映画 感想 「Chronicle」デーン・デハーン

chronicle

製作年:2012年
監督:ジョシュ・トランク
出演:デーン・デハーン
    マイケル・B・ジョーダン
   アレックス・ラッセル
   マイケル・ケリー
評価:★★


かつては自慢の父だったが、勤務中の事故がきっかけで
堕落しアル中になってしまった父親と、寝たきりで
高額医療費が必要な母親と生活するさえない高校生が
ある日2人の同級生と山の中で見つけた謎の発光体に
触れたことにより超能力を身につけてしまう。
力を得たことにより、自らを追い込んで行ってしまう
若者の姿を描いた超能力サスペンス映画。

ブレブレ素人ビデオ映像をメインにつくられた
モキュメンタリー風の映画。

深く~深く~解釈すれば、社会が生んだ弱者層で押しつぶされそうに
なっている若者のストレスが大爆発‼みたいな話だとも言えるかも
しれませんが、それは相当深読みした場合の解釈であり、単純に
面倒臭い事を省いた「漫画的」かつ「感覚的」物語という
紹介でいいのかなと思いました。
主語とか述語ってなに?そんなの古くない?みたいな映画です。

起承転結がしっかりある映画を好む方には向かないと思いますが
お子様一般人が超能力者になったら、ま、こんなレベルだろうなと
いう点では共感できた作品でした。



☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

門前仲町 ラーメン 「こうかいぼう」

ラーメン

どのサイトをみても高評価・高得点。
接客もこれ以上無いという位低姿勢が好ましいとの評判のお店。
門前仲町方面に用事があったの立ち寄ってみました。

ラーメン普+卵+白米=700円を注文。
目の前に出されたラーメンは、とても美味しそうでしたが
いざ食べてみると、一口目からインスタントラーメンを作る時
面倒臭がってゆでた麺のヌメヌメをとらず、決まった用法を無視し
多めのぬるま湯でスープを割ってしまって気まずい思いをした時の
気持ちになりました。

並びも10分以内、接客も丁寧、店内も清潔感あり。
それでも「無理なものは無理」と感じた私は、ジャンクで気の毒な
マイノリティかもしれません。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

ダイバーシティ 「カルビープラス ダイバーシティ東京プラザ店」

カルビープラス ダイバーシティ東京プラザ店
店舗内容:物販コーナー+ホットスナック
     できたてポテトチップス ポテりこ他販売
お店の詳細はコチラ

現在国内に5店舗あるカルビープラスの新店舗で「ポテりこ」と
「できたてポテト+ロイズチョコかけ」を食べてきました。

カルビー
手前「ポテりこ」240円。
揚げたてなので、じゃがりこのようなサクサク感はまったくなく
とっても軟らかかったです。ソフト過ぎて好き嫌いが分かれそうでした。

カルビー
ロイスチョコがかかった「できたてポテトチップ 厚切り」。240円
食べようとしたら溶けていたチョコポッキーのような感じ。
また「できたて」に当たらなかったのか、中途半端なチップのぬるさが
気になりました。(だまってチーズにしておけば・・)

どちらも・・・混んでいたわりにはスムーズに出てきたし味も普通でしたが
結構量が多いので、最後に飽きる(気持ち悪くなる)可能性アリなので
注意が必要かも。

2種類なら3人位で食べれば、丁度いいかもしれません。

余:お土産は圧倒的に「じゃがピリカ」が人気でした。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

岩手県 盛岡 旅行 「盛岡駅でみかけた告知」

写真 165 ネコ

写真 164 ネコ

映画 感想 「ブラック&ホワイト」 リース・ウィザースプーン

ブラック&ホワイト
原題:THIS MEANS WAR
製作年:2012年
監督:マックG
出演:リース・ウィザースプーン
   クリス・パイン
   トム・ハーディ
   チェルシー・ハンドラー
評価:★★+★半分


CIAの肉体派敏腕エージェントコンビが、一人の女性を巡り、職権乱用
しながら熾烈な恋のゲームを繰り広げる話。コメディアクション映画。

見慣れるまで時間がかかるけど、慣れればキュートで子リスのような
リース・ウィザースプーンと「Warrior」 (2011) みたいな体を張った
演技がステキなトム・ハーディ、青い目玉が凄いクリス・パインが
とってもくだらないエロコメを頑張って演じていました。

くだらないけど、気軽で気さくで気楽な1本。
誰でも楽しめるのではないでしょうか。

頭からっぽに笑いたいときにどうぞ。

余:結局チェルシー・ハンドラーはお母さん役?
  (悪人はお母さんって言ってたよな・・あんな親子やだな・・)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

ダイバーシティ 「ガンダムフロント東京」

P1020382.jpg
 2012年4月19日・ダイバーシティにオープンした
 「ガンダムフロント東京」に行って来ました。
 公式サイトはコチラ

 いつでも歴代のガンプラを観賞出来る無料ゾーンと
 千円の事前予約券or当日券(千二百円)を購入し、ストライク
 フリーダムガンダムの1/1サイズ胸像や
 1/1コア・ファイター等を観賞する有料ゾーンに
 分かれているガンダムフロント。

 今回、せっかくだから有料ゾーンも入ってみたましたが。


ガンダム

ガンダム

ガンダム なんというか。
 
 わざわざ時間指定にしている意味がないのでは?という
 効率の悪い入場システムにウンザリしたせいもあり
 30分以上無駄に並ばされて疲れ果てた自分には
 有料施設を気持ちよく観賞出来る体力が残らず、結果5百円程度の
 入場料が妥当だったなぁという感想しか残りませんでした。

 もちろん、個人的な体力の無さはさておいても、不自然な首の角度で
 立ったままの観賞を強いられるDOME-Gなるアトラクションの
 価値も微妙だったし、1/1フィギュア以外にめぼしいアトラクションが
 なかった事も、残念に思った要因の一つ。とにかく期待していた程の
 満足度は得られませんでした。

ガンダム
 
  ガンダム

 ビックリするほどショボイ訳ではないものの、もう少し観客の心を動かす施設に
 しないとリピーターは望めないだろうなと感じた有料ゾーンでした。

 要改善。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「脱出」 ジョン・ヴォイト

deliberance
原題:DELIVERANCE
製作年:1972年
監督:ジョン・ブアマン
原作:ジェームズ・ディッキー
出演:ジョン・ヴォイト
   バート・レイノルズ
   ロニー・コックス
   ネッド・ビーティ
評価:★★★+★半分

休暇を利用し、ダム建設によって消え行く運命にある山奥の河で
カヌー下りを計画した都会の男4人組。
それなりに楽しく自然を楽しんでいたはずだった彼らが、地元民との
トラブルが原因でとんでもない事態に巻き込まれていってしまうサスペンス映画。

都会の人間が田舎に行って酷い目に合うというパターンはサスペンスや
ホラー映画にありがちな展開ですが、この作品は非現実的というよりは
「もしかしたら、ありゆるかも」という身近な雰囲気を残しつつ
不気味で後味の悪い展開で観客を複雑な心境にさせてくれる映画なので
重くて暗いサスペンスとしてアリな1本。

濃すぎて他者を受け入れられない人々と、希薄すぎる人間関係の中に生きている人。
その両方に平等であり、厳しい存在である自然のコントラストが興味深かったです。

ただ、中盤からの展開と、登場人物達の背景がもう少し分かりやすければ
もっと楽しめたかなとも思いました。

身近で現実的な雰囲気を残している分、派手さも驚きも少ないし
今風の面白さとはかけ離れている作品だと思いますので、評判だけで
観ると退屈する人もいるかもしれませんが、観て損はない1本だと思います。

余:まさか山の中であんな展開になるとは思わなかった。あれは生理的に
  受け入れがたい。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「盲獣」 船越英二

blind
製作年:1969年
監督:増村保造
原作:江戸川乱歩
出演:船越英二
   緑魔子
   千石規子
評価:★★★+★半分


彫刻のモデルになって欲しいと、盲目の男「道夫」とその母親によって
拉致されたモデルの島アキ。彼女が自分に対して異様で執拗な
想いを寄せてくる親子との監禁生活を送るうちに、自らも
闇の世界にのめりこんでいってしまう様子を描いたドラマ映画。

道夫のアトリエ造形が素晴らしく、3人の役者だけで
濃密な世界観を生んでいる、味ある作品。

ハリボテ女体の腹上が彼らの世界の中心だった事と
母であると同時に女であり、子であると同時に男であった
親子関係に他人(女)が入った後の関係の描き方が
独特で、興味深かったです。

昔の映画なので、よく言えば台詞がクリアー、悪く言えば
棒読みな部分は気になりましたが、基本、3人とも雰囲気が
ある為、気に入ればミッチリ楽しめる作品ではないでしょうか。

bb

好きな人は好き。
そういう映画だと思います。

余:緑魔子の、なんとも小悪魔でエロくない体が素敵だった。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「バトルシップ」 テイラー・キッチュ

バトルシップ原題:BATTLESHIP
製作年:2012年
監督:ピーター・バーグ
出演:テイラー・キッチュ
   アレキサンダー・スカルスガルド
   リアーナ
   ブルックリン・デッカー
   浅野忠信
   リーアム・ニーソン
評価:★★

知能は高いけれど、人間的にアホな主人公が所属するUSネイビーと
超☆自衛隊エリートなんだろうな~と思われる日本人船長が力を合わせて
地球外生物と戦い、世界を救う話。SFアクション映画。

学習能力がないのか、またも自己満足の為に「生き物、みな友達」と
熱いメッセージを宇宙に送ったアメリカ人のせいで、全人類が
大迷惑をこうむってしまうものの、地球警察アメリカが世界を
救うから(単なる尻拭い)許してちょ!という
ありがちな内容でしたが、そこそこ楽しめました。

まあ、CGも役者の演技も脚本(これは酷い方かな。結構スベってた)も
特筆する点はありませんが、スケールが大きいようでかなり小さく
頭をまったく使わなくてもいい内容だったからか、観やすかったのかも
しれません。

いやはや。
とにかく老人萌えな1本でした。

余:"Interstate Love Song"がかかっただけで、幸せ~

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ナイルの宝石」 マイケル・ダグラス

ナイルの宝石原題:THE JEWEL OF THE NILE
製作年:1985年
監督:ルイス・ティーグ
出演:キャスリーン・ターナー
   マイケル・ダグラス
   ダニー・デヴィート
   スピロス・フォーカス
   アブナー・アイゼンバーグ
評価:★+★半分

前作「ロマンシング・ストーン」(84)で結ばれたものの
マンネリ化した二人の関係に悩んでいたジャックとジョーの2人が
小悪党ラルと共に、「ナイルの宝石」を巡って新たな冒険に
巻き込まれる話。アクション・ロマコメ映画。

前作の「大人向けロマコメ」から、ただのドタバタ・グタグタ
コメディになってしまった2作目。

強いて言えばマンネリ化した中年カップルの行く末を
見守るだけの内容で、特筆する要素もなく・・・・

本当に、なんでこんなにグタグタになっちゃったのか。

皆さん、無かった事にしたかったんじゃないかと思う位
グタグタな続編でした。

余:グタグタ グタグタ 

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

アニメ 映画 感想 「1000年女王 劇場版」 松本零士

女王製作年:1982年
監督:明比正行
原作者:松本零士
声優:潘恵子
   戸田恵子
   永井一郎
   野島昭生
   古谷徹
   増山江威子
評価:★+★半分

人類誕生より1000年に一度、女王を送りこみ、影ながら地球を統治してきた
ラーメタル人によって、今まさに乗っ取られそうになった地球を守る為に
立ち上がった天文台員兼中学教師である雪野弥生(1000年女王)と
生徒の雨森始の物語。SFアニメ映画。

「1000年女王」はこの劇場版しか観た事がないので、漫画版・TV版と
通して作品を観ている方とは評価が異なると思いますが、本作品のみで
作品の魅力が伝わってくる程出来が良いものとは思えませんでした。

惑星と種の存続をかけた戦いにしては、どことなくスケールが小さいし
いくらなんでも突っ込み満載な内容にも共感出来ず。

1つ1つの台詞は悪いと思いませんし、声優さんの演技も素晴らしかったと
思いますが、どうも心の動きが伝わりにくく、深みを感じない1本でした。

余:漫画・テレビ・劇場版と、大好きで観た「999」のように
  思い入れがあれば・・・?

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 163 ネコ

岩手県 盛岡旅行 八幡宮前の昭和な世界

旅の途中、「盛岡八幡宮手前の細い路地」が楽しいよという
地元民様からの情報を頼りに、路地を散策してみました。

結果

チェリーナ

入ったが最後、二度と健全な状態で出てこれなさそうな
「ヤングチェリーナ」とか

たぬき

壁一面をぶちぬく「タヌキ彫刻」とか

人形

旅の思い出としては強烈過ぎる、等身大の手作り店番お人形さん等を
楽しむことが出来ました。

由緒正しい八幡宮手前の「昭和ワープスポット」。
地元民様、ステキな観光場所を教えてくれてありがとう・・・

余:お人形さんを快く撮影させてくれた上、お人形さんについて
  イロイロ教えてくれた持ち主様、ありがとうございました。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 162 のびるねこ

写真 161 遠い目

写真 160 夜桜

写真 159 ねこ

写真 158 いぬ

映画 感想 「0課の女 赤い手錠」 杉本美樹

zero製作年:1974年
監督:野田幸男
原作者:篠原とおる
出演:杉本美樹
   郷英治
   丹波哲郎
   荒木一郎
   室田日出男
   丹波哲郎
評価:★★★+★半分

あらゆる手段をもって凶悪犯を追い詰める警視庁
秘密捜査課「0課」の女刑事「零」が、時期総理大臣候補の
娘を誘拐した犯人グループを追う話。エロティックアクション映画。

タイトルとおり「赤い」手錠(ワッパ)、「赤い」警察手帳、「赤い」
ピストルを持つ零の活躍より、民放ではちょっと流せませんね・・という
犯人グループのエゲつない活躍と、室田日出男の体をはった演技(「狂った
野獣」の歩道橋ダイブを思い出しちゃったよ)丹波哲郎演じる「偉い人」の
醜さ、郷栄治演じる犯人のキチ○イ度が強く印象に残る作品です。

もちろん0課の女を演じた杉本美樹は美しかったですが・・・
脇役達が強すぎて、ちょっと損した感じだったかも。

マカロニウエスタンな雰囲気と、和のシケった空気が味わえる1本。
海外でも人気があるのもうなずけます。
主人公がまったく活躍しないオススメ映画です。

余:で。
  結局、演劇外国人達は蒸し焼き?

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「恐怖と戦慄の美女」 カレン・ブラック

戦慄
原題:TRILOGY OF TERROR
製作年:1975年
監督:ダン・カーティス
原作:ウィリアム・F・ノーラン
   リチャード・マシスン
出演:カレン・ブラック
   ジョン・カーレン
   ジョージ・ゲインズ
評価:★★★+★半分

短編3話構成のTVムービー。

生徒に一服盛られ、恥ずかしい写真を撮られてしまった
さえない女教師の話を描いた1話目、互いに心底憎みあう
姉妹同士の話を描いた2話目も悪くないですが
3話目の面白さがずば抜けているオムニバスです。

彼氏にプレゼントする為に購入したズーニー人形のせいで
驚愕の体験をする事になってしまった女性の話を描いた3話目と
戦慄美女カレン・ブラックの迫真の演技が
あってこそ、作品が成り立つと
断言しても良い位。
下手なホラーを観る位なら
この3話目を観た方が余程
人生の為になると思います。


まさにホラー=娯楽と思わせてくれる、素晴らしいTVMです。オススメ。

余:何故ズーニー相手に真剣白刃取りなんだよ~!!無理だよ~!!

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「アーティスト」 ジャン・デュジャルダン

artist原題:The Artist
製作年:2011年
監督:ミシェル・アザナヴィシウス
出演:ジャン・デュジャルダン
   ベレニス・ベジョ
   アギー(犬)
   ジョン・グッドマン
   マルコム・マクダウェル
評価:★★★★+★半分

サイレント(無声)映画に固執するあまり、栄光のトップスターの座から
転落してしまった男優と、彼に憧れ映画の世界に飛び込んだ少女が
トーキー(発声)映画のスターとして成功していく姿を描いたドラマ映画。
2012年のアカデミー賞作品賞。

白黒・サイレントの映画というだけで受け入れられない人もいるだろうし
想像のつきやすい古典的内容に価値を感じない人も沢山いると思います。
実際、何て斬新で素晴らしく、役者の演技も完璧だ!という訳でもないと
思います。

ただ、与えられる台詞をなぞるのではなく、スクリーンに映し出される映像を
頼りに、登場人物の喜怒哀楽を解釈し、想像し、楽しむといった
映画の原点を、今、経験出来て良かったなと思える人には価値ある作品だと
思います。

楽しい1本でした。

余:ジョン・グッドマンを久しぶりに観た気がする・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「女番長ゲリラ」 杉本美樹

girlboss
製作年:1972年
監督:鈴木則文
出演:杉本美樹
   池玲子
   成瀬正孝
   安部徹
   あがた森魚 カシアス内藤
評価:★★★+★半分

旅行先の京都で番をはることになった新宿赤ヘル団員とボスの幸子。
せっかく稼いだ金を地元ヤクザに横取りされてしまう事に嫌気が
さしていたそんな時、幸子は、6回戦ボクサーと恋に落ちる。
しかし、2人を待っていたのは過酷な結末だった・・・女番長シリーズ3作目。

某西○警察並みに、スポンサー名がガンガン出てきたり、時代背景として
あがた森魚やカシアス内藤が出演している点もユニークですが
前半のとぼけた展開から後半のシリアス路線に持ち込むテンポの良さが
抜群な作品です。

こんなにズベ公じゃなくても!と思ってしまいますが、半端ない
ズベぶりが観客の心を掴むんでしょうね。楽しい。

笑いあり、色気あり、涙あり。
バランス良いピンキーバイオレンスだと思います。オススメ。

余:マイトの作り方も、女番長は知っていなければいけないのだ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」 杉本美樹

恐怖女子高校
製作年:1973年
監督:鈴木則文
出演:杉本美樹
   池玲子
   渡瀬恒彦
   金子信雄
   北村英三
評価:★★★+★半分

「希望学園」は、表向きは大物政治家が善意で経営する女子高だが
裏では全国各地のスケ番長グループや悪徳教員が学園を牛耳る
悪の巣窟だった・・・ リンチで殺された仲間の仇を討つため
学園に侵入した十字架番長・典子とその仲間達が、巨大な悪を
打ちのめす様子を描いた、暴力アクション。恐怖女子高校シリーズ2作目。

バイオレンス面においても、ポルノ面においても、バリエーション豊かで
気合も充分!とても面白く観れる作品です。

今となっては女優さん達のセリフや行動の全てが大爆笑の
対象になるような内容なので、若干真剣に観れない方もいるかと
思いますが、70年代ピンキーバイオレンスの魅力が溢れた
展開だと思います。

金子信雄目当てでもいいから、楽しんでもらいたい1本です。

余:「13年早い」って。えらい明確だな。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「前科おんな 殺し節」 池玲子

前科おんな製作年:1973年
監督:三堀篤
出演:池玲子 
   杉本美樹
   片山由美子
   風間千代子
   宗田政美  
   地井武男 葉山良二
評価:★★+★半分

暴力団に殺害された父親の仇をとろうとするも失敗し、女子刑務所に
入ることになった主人公が、出所後、敵対する暴力団同士を上手く利用し
再び復讐しようとする女の執念を描いたクライムアクション映画。

ライフルの腕前がゴルゴ並みの主人公を演じた池玲子さん効果でしょうか。
全体的にお上品でバランス良く仕上がっていると作品でしたが
荒々しさや盛り上がりに欠けていたせいか、特別印象に残る
シーンや台詞が少なく、今一歩、魅力に欠ける作品でした。

期待しすぎると微妙に感じる1本かもしれません。

余:杉本美樹の出番が少なかったなぁ。残念。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters