FC2ブログ

映画 感想 「ザ・レイド」 イコ・ウウェイス

the raid原題:The Raid Redemption
製作年:2011年
監督:ギャレス・エヴァンス
出演:イコ・ウウェイス
   ヤヤン・ルヒアン
   ジョー・タスリム
   ドニー・アラムシャー
   レイ・サヘタピー
評価:★+★半分

最強最悪の麻薬王が住む30階建てマンションに、SWATチームが
強制捜査(RAID)に入る!果たして最強格闘術「シラット」の達人は
麻薬組織を撲滅出来るのか?ノンストップ・アクション映画。

1にアクション、2にアクション、3、4がなくて5にアクション
オマケでドラマといった内容なだけあって、格闘シーンは見ごたえありです。

ただ、102分間ひたすら殴り合っているだけの映画ですので
格闘シーンさえあれば、主人公に名前があろうと無かろうと
気になりませんという方以外は、途中で飽きる可能性が大です。

まるで武術紹介ビデオな1本なので、映画館よりも、一緒に
エクササイズしながら観られる環境で楽しめたら面白いかもしれません。
スポンサーサイト





☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「Dylan Dog:Dead of Night」 ブランドン・ラウス

Dylan Dog:Dead of Night製作年:2011年
監督:ケビン・マンロー
原作者:ティツィアーノ・スクラヴィ
出演:ブランドン・ラウス
   サム・ハンティントン
   テイ・ディグス
   アニタ・ブリエム
評価:★

ティツィアーノ・スクラヴィ原作、イタリア人気コミック映画化作品。
吸血鬼や狼男やゾンビが人間に混じって暮らす世界で、表向きは私立探偵
裏家業はモンスターハンターという主人公が、謎解きをするダーク
アクションコメディ映画。

古臭いコメディと、古臭い衣装と、古臭い顔のブランドン・ラウス・・・
原作を知らないので、世界観がどうこうという思いはないのですが
基本スケールが小さい上に、ポイントが絞れない内容なので
面白みを感じませんでした。

ブランドン・ラウスがますます気の毒に思えた1本でした。

余:女性の扱いがあまりにも・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「ミッシング ID」 テイラー・ロートナー

Abduction原題:Abduction
製作年:2011年
監督:ジョン・シングルトン
出演:テイラー・ロートナー
   リリー・コリンズ
   ジェイソン・アイザックス
   アルフレッド・モリーナ
   シガニー・ウィーバー
評価:★+★半分

ある日高校の課題研究の為に見ていた「誘拐児童サイト」で
自分に瓜二つな子供を発見してしまった主人公ネイサン。
いったい自分は何者なのか?
真相に迫れば迫るほど、危険なめにあっていくネイサンの姿を描いた
アクションサスペンスドラマ映画。

「トワイライト」シリーズの狼男、テイラー・ロートナーが
得意のアクション(本当に武道が出来る)で頑張っているだけが
魅力の作品。

ロートナーの上半身さえ楽しめれば・・後の話が支離滅裂だろうが
なんだろうがかまわん!という方向け。

しかし、何でティーン向け映画って、中流階級以上で何不自由ない生活
設定なのかしら。不思議だ~

余:お父さんはダーモット・マローニーでOK?

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「ロボコップ」 ピーター・ウェラー

robocop原題:RoboCop
製作年:1987年
監督:ポール・バーホーベン
出演:ピーター・ウェラー
   ナンシー・アレン
   ロニー・コックス
   カートウッド・スミス
   ロバート・ドクィ
評価:★★★★★

人間の生体部分を利用し「ロボコップ」として犯罪撲滅に
役立てようとするプロジェクトを立ち上げたオムニ社に
体を利用された殉職警官マーフィ。
「ロボコップ」として大活躍していたマーフィだったが
ロボット化される際に失った記憶を徐々に取り戻していくうちに
真の悪人に立ち向かう事になる。近未来SFアクション映画。

シリアス、笑い、グロもアクションも全部バランスよく
入ってる、所々ブラックでありながら、くどくない。
今観ても、文句無しで面白い作品。

87年の製作時点で「近未来」とされていた2010年も
既に過ぎてしまったけれど、いまだロボコップは出てこない
2012年現在。

リメイク話が出ているけれど、バーホーベンのセンスが
失われて、ただカッコいいだけ、派手なだけのロボコップに
なるのなら観たくないと思わせるだけの魅力がある傑作だと
思います。

余:確かにギャバンだ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「Piranha 3DD」 ダニエル・パナベイカー

Piranha 3DD原題:Piranha 3DD
製作年:2012年
監督:ジョン・ギャラガー
出演:デヴィッド・ケックナー
   ダニエル・パナベイカー
   マット・ブッシュ
   ヴィング・レイムス
   クリストファー・ロイド 
   デビッド・ハッセルホフ
評価:★★

「ピラニア3D」(10)の続編。
退治したはずの古代ピラニアが、お色気ウハウハの「ウォーターパーク」に
出現し、再び人間を襲いまくるホラーコメディ映画。

内容はベタな80年代B級ホラー風だし、ハッセルホフの
使い方も受け狙いミエミエだし(それに食いつく私もアレだが)
大金払ってわざわざ観る話ではないけれど、「おっぱいボーン」
「お尻ボーン」「脳みそスカスカ」映画が、大きいスクリーンで
放映される事が珍しい世の中なので、個人的には「有」だと思う1本。

古典を愛する広い心を持つ方向け。

余:ハッセルホフやロイドに反応する世代・・・ううむ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「ガイアナ人民寺院の悲劇」 スチュアート・ホイットマン

GUYANA原題:GUYANA CRIME OF THE CENTURY
製作年:1979年
監督:ルネ・カルドナ・Jr
出演:スチュアート・ホイットマン
   ブラッドフォード・ディルマン 
   イヴォンヌ・デ・カーロ
   ロバート・ドクィ
   ジョセフ・コットン
評価:★★

1978年、老若男女合わせて917人が同時に集団自殺した
新興宗教団体「人民寺院」(Peoples Temple)の最後を、実話を基に
ドラマ風に再現した作品。

再現ドラマでカルト教団の闇に迫る内容ではなく、ギャグかよ?と
突っ込みたくなるような場面も多いし、ワイドショー的部分に
力を入れているような内容なので、真面目に「人民寺院」に
ついて知りたい方には向かないと思います。

基本、真剣に観るにはチープな作品であるとは思いますが
ただ、ラストの集団自殺シーンだけは嫌な感じなので注意。
大勢の素人さん達が信者役だからか、ある意味リアルで不気味でした。

とにかくこの作品を観る機会があるのであれば、事前に教団の歴史を
軽くおさらいしていた方が、分かりやすいかもしれません。

余:ロボコップの警官が出てました。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters