映画 感想 「震える舌」 若命真裕子

舌製作年:1980年
監督:野村芳太郎
原作:三木卓
出演:渡瀬恒彦
   十朱幸代
   若命真裕子
   中野良子
   宇野重吉
評価:★★★★+★半分

破傷風になり隔離病室に入院する事になった幼い娘の
壮絶な闘病生活がエスカレートするうち、精神的重圧に絶えられなく
なっていく両親の様子を描いたドラマ映画。

容赦なく幼女が苦痛と戦う様子と、子供を助けたい気持ちの強さ以上に
現実的に自身が背負わなければいけない多額の医療費や未知の病気に対する
精神面での不安に絶えられなくなっていく両親の姿、命を救うために
行われる機械的な医療処置の様子等を結構ズバッと描いている本作品。

85%位が苦痛とストレスで出来ているような作品ですが、邦画って
こんなに面白いんだと思える1本です。

本気で破傷風になったのでは?と思いたくなる名演技をした若命真裕子を筆頭に
きれいごとだけで娘に向き合えなくなっていく両親を演じた渡瀬、十朱コンビ、冷静かつ
中立的に医者という立場を演じた中野良子の役作りが素晴らしかったです。

また、半密室のような隔離病室で繰り広げられる人間の限界ドラマを
スピーディかつ効果的に描いた脚本も最高でした。

観た人しか分からない「ギイェェェェェ!!!」という叫び声の恐怖を
一人でも多くの人が経験してくれますように。

余:「お母さん、この歯は乳歯?永久歯? 乳歯でしょ??じゃ、いいよね?」
   世にも恐ろしい台詞がこの世にあるとは。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 191 ブレブレブレ

映画 感想 「プロメテウス」 リドリー・スコット

Prometheus原題:Prometheus
製作年:2012年
監督:リドリー・スコット
出演:ノオミ・ラパス
   シャーリーズ・セロン
   マイケル・ファスベンダー
   ガイ・ピアース
評価:★★


古代遺跡で発見された壁画に描かれていた星図をもとに、宇宙彼方の惑星に
人類誕生の謎を解き明かす文明が存在するのではないかという仮説を信じる
考古学者とスポンサー企業が、宇宙船「プロメテウス」に乗って向かった惑星で
遭遇したものとは・・・SF作品。

「エイリアン」(79)のセリフリメイクに近い作品だったと思います。

まあ、「スターウォーズ」の新3部作の時のような恐ろしく酷いガッカリ感は
なかったですが、「次に何が起こるのか?」という面白さは無いし、結構良い
複線になりそうな素材を捨ててるし、どうでもいいシーンやセリフを
入れてるし、グロシーンも無いし。だらだら調査隊が探検してるだけって
感じの2時間だったような・・。

結局、観ていくうちにガンガン心の折線グラフが急下降してしまった1本でした。
別に劇場で観なくても良かったかな。

余:好奇心と恐怖があってこそ、SF。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「メン・イン・ブラック 3」 ウィル・スミス

MIB3
原題:Men in Black III
製作年:2012年
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:ウィル・スミス
  トミー・リー・ジョーンズ
  ジョシュ・ブローリン
評価:★★★


地球に住む異星人達を監視する組織MIBのエージェントのKに
恨みを持ち、極悪異星人を収容する施設から逃げ出したボリスが
60年前にタイムトリップし、Kを抹殺しようとする。果たして
Kとコンビを組むJはこの企みを阻止出来るか?SF映画。

シリーズ3作目。

2作目はあまり記憶に無い位「ナシ」な1本でしたが、3作目は
テンポも良く、ヤングKとして投入されたジョシュ・ブローリンも
良い味を加えていたし、とっつぴな話でもなかったので、安心して
楽しめました。

まあ、ちょっと万人受け過ぎかな~とは思いますが、異星人を
リアルに表現し過ぎると、ホラーテイストになってしまうし
茶化しすぎると子供っぽくなりすぎるし。
コレくらいが売上的にも良いのかもしれませんね。

面白いSF作りって難しい。

余:トミー・リー・ジョーンズ。何だかやる気なさそうだったなぁ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「Safe」 ジェイソン・ステイサム

safe
原題:SAFE
製作年:2012年
監督:ボアズ・イェーキン
出演:ジェイソン・ステイサム
   キャサリン・チェン
   ジェームズ・ホン
評価:★★+★半分


暗記力を買われ、マフィアの帳簿係にされた数学天才少女を救う為
ロシア・中国マフィアや汚職警官と戦う事になったやさぐれ元捜査官の話。
アクション映画。

いつも通り「どこから切ってもステイサム」な映画です。
安心してアクションを楽しめます。

飽きない程度に面白い。
何が特別良いと言い切れる訳ではないですが
悪いとも思わない。

そういうアクション映画でした。

余:何だかんだで、息が長いなぁ。ステイサム。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 190 おびえすぎ

小さな洋菓子店 モンテール 「白くま味」 ロールケーキ

白くま
 モンテール 

 九州名物
  練乳ロール 白くま

 「ミルキーな味わいのクリームに
 黄桃とパイナップル、粒あんをミックス」
 「九州名物「白くま」のロールケーキ」

  「」です。「」。

 普通のロールケーキだと思えば美味しいけれど
 「白くま」を期待すると「風ってどういう事だよ!」と
 キレてしまいそうになる1品でした。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

高円寺 「ハンバーグ ステーキ専門店 ニューバーグ」

ニューバーグ 
 
 ハンバーグ ステーキ 専門店
 「ニューバーグ」

 東京都杉並区高円寺北3-1-14
 食券制(入口横に自販機有) 

 高円寺駅周辺は、古着屋が多いことで
 有名ですが、安いご飯屋さんも
 多い界隈。

 食べてみたいランチが沢山あって
 困る~と悩みつつ、今回は
 ニューバーグに行ってみました。



ニューバーグ

サービスランチ 550円也。
 メインのハンバーグとフライ&ご飯 みそ汁 ミニサラダ付

安いです。安いです。安いです。

これを食べると、某マクド○ルドで腹持ちしない薄バーガーとフライと
氷だらけのドリンクなど高くて食べれない・・・そんな感じです。

ハンバーグソースの味や食感が、イシ○のミートボール味に似ていた気も
しますし、やや薄めでフニャっとしていた気もしますが。
そんな事は気にしない。近所にあったら、1人で夕飯をする機会があったら
「行く」となる。

そんなお店でした。

余:お好みでソースを「メキシカン」(ちょっと辛め)に変更出来ます。
  別途30円也。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

栃木県 佐野市 ラーメン 「宝来軒」

宝来軒

老舗 「宝来軒」
 栃木県佐野市浅沼町801-2

塩分高めで麺はフニャフニャ。今まで佐野ラーメンのイメージはコレに尽きると
いったところでしたが、(ハズレのお店ばかりだったのかな・・
有名店も多数あったよな・・)、足掛け数年、今まで食べた中で、一番
麺にコシがあるお店にやっとたどり着きました。

宝来軒

味は本当にオーソドックスだと思いますが、結局そういう味が
一番美味しいのかもしれません。

余:醤油味だったから油断していたけど、食後1時間で全身が浮腫んで
  手がグローブのようになったのには参った。やはり塩分高いんだな~

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

群馬県 桐生 「京甘味 祇園」

祇園 祇園
 

 京甘味 祇園

 群馬県桐生市新宿3-13-15(定善寺前)
 駐車場 有
 

桐生方面に立ち寄ったので、美味しいと評判の京甘味「祇園」に行ってきました。

祇園
 抹茶パフェ 850円           宇治ミルク金時 730円

パフェなるものを、20年ぶり(もっとか?)に食べましたが、一つ一つの素材が
美味しければ、なかなか美味しい食べ物なんですね。

長年、安いアイスとケロッグで出来てる物(ほぼ空気?)に金は払えないという理由で
避けていたパフェでしたが、こちらのパフェは実(味がちゃんとある抹茶味のアイス
スポンジ・ゼリー等等)がちゃんと入っている感じで美味しかったです。

カキ氷も、表面にかかっていた渋みがちゃんとある宇治が良い味だったので
氷を頼んでも良かったかな・・?と思う位、悪くなかったです。

どちらも都心で食べたら、あと300円位づつ上がりそうな品でした。

祇園

ちなみに、お店で使用していた食器。

水が入っていたグラスはHS(ハードストロング)ではなく、イッタラ。
パフェが入っていたグラスはバカラ。

ゆったりとした席で、大人しかいない(「中学生以下お断り」のお店。もちろんウルサイ
大人もいるけれど・・お子様お断りはありがたい)安心感と、食器まで拘っている感じが
嬉しいお店。

何故ふつ~の住宅街の一角にお店があるのか興味深いですが
桐生に行ったら、また立ち寄ってみたいです。

余:そういえば・・・この日に食べたランチよりも高かったな・・・パフェ・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「虐殺ヒーロー サム・ライミ」 サム・ライミ

THOU SHALT NOT KILL...EXCEPT原題:THOU SHALT NOT KILL...EXCEPT
   Stryker's War
製作年:1985年
監督:ジョシュ・ベッカー
出演:ブライアン・シュルツ  ロバート・リックマン
  ジョン・マンフレディ  ティム・クイル
  サム・ライミ  シェリル・ハンセン
  ペリー・マレット   ブルース・キャンベル
評価:★★+★半分

小さな田舎町を突然襲ったカルト・ヒッピー集団を撃退する、ベトナム帰還兵達の話。

チャールズ・マンソンがモデルと思われるヒッピー集団のボスを、サム・ライミが
演じています。多分、ソレ目当てorきっかけで手に取る方が殆どだと思われますが
ブルース・キャンベルや、サム・ライミが出ていなければ地雷を踏んだと思って
しまう位つまらないか?と問われれば、そうでもないです。
普通に楽しめる作品だと思います。

見所はギャグとしか思えないヒッピーVSベトナム帰還兵の戦いと、バカ殿も
ビックリなサム・ライミの演技力です。

全編観るのは苦痛だなという方は、ラスト20分位の鑑賞で充分楽しめると
思いますよ。

深く物事を考えたくない時にどうぞ。

余:ブルース・キャンベル=ニュースキャスター

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「レッド・バロン」マティアス・シュヴァイクホファー

redbaron原題:DER ROTE BARON  THE RED BARON
製作年:2010年
監督:ニコライ・ミュラーション
出演:マティアス・シュヴァイクホファー
   ティル・シュヴァイガー
   レナ・ヘディ
   ジョセフ・ファインズ
   フォルカー・ブルッフ
評価:★+★半分

第一次世界大戦中、赤く塗装された戦闘機を駆使し「撃墜王」として
その名を馳せた実在のドイツ軍パイロット、マンフレート・フォン・リヒトホーフェンの
半生を描いた戦争ドラマ映画。

・主人公役の見た目が、終始若すぎた。
・ヒロイン役の見た目が、終始年上過ぎた(実際8歳位上か?)。
 まるでお母さんのようだった。
・とてもいい題材なのに、脚本が下手すぎた。
・編集もヘボ過ぎた。
・ドイツ語で全編撮った方が雰囲気が出たのに。勿体無い。
 (出来が悪いくせに世界配給を狙うとは)

戦闘シーンも題材も嫌いじゃなかった分、もったいなすぎて涙チョチョ切れな1本でした。

余:実際のリヒトホーフェンも美男子だったのね。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

ドラマ 感想 「宇宙刑事シャリバン 全51話」

シャリバン

 放送期間 1983年3月4日から1984年2月24日
 全 51話
 監督 小林義明 他
 プロデューサー 碓氷夕焼 吉川進 折田至
 出演者
    渡洋史
    西沢利明
    降矢由美子 名代杏子
    鈴木正幸   吉岡ひとみ
    栗原敏    山田一善
    上條恒彦   飯塚昭三
    安藤三男 
    大葉健二
    村上潤   柴原孝典  日下秀昭


宇宙刑事シリーズ(メタルヒーロー)第2弾。
前作「宇宙刑事ギャバン」に続き、地球に派遣された宇宙刑事シャリバンこと
伊賀 電が、宇宙犯罪組織マドーから平和を守りつつ、自らの故郷であるイガ星の
復興を目指す話。

前作のギャバンでは、一貫して行方不明になった父親を探すというテーマが根底にあり
物語全体を通して深い感動がありました。

それと比べてしまうのもなんですが、シャリバンは途中で「イガ星」「イガクリスタル」等
主人公の出生に関わる謎が出てくるものの、物語にそれが深く関わるでもなく、忘れた頃に
イガ星話が出てくるけれど、基本的には1話完結といった展開だったので、全体を
通してまとまりのある話を観た気分にはなれませんでした。。

51話も観てなんですが、個人的には物語に一貫性を持たせた方が
より面白かったのではないかと。
イガ星エピソードに力を入れてくれれば、もっと観やすかったと思わずに
いられなかった作品でした。

余:殆ど働かないうえ、ミミーにお金を借りてばかりいたギャバンと比べると
  結構働いていたし、リリィお金の無心もしなかった点は良かったか・・・。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

ドラマ 感想 「東映 スパイダーマン 全41話」



放映期間:1978年5月17日から1979年3月14日
放映時間:水曜日19:30 - 20:00
全41話
原作:「スパイダーマン」スタン・リー(マーベル・コミック)
プロデューサー: 吉川進 石川博
出演:香山浩介
   賀川雪絵
   安藤三男
   三浦リカ  大山いづみ
   矢葺義晴  西沢利明
   仲谷昇
アクション:古賀弘文

悪の異星人・モンスター教授率いる鉄十字団に父親を殺害された山城拓也が
同じくモンスター教授に故郷を全滅させられたスパイダー星人・ガイヤによって
特殊能力を授かり、「スパイダーマン」として軍団に立ち向かう話。

通常であれば結構時間を割くロボ戦闘シーンに力を入れず(入れてるとは
とても思えなかった。メインロボ「レオパルドン」すら出ない回もあった・・)
ドラマ部分に力を入れている、ちょっと変わったヒーロー物。

最初は「それほどでも・・」と思っていましたが
全41話を観終わる頃には、すっかりハマってしまいました。
これは本当に面白い作品だと思います。

スパイダーマン

回が進むにつれ、ただの無職(ヒーローは基本的に定職につきにくい)に
なっていった山城拓也(主人公)や、そんな拓也に冗談半分結婚を申し込んだものの
「君はそんなイージーな女だったのか。がっかりだ」とさっくり断られた彼女のひとみ。
人間よりもモンスターにモテた妹の新子と、アシ●マナにそっくりだった弟の拓次。
口癖は「うつけもの」「なまけもの」のアマゾネス(賀川さんの東映作品を先に観ていたから
慣れるまで少し複雑な心境だったな~)に「永遠に不滅だ~」のモンスター教授・・・・。

どのキャラクターをとっても、大人向けなのか幼児むけなのかさっぱり分からない
微妙な設定でユニーク。話以上に面白いキャラばかりでした。

また、スパイダーアクションを演じていた古賀弘文の優れた身体能力もナイス。

スパイダーマン

毎度「そこまで奇妙なポーズをとらなくても!」と突っ込みながら楽しませていただきました。
個人的にはハリウッド版のCGアクションより格好良かったと思います。

台詞や設定に容赦なき70年代テイスト満載のシリーズ。
マーベルで全41話をオンライン鑑賞することが出来る今のうちに(2012年現在)
是非味わっていただきたです。スパイダーマン1回目はコチラから。

本当にオススメ。

余:結局、モンスター教授を巡る痴情ネタみたいだったな・・最終回。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 189 横顔

映画 感想 「ダークナイト ライジング」 クリスチャン・ベイル

THE DARK KNIGHT RISES原題:THE DARK KNIGHT RISES
製作年:2012年
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル
   マイケル・ケイン ゲイリー・オールドマン
   アン・ハサウェイ ジョセフ・ゴードン=レヴィット
   トム・ハーディ
評価:★★★

心身ともに疲れ果て、隠居生活を送っていたバッドマンが、再びテロリスト
ベインからゴッサムシティを救うために立ち上がる話。
新シリーズ3作目。アクション映画。

映像もアクションも小道具も平均以上の出来でしたが、悪役の設定が
雑だったし(頑張ったトム・ハーディが気の毒)まさにマンガみたいな展開も
微妙でした。

ずば抜けた作品が1作出来ただけでも、シリーズとして
成功だったのかもしれませんが・・・

欲張りさんには残念に感じる部分が多い完結編でした。

余:鑑賞後に笑いながら言ってた女子高生の会話。
  「ジャンプの修行編みたいな話だったね~」「ひたすらやってろ!って感じ」

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「キャプテン・アメリカ 帝国の野望」 マット・サリンジャー

CAPTAIN AMERICA原題:CAPTAIN AMERICA
製作年:1990年
監督:アルバート・ピュン
出演:マット・サリンジャー
   キム・ギリンガム
   ロニー・コックス スコット・ポーリン
   メリンダ・ディロン ネッド・ビーティ
評価:★+★半分

軍の人体実験に志願し、超人「キャプテン・アメリカ」に生まれ
かわったスティーヴ・ロジャース。アメリカの敵である超人「レッドスカル」を
一度は追い詰めたものの、取り逃がした挙句、自分もアラスカの凍土に
埋まってしまう。その後50年の時を経て現代に蘇ったキャプテンが、再び
宿敵レッドスカルから世界を守ろうとする話。アメコミアクション映画。

現在(2012年)の優れた技術でカッチョ良く映像化出来るアメコミヒーローも
1990年(えっ!90年って、今から20年以上前になるの!?ヒィィィィ)の
時点では、まだまだ滑稽かつキグルミ的姿だったのか・・・と唸ってしまう作品です。

もちろん「バッドマン」(89)のように、予算があれば
それなりに作れたかもしれませんが、4分の1程度の予算しかないと、ね。

超人のくせに、とても弱いキャプテンと、ミュージックビデオに出てきそうな
悪役ねーちゃんの動きが忘れられない1本でした。

余:車のくだりはドリフとしか言いようがない。あれは酷い。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「アベンジャーズ」 ロバート・ダウニー・Jr

Marvel's The Avengers原題:Marvel's The Avengers
製作年:2012年
監督:ジョス・ウィードン
原作:スタン・リー ジャック・カービー
出演:ロバート・ダウニー・Jr クリス・エヴァンス
   マーク・ラファロ  クリス・ヘムズワース
   ジェレミー・レナー スカーレット・ヨハンソン
   サミュエル・L・ジャクソン トム・ヒドルストン
評価:★★★

アイアン・マン&キャプテン・アメリカ&ハルク&ソー&ホークアイ&
ブラック・ウィドウの6大マーベルスターが協力して、侵略を企てる
ロキとチタウリから地球を守る話。アメコミ・アクション映画。  

充分個性的なキャラが6人も、同時に1つの画面に納まろうとするのだから
作り手も演者も観客も大変だろうな~と思いながら観に行きましたが
意外と普通に鑑賞できました。

多少強引ではあるものの、キャラ別ストーリーを知らなくても大体分かる
ように作っていたし、「悪VS善」と思っていれば間違いない位
メインストーリーも単純で入りやすいし。
誰でも楽しめる、エンターテイメント性の高い1本かと。

台詞が若干古臭かった&「宇宙が敵」設定時にありがちな「飽き」は
ありますが、全体的に観て損は感じないオールスター戦。

大人向け娯楽としてどうぞ。

余:ハルクは前任者より良かった。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「逆襲!殺人拳」 千葉真一

殺人拳
製作年:1974年
監督:小沢茂弘
出演:千葉真一
   池玲子
   志穂美悦子
   和田浩治
評価:★★


闇の請負人・剣琢磨が、大企業を相手に巨額のゆすりをかける
黒幕達を出し抜き自分の儲けにしようと奔走する話。アクション映画。

完全に失速した2作目よりは、話もキャストもまともでしたが
やはり1作目の気合は特別だったんだと、思わずにはいられない
出来だった殺人拳シリーズ3作目。

肝心のアクションに、気合がまったく感じられませんでした。

ロマンポルノの池玲子さんはステキでしたが、この後4作目まで
いかなかったのもうなずける最終章(主人公が一緒なだけの
シリーズだったが)でした。

余:記憶に残ったのは、1作目だけ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「殺人拳2」 千葉真一

殺人拳2
製作年:1974年
監督:小沢茂弘
出演:千葉真一
   市地洋子 石橋雅史
   鈴木正文 田中浩
   山城新伍
評価:★+★半分

非情の闇請負人、剣琢磨が、全アジア青年武術センターなる施設を
建設する名目で金集めをしている竜虎殿主・太田黒とその裏にいる
極東マフィアを叩き潰す話。アクション映画。

1作目の公開から、たった2ヶ月後に公開されているという
当時ならではの突貫工事的作品といいますか。
やはり1作目に比べると、かなりパワーダウンしたなと
思えてしまう内容でした。

本当に適当すぎる話がつまらなかったし、アクションシーンが
激減し、回想シーンが増えた点が惜しい・・・

殺人拳

今のらずして、いつのる!?というヒットの波にあやかりたかったにしても
1の半分程度の情熱しか感じられなかった1本。
もっと暑苦しいアクションを楽しみたかったです。

余:タンク車の親父が、心底気の毒である。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「激突! 殺人拳」 千葉真一

殺人拳1製作年:1974年
監督:小沢茂弘
出演:千葉真一
   中島ゆたか
   山田吾一
   石橋雅史
   志穂美悦子
   遠藤太津朗
評価:★★★+★半分

仕事を遂行するには手段を選ばない非情の闇請負人、剣琢磨が
ベネズエラ石油の娘が持つ莫大な資産を巡って香港マフィアと戦う話。
殺人拳シリーズ1作目。アクション映画。

香港・ベネズエラ、石油にマフィアと、スケールを大きく見せる
味つけたっぷりなのに、主要外国人を演じる役者は全て日本人、ロケも
国内でまかなっているという、70年代ならではの大技が多用されて
いますが、そういう事に目をつぶれる位、気合の入ったアクションを
楽しめる作品だと思います。

もちろん、アクションの他にも、顔芸ずるいよ!となる位
相当凄い千葉真一の顔や、初々しい志穂美悦子が結構酷い目に
あう様子等も楽しめます(台詞もほぼ無い川谷拓三も酷い目に・・)

海外では”The Street Fighter”という名前で公開され
大ヒット、”Sonny chiba”の名前が知れ渡ったのもうなずける
1本。躍動感と、みなぎる熱意を感じられるアクションを楽しみたい方
是非どうぞ。

余:遠藤太津朗をどうしたら外国人設定に・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters