前面におしまくる労力を、脚本にも向けてくれることを
願って★3つ。早く「カジノ・ロワイヤル」(06)レベルに話が戻りますように。
(ついでに、あの変な字幕!次回作は別の翻訳者で頼む!本当に!!)

余:冒頭、「北国の帝王」(73)を思い出した・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「八甲田山」 高倉健 北大路欣也

hakkoda製作年:1977年
監督:森谷司郎
原作:新田次郎『八甲田山死の彷徨』
出演:高倉健 北大路欣也
  三國連太郎
  前田吟
  緒形拳
  加山雄三
評価:★★★+★半分

1902年(明治35年)、冬季軍訓練中の日本陸軍第8師団歩兵第5連隊
210名のうち199名が死亡した「八甲田雪中行軍遭難事件」を基に
描かれた人間ドラマ映画。

極限状態に追い詰められた人間や組織の恐ろしさを描いた人間ドラマとして
観れる半面、ギャグなのかホラーなのか分からなくなる位、奇妙な様子で人が
発狂したり、死んでしまったり、ビックリ仰天な計画で冬山登山をしてしまうという
映画なので、現代感覚で観るとちょっと複雑な気分になる作品ですが、面白いです。

史実とは異なる設定やドラマとして美化・強調し過ぎなところもあるようなので
本作品を観て「遭難事件」の全てを把握した事にはなりませんが、鑑賞後に
事件について調べたくなる位、興味深いものであると思います。

まあ、ここまで人間どうやっても自然には敵わないと思わせたり
役者がかなり必死に(なんというか、端役の人ほど命がけ感が凄い)
演技しているのも分かる映画もあまりないのでは。

169分と長いですが、まとめられないだけの長尺映画ではありません。
冬のこの時期、オススメです。

余:あの格好で登山・・・100年前の人はクレイジーだ。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 206 街中の橇

カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。