揚げドーナツ?の店 「グッデイズ・マラサダ」

ポルトガル生まれ→ハワイのローカルスイーツになったマラサダを出すお店
「グッデイズ・マラサダ」アトレ吉祥寺店

お店のHPはコチラ

ドーナツドーナツ

今回食べたのは「マラサダ プレーンシュガー 150円」

味はチーズ(チーズなんて入っていないですが)というか、バターというか
マーガリンのような味。要は「高カロリ」と書いてありそうな味です。

1個を2人で分けてちょうど良い満足度(私には1個はキツイ)

基本、揚げたてを提供することにこだわっているお店なので
出きれば併設しているイートインコーナー(もしくは店前のベンチ)で食べて
欲しい1品でした(持ち帰ったら・・微妙になりそう?)

余:これを食べると、石巻の揚げたい焼のお店「大成苑」を思い出します。
  なんとなく味が似てる。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

舎鈴(エキュート赤羽店) つけ麺

舎鈴

舎鈴(エキュート赤羽店)

舎鈴
つけ麺650円也。

こういう味が飽和状態だからだと思いますが、本当にどこでも
食べれそうな、特徴の無い味だと思ってしまいました。

価格も良心的だし、お店の雰囲気も悪くなかったので申し訳ない気もしますが
六厘舎系列という事で期待すると、拍子抜けするかもしれません。

余:意外とディープタウンだったりする赤羽を散策するついでならいいけど
  わざわざ下車してまでは・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

セブンプレミアム レンジで簡単!冷凍 「つけ麺 味噌ラーメン」

ラーメン ラーメン

セブンプレミアム レンジで簡単!「つけ麺」(158円) 「味噌ラーメン」(100円)

つくる手間と具(具は各自用意なので)と片付ける労力は必要ですが
どちらも中途半端なラーメン屋より美味しいです。

電子レンジ所有かつ一人ごはんの時など、オススメ。

余:つけ麺が特にオススメ。でも、販売時期・店がまばらなのが難点。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

イケアレストラン スウェーデン・ミートボール

ミートボール ミートボール

イケアフードのスウェーデン・ミートボール(10個649円)と
アーモンドチョコレートケーキ(1個249円)



どちらもスウェーデン料理のクオリティに対して、よろしくない意味で
偏見が生まれそうな味でした。

余:何年か前に食べた時も、相当奇妙な味だと思いましたが・・・
  なぜ味の改良をしないのか・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

「パイヤール」 チョコソフトクリーム

パイヤール

池袋西武地下にある「パイヤール」のミックスソフト。400円也。

バニラ部分の味はあっさり(平凡)でしたが、チョコ部分の味は濃厚美味でした。
コーン部分にもチョコ味がついていて最後までおいしく食べれて良い感じ。

これを持ってデパ地下は歩けませんので、是非イートインでどうぞ。

余:ソフトはチョコ バニラ ミックスの3種 その他ドリンク有。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 173 街中をさまよう貞子 映画「貞子 3D」の宣伝カー

写真 172 黒いネコ

写真 171 毛繕い ネコ

写真 170 日向ぼっこネコ

ヤマザキ ランチパック 「シューマイ」

ヤマザキ

横浜中華街東園監修 「シューマイ」
「平らにしたシューマイを醤油たれで味つけしてふんわりパンにサンドしました。」


プレスされてただの肉片のようになった硬いシューマイが1個入っていました。
具が完全に偏って入っているため、味無し白パンを食べている時間の方が長く
久々に涙が出るくらい寒い気分になりました。

ランチパックって当たり外れ激しすぎ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 169 猫に心底嫌われると

映画。感想 「徳川女刑罰史」 小池朝雄

shoguns joy of
製作年:1968年
監督:石井輝男
出演:吉田輝雄
   渡辺文雄
   橘ますみ
   小池朝雄
   尾花ミキ  
評価:★★★

江戸舞台に、近親相姦兄妹・尼僧寺の愛憎劇・拷問役人と彫師の話をオムニバス形式で
描いた人間ドラマ映画。

とにかく3話目のクオリティが高いです。
小池朝雄と渡辺文雄のやり取りがあまりに熱くて、嬉しくなりました。

ただ、3話目があまりに良いので、残り2本(特に1本目)の味付けが
あっさり過ぎるというか。左程印象に残りませんでした。

まあ、全部こってりより、徐々にこってりの方が観ているほうも
疲れなくてすむとは思うのですが・・・

トータルで濃い目をご希望の場合は「徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑」(76)の方が
お勧めかもしれません。

余:あんな刺青の柄は困るな・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「Red Tails」 キューバ・グッディング・ジュニア

redtails製作年:2012年
監督:アンソニー・ヘミングウェイ
出演:キューバ・グッディング・ジュニア
   テレンス・ハワード
   ネイト・パーカー
   デヴィッド・オイェロウォ
   トリスタン・ワイルズ
   ニーヨ
評価:★★

第二次世界大戦中、実在した黒人航空部隊”Tuskegee Airmen ”の実話を元に
製作総指揮のジョージ・ルーカスが、長年温めて自腹投資してまで作った映画。

黒人差別が当たり前の時代に”Tuskegee Airmen”と呼ばれた黒人部隊が
存在し、大活躍していた事を世界中の人々に知ってもらうとか、未だに
根深く残る人種差別問題に一石を投じるという意味があり、それが
明確に表現されていれば良い作品だと思いますが、意味の深さを掘り下げる
事もなく、単純明快にただの「戦争絵本」のような内容に仕上げてしまった
感じなので、観ても観なくても良かったかな?程度の感想しか得られませんでした。

せっかく自腹を切ってまで作ったのなら、もっと限界まで切り込んだ
作品に仕上げればよかったのに。残念。

余:せめて話の大部分を占める戦闘シーンがリアルだったらなぁ・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」 池玲子

sex&fury製作年:1973年
監督:鈴木則文
出演:池玲子
   大泉滉
   根岸明美
   河津清三郎
   クリスチナ・リンドバーグ
評価:★★★+★半分


父親が殺害された際、犯人の手がかりとして残された「猪 鹿 蝶」の
花札を頼りに、敵討ちをする女の話。アクションドラマ映画。

池玲子が全裸で風呂から飛び出し、大立ち回りをするシーンがとても有名な作品。

基本、ピンク映画なので、私にはあまり必要ではないシーンも多々ありましたが
エロあだ討ちをベースにしつつ、外国人娘と日本人青年のロマンチックな恋
(やってることは凄いが)を入れちゃうウルトラCな展開が、なんともエキゾチックで
魅力的でした。

異国情緒と和の融合を原色の世界で楽しめる、ポッペン的ピンキーヴァイオレンス
映画。オススメです。

余:どうやったら、あの見えそうで見えない立ち回りが出来るのか。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「 Man on a Ledge 」 サム・ワーシントン

manontheledge
製作年:2012年
監督:アスガー・レス
出演:サム・ワーシントン
  エリザベス・バンクス
  ジェイミー・ベル
  アンソニー・マッキー
  エド・ハリス
評価:★★★

無実の罪で投獄された警官が脱獄し、向かった先は
大勢の人々が行き交うの高層ビル街のホテルだった…
自殺をほのめかし、周囲をパニックに巻き込んだ
警官の目的とは?サスペンス映画。

大都会の高層ビル群に、一種の密室状態を作り上げ(「フォーン・ブース」
(02)みたいな)「ありえない話」を、スピーディかつコンパクトに
仕上げて成功した感じの作品でした。

全体的に1分先が予測できる展開なので、緊張感はありませんが
安心のB級クオリティを楽しみたいという方には面白い1本だと思います。

余:ターミネーターの続編に出た役者って、微妙なキャリアを積み重ねる
  運命なのかしら。ニック・スタールは無事なのかしら。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 168 猫店長

映画 感想 「ラバー」 カンタン・デュピュー

rubber
原題:RUBBER
製作年:2010年
監督:カンタン・デュピュー
出演:スティーヴン・スピネラ
   ロキサーヌ・メスキダ
   ジャック・プロトニック
評価:★+★半分



1本の古タイヤが突然人格と超能力に目覚め、行動し始める話。
多分、ホラー映画。

一言で言えば、つまらない映画だった。
二言言っても良いなら、キラメキが無かった。
三言言って良いなら・・・

意味も理由もなくても、面白いものは面白い。
映画ってそういうもんだと思うんだけど。

余:ひたすら問答無用のスイカ割りだけの念力じゃなぁ。努力しようよ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 167 「野良猫三毛猫」

写真 166 武将カーネル

ドラマ 感想 「東京ラブストーリー」 鈴木保奈美

愛情故事 放送期間:1991年1月7日から3月18日 全11話+特別偏1
 原作者:柴門ふみ(ビッグコミックスピリッツ)
 演出:永山耕三 本間欧彦
 脚本:坂元裕二  
プロデューサー:大多亮
 出演:鈴木保奈美 織田裕二
    江口洋介 有森也実
    千堂あきほ 西岡徳馬
 主題歌:小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」

愛媛から上京してきた永尾完治と故郷の同級生、三上健一・関口さとみ、完治の
同僚で帰国子女の赤名リカの4人組が、友情と恋愛の間で悩みながら都会で生活していく話。

今(2012年)から約21年前。

バブル崩壊直後とはいえ、社会人1~2年目とは思えない位、お洒落な都内マンションで
1人暮らしをし、夜はバーでカクテルを飲み、1曲100円(確かあの当時はそうだった)の
カラオケを楽しみ、社内私用電話は当たり前、DCブランドの服で身をつつんで
出社します!という会社員が恋愛に悩み苦しむ本作品。

北斗の拳ばりの肩パットコートや、セーターをパンツにinしてしまうファッション、身震い
するような台詞等、感情移入するには高い文化のハードルがありますが、携帯電話も
ポケベルも普及していない時代独特の、情緒と切なさを提供してくれるので、面白いと
思います。

オーバーリアクション&素人臭い演技&(当時の)最先端だけど現実味の
ない内容を「ありえないよ!」と突っ込み馬鹿にしながら観ていたくせに
ラストでホロリとさせられてしまった自分に驚く、そんなドラマを楽しみたい方向け。

ああ、イロイロ懐かしかった。

余:女性に100%嫌われるタイプのキャラが、結局もてるという理不尽さ。
  観ていて不快だったけど、「関口さとみ」という裏番あってのドラマだったなぁ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」 クリスチナ・リンドバーグ

ポルノの女王製作年:1973年
監督:中島貞夫
出演:クリスチナ・リンドバーグ
   荒木一郎
   川谷拓三
   粟津號
評価:★

麻薬の運び屋として日本にやってきたスェーデン人女性が、出迎えに来た
ヤクザと勘違いをして一般人の車に乗り込んでしまう。しかしその車に
乗っていたのは、趣味で爆弾作りをしている根暗で卑屈で救いようの無い
青年だった・・・・エロティックドラマ映画。

センスのないポルノシーンが、無駄に延々と続くのには参りました。
既にピークを過ぎたようにしか見えなかった、リンドバーグの肌も残念でした。
(気合が入ってなかった)

全体的に、汚らしい映像が辛い1本でした。

余:じゃがいもじゃなくて、肉団子出せばよかったのに。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「怪談 蛇女」 桑原幸子

怪談蛇女Fear of the Snake Woman
製作年:1968年
監督:中川信夫
出演:河津清三郎  山城新伍
   根岸明美  賀川雪絵
   月丘千秋  桑原幸子
   村井国夫  丹波哲郎
   西村晃
評価:★★★

時は明治初期。文明開化とは程遠い東北の集落に住む貧しい小作人一家が
地主の仕打ちによって命を虫けらのように奪われた後、亡霊となって
彼らに復讐する話。和製ホラー映画。

知性の欠片もない主によって、理不尽にいびられた挙句殺された召使が
あの世から復讐します!という、定番中の定番内容の作品なので
観ていて飽きるかと思いきや、最後まで引き込まれながら鑑賞出来ました。

キング・オブ・小作人化していた西村晃、色キチ○イな
親子を演じた山城・河津、こんな姑は嫌だ!な根岸明美といった
配役の良さもありますが、ネチネチといじめられる小作人に心底同情し
地主め!となった観客が一緒になって地主に復讐した気分になれる
王道展開だから、面白いんでしょう。

やっぱり一番怖いのは、人間だと再確認出来た1本でした。

余:怪談映画って、万国共通ネタで良いと思う。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「メトロポリス」 りんたろう

メトロポリス製作年:2001年
監督:りんたろう
原作:手塚治虫「メトロポリス」
声:井元由香
  小林桂
  岡田浩暉
  富田耕生
  滝口順平
  石田太郎
評価:★+★半分

働き口をロボットに奪われた貧困層と、ロボットによって恩恵を受ける
一部の富裕層の差が激しい近未来社会を舞台に、人間とロボットが
互いの存在意義と未来を模索する様子を描いたSFアニメ映画。

映像は確かに今観ても綺麗だと思える出来だと思いますが、登場する
キャラクター全てに魅力を感じなかった、もしくは魅力を感じるような
展開ではなかったような気がしました。

映像程繊細ではなかった内容が残念だと感じた1本でした。

余:マクレーンも真っ青なケンイチの頑丈な体・・・彼の方がよっぽどロボ・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」 吉田輝雄

fc2blog_2012050112462318a.jpg製作年:1969年
監督:石井輝男
原作者:江戸川乱歩
出演:吉田輝雄
   土方巽
   賀川雪絵
   小池朝雄
   由美てる子
   小畑通子
評価:★★★+★半分


自分の過去を知らない東京の医学生「人見広介」が、無理やり監禁されていた
精神病院から脱走し、自分のルーツを求めて北陸のとある田舎に向かう。
そこで自分と瓜二つの顔をもつ地元の名士「菰田源三郎」の死亡記事を
読んだ人見は、源三郎になりすまして 菰田家に潜入するが・・・
怪奇ホラー映画。

タイトルにあるような「恐怖」という場面は特にありませんし
「悪魔の植物人間」(73)系という訳でもありません。

子供の頃に慣れ親しんだ乱歩作品が複数組み合わさって出来た内容なので
観やすいといえば、観やすい作品だと思います。

個人的には高階良子が昭和4~50年代にかけて描いていた漫画が
カラーになったらこんな感じなのかしら?と思いながら観れて
楽しかったです。

今なら問題になるであろう映像や台詞等が終始あるので、万人向けとは
思えませんが、子供の頃、こういう話や漫画、映画が好きだった人には
興味深い作品だと思います。

それでは最後に。

お か ~ さ ~ ん !!!

余:土方巽の踊るシーンは本気で怖かった。ゾッとした。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters