FC2ブログ

映画 感想 「Dream House」 ダニエル・クレイグ

dreamhouse
製作年:2011年
監督:ジム・シェリダン
出演:ダニエル・クレイグ
   レイチェル・ワイズ
   ナオミ・ワッツ
評価:★+★半分




愛する妻子と共に、大都会での職を辞して郊外の一軒家を購入し
新生活を始めた主人公。しかしその家は、凄惨な事件が起こった
いわく付きの物件だった・・・夢のマイホームと家族を守る為、問題に
立ち向かう主人公が直面した真相とは・・・ ミステリー映画。

お話はアレとかソレとか云々がベースなんだなと(タイトルを言うと
一発でネタバレになるからアウト)思われる本作品。
う~ん。早い段階で筋が読める&サスペンスなのか恐怖系なのか
ドラマなのか、方向性がみえない展開。
正直、作り手のアイディアがまとまりきらなかった失敗作だと思いました。

また、寝転んでも6つに割れたフカフカの腹筋をもつクレイグの
鍛えすぎた体も、役柄とはかけ離れていたような・・・・
(ただのスエットすら美しく着こなしてしまうあの体。オカシイヨ)

とにかくかみ合わない1本だったと思います。
もったいない、もったいない。
スポンサーサイト





☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「50/50  フィフティ・フィフティ」 ジョセフ・ゴードン=レヴィット

50/50原題:50/50
製作年:2011年
監督:ジョナサン・レヴィン
脚本:ウィル・ライザー
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット
   セス・ローゲン
   アナ・ケンドリック
   ブライス・ダラス・ハワード
   アンジェリカ・ヒューストン
評価:★★★★

ある日突然生存率が50%というガンの告知を受けた青年と
彼の人生に関わる人々の話。
ガンを完治したウィル・ライザー(脚本)の体験を基に描かれたドラマ映画。

難しい医学的な話はほぼ出てこないし、酷く重い言葉や表現も
多用していません。むしろ「おいおい!」と苦笑したくなる
ブラックユーモアタップリで、笑える場面が多いくらいの話なのに
不思議と「ある日突然生死に関わる病気になった」本人と周囲の人々の
戸惑いと想いが自然に伝わってくる作品。

“I’m tired of being sick.”

不自然すぎず、難しすぎず重すぎず、形式ばらず。
静かに進む話の中で、一瞬出てくる感情に
胸を揺さぶられる。そんな良い1本でした。

余:まさかPearl Jamの"Yellow Ledbetter"がかかるとは思わなかった。
  ダブルで胸が熱くなった。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters