ドラゴンクエスト25周年 ファミリーマート 「スライム肉まん」

ドラゴンクエスト 25周年記念品 1個170円
2011年11月29日より、ファミリーマートにて販売開始。

「スライム肉まん」

スライム

詳細は⇒  「コチラ」 よりどうぞ。


余:中身は普通の肉まんでした

スライム

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 146 苦悩顔ネコ

写真 145 ウンコ中なネコ

写真 144 出てこないネコ

写真 143 疑り深いネコ

写真 142 丹下ネコ

京都 叡山電鉄 「えいでん!×けいおん!トレイン」

エイデン

平成23年9月1日(木)から12月下旬迄 運行中。

アニメ「けいおん!!」コラボ 特別列車「えいでん!×けいおん!トレイン」
運行状況はコチラから確認出来るようです。

エイデン

天下一品食べたさに乗った電車が、たまたま柄付の特別列車でした。
ちょっぴり周囲の雰囲気からは・・・浮いていたような・・・?

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

京都 「イノダコーヒ 本店 京の朝食」 老舗珈琲店

イノダ イノダ 
イノダコーヒ
住所: 京都市中京区堺町通り三条下ル道祐町

1940年創業の老舗コーヒー店。
コーヒー1杯500円~という喫茶なので、普段ドトールやマックカフェでも
文句を言わない当方には少々お高いお店でしたが、素敵な朝食を味わってみたい
気分だったので訪問しました(丁度8時位のベストタイムだったせいか
混雑していたけれど、200席近くあるお店なので、それほど待たなかった)

イノダ
「京の朝食」 玉子・サラダ・ハム・パン・ジュース+珈琲or紅茶付 1200円也。

イノダ
「ロールパンセット」(珈琲orス-プ付) 780円也。

イノダ 上記2品合わせて1980円。
 1980円払ってまで食べたい味かと
 問われれば、困ってしまう位「普通」の
 味でした。本当、普通。
 感想、以上!といったところ。

 こうなると「高いだけだったか~」とガッカリ
 するところなのですが・・・・
 滞在中、時間を忘れる位のんびり
 出来た+まったくせかされる事も
 他のお客を身近に感じる事もなく
 巨大チェーン店では得られない
 満足度を得られてしまったせいか
 お店を出た後、不思議と「また来たい」と
 思ってしまいました。う~ん。不思議。

↑お手洗の前には、何故か生きたインコ?オウム??が入ったカゴが吊るされていました。
 猛烈な勢いでチーチー鳴いていました(野性の「音姫」みたいなもんか??)


多分、メモリアル席と呼ばれる創業当時の雰囲気で作られた席に案内してもらった事も
満足度が上がった一因だとは思いますが、贅沢な言い方をすると、ゆったりした時間と
空間にお金を払ったor味わえたと感じる事が出来たんだと思います(大人な感想だ!)

近くに滞在する機会があれば、また訊ねてみたい。素敵なお店でした。

余:観光客より、常連客の方が多かった。それって、地味に凄い。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

京都  「天下一品 総本店」 スジ肉入りラーメン

天下一品
 京都 
 「天下一品 総本店」
 住所:京都市左京区一乗寺白川通北大路下ル西側
    メゾン白川 1F

 叡山電車「茶山駅」から、あまり人通りのない
 普通の住宅街を抜けながら、進む事約10分程(徒歩)
 の所にある「天下一品」総本店。

 ランチタイムをやや外して訪れたので並ぶ事はありません
 でしたが、それでも店内はなじみのお客さんでほぼ満席と
 いった感じ。平日にも関わらず繁盛していました。
 

天下一品
今回頼んだのは、他店舗には無いらしい「すじ肉入りラーメン」
(並)で830円也。

ホロホロに煮込まれた甘い味付けのスジ肉入りのラーメン。
観光地ではない場所まで、わざわざ時間をかけて行った甲斐が
あったと思う位、スジ肉とこってりした汁の相性が良く、美味しかったです。
ハマって良く食べていた、関東進出初期の味を思い出しました。

ドロドロになった茹で玉子を潰したような「臭い」汁を出す店舗に
連続で当って以来、食べなくなってしまった天下一品でしたが
やはり美味しい店に当ると、美味しいですね(当り前か)

天下一品が好きな方なら、京都観光のついでに尋ねてみても損は無いと
思いますよ。

余:入れすぎると後で観光のとき自分が臭くて大変ですが、無料で食べれる
  ニラも美味しかったです!

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「Bad Teacher 」 キャメロン・ディアス

bad teacher製作年:2011年
監督:ジェイク・カスダン
出演:キャメロン・ディアス
   ジャスティン・ティンバーレイク
   ジェイソン・シーゲル
   ルーシー・パンチ
評価:★★+★半分



自分の人生を全力でサポートしてくれる「お金持ち」と結婚する為に
ありとあらゆる手段をとる不良中学校教師が、豊胸手術費用を捻出しようと
生徒や同僚教師を踏み台にしていく話。コメディ映画。

出演者も魅力的だし、ブラックコメディとして笑える場面も多々あるけれど
物語に起伏が少なく、なんとなく終わっちゃった感じのする話でした。
ただ、学校×教師モノにありがちな「最後は真面目になる」
「最後は皆で一致団結」という展開じゃなかった点は良かったです。

何歳になってもスタイルが良く、ルブタンの靴を颯爽と履きこなす
ディアスは素敵だったけど、やや過激な台詞や言動を、もっと効果的に
使えれば、面白さが増したかなと思えた1本でした。

余:「野獣教師」(96)のビデオも使って欲しかったな~

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 141 路地裏のネコ

映画 感想 「新ゾンビ」 オラフ・イッテンバッハ

premutos
原題:PREMUTOS
製作年:1998年
監督:オラフ・イッテンバッハ
出演:アンドレ・ストライ
   エリア・ウェルマン
   クリストファー・ステイシー
   オラフ・イッテンバッハ
評価:★★


古の時代から死者を蘇らせる事が出来るプレミュトスなるものが
現代ドイツに蘇る話。スプラッタ映画。

この作品を観ると、たいがいの方が「ブレインデッド」(92)を思い出すのでは
ないかと思うのですが、全編通して面白く斬新だった「ブレインデッド」とは
異なり、本作はラストの連続ゴアシーン以外、本当の意味で「楽しめる」作品とは
言い難い点が残念かな~と思う作品。

ただ、やはりラストの盛り上がりは楽しいです。
卑怯だろ!という飛び道具含め、思いついたものは全て採用!みたいな監督の
チャレンジ精神は評価出来ます。

個人的にはゴアよりもお鼻クソをもてあそぶシーンや、SMの本場を垣間見た
シーンの方が印象に残りましたが・・・・
オラフ・イッテンバッハのオカシイ方向性を学びたい方は是非どうぞ。

余:これが好きな人は「エイリアンズ」(05)とかも好きかも?

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ハロウィン1988 地獄のロック&ローラー 」 チャールズ・マーティン・スミス

TRICK OR TREAT原題:TRICK OR TREAT
製作年:1986年
監督:チャールズ・マーティン・スミス
出演:マーク・プライス
  トニー・フィールズ
  ジーン・シモンズ
  オジー・オズボーン
  チャールズ・マーティン・スミス
評価:★+★半分

ハードロック好きのいじめられっ子少年が、焼死し悪霊化したロックスターに
とりつかれてしまいう話。学園ホラー映画。

昔観た事に途中で気がついても「ま、いっか」と最後まで鑑賞する位なので
好きなジャンルの映画に間違いないのですが、面白くはないです。
いろんな映画のミックス作品といった感じ。

オジーやシモンズの名前が出演者リストに入っていますが、1~2分位出ているだけで
メインではないし(当たり前か)「ハロウィン」イベントが深く関係する話でもないし。

ただ、なんとなくこの当時のロックに興味がある人は面白いかも。
そんな映画です。

余:運動部&チアリーダーを頂点とした学園ピラミッドって、まだ存在するのであろうか。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「バーニング・ムーン」 オラフ・イッテンバッハ

THE BURNING MOON
原題:THE BURNING MOON
製作年:1992年
監督:オラフ・イッテンバッハ
出演:オルフ・インテンビッチ
   ベティ・ニューマイヤー
   ベランド・マッゲンザレル
   アンドレ・ストライ
評価:★★

精神病院から脱走した美男に追われる女性の悲劇を描いた「ジュリアの恋」と
悪魔崇拝の神父と村八分にあっている男が地獄で繰り広げる復讐劇を描いた
「純潔」の2本立て。オムニバスホラー映画。

個人的には「ジュリアの恋」で車にはねられる○○や、脅威の威力を持つ拳銃シーン等に
オルフ・インテンバッハクオリティの高さを感じましたが、やはりドリフではなくホラーなので
「純潔」のラスト10分程に作品の核をみた!といった鑑賞が正しいと思います。
(あんまりくどいから、途中で飽きてしまいましたが)

センスがいいのか悪いのか、判断が難しいところですが、コレ系に理解のない人と
ウケ狙いで鑑賞するなら、前半で止めといた方が良いかな~と思う1本です。

余:ホラーのお約束「お着替えシーン」の手ぬるさを考慮しても
  本当に「ジュリアの恋」は面白かったです。前半だけなら★5つ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ファンタスティック Mr.FOX」 ウェス・アンダーソン

Fantastic Mr. Fox原題:Fantastic Mr. Fox
製作年:2009年
監督:ウェス・アンダーソン
原作:ロアルド・ダール
    「父さんギツネバンザイ」
出演(声):ジョージ・クルーニー メリル・ストリープ
      ビル・マーレイ ウィレム・デフォー 
     オーウェン・ウィルソン
評価:★★★+★半分

安定しているが退屈な生活を送っていた元泥棒のMr.フォックスが
妻子に隠れてスリリングな泥棒生活に戻ったものの、盗んだ先の人間に
こっぴどく追い掛け回され、動物仲間にまで迷惑をかけるハメになってしまう。
ワイルドアニマル人形劇。

子供の頃に慣れ親しんだ「なめらか一歩手前の動き」と
人形ならではの質感や柔らかさが、物語の世界観とマッチして
生かされているな~と思いました。

子供もターゲットにしているヌルい話ではなく、コミカルで単純だけど
ダークで皮肉っぽい部分が多い点もいい感じです。
(子供客も狙ってる作品は、出来が中途半端だからイマイチ・・・)

安定した平凡な暮らしよりも、野性に戻れ!って、人間には簡単に
出来る事ではないけれど、素敵な志だと感じた1本でした。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「 Colombiana 」 ゾーイ・サルダナ

colombiana
製作年:2011年
監督:オリヴィエ・メガトン
製作:リュック・ベッソン
出演:ゾーイ・サルダナ
   クリフ・カーティス
   ジョルディ・モリャ
評価:★★


幼い頃にコロンビアマフィアに所属していた両親を、同組織の仲間に
目の前で殺された少女が、数年後、プロの暗殺者として成長し
マフィアに復讐する話。アクション映画。

美しく若い女性暗殺者が、スタイリッシュにおっさんマフィアを
ボコボコにしていくだけの話。
ご都合展開&イメージ先行型なので、中身はスカスカです。

観ている間だけ適当に楽しめればいいかな?という方向け。
(くだらなくて笑えるという意味では「96時間」(08)の方がレベル高)

余:ゾーイ・サルダナ。細すぎるけど、綺麗な体だなぁ・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 140 ダイネコ VS コネコ

映画 感想 「天国から来たチャンピオン」 ウォーレン・ベイティ

天国から来たチャンピオン原題:HEAVEN CAN WAIT
製作年:1978年
監督:ウォーレン・ベイティ
   バック・ヘンリー
出演:ウォーレン・ベイティ
   ジュリー・クリスティ
   ジェームズ・メイソン
   ジャック・ウォーデン
評価:★★★+★半分

夢のスーパーボウル出場手前で交通事故に遭い天国に召された主人公。
実は寿命が50年も残っているのに天国に連れていかれそうになった事が分かった
彼は、他者の体をかりて再び地上に戻り人生を取り戻そうとするが・・・
「幽霊紐育を歩く」(41)リメイクのファンタジードラマ映画。

「天国からきた~」というタイトル通り、死人が現世にやってくる話ですが
暗さや湿っぽさは微塵も無く、ポジティブの塊のような主人公のおかげで
前向きな気持ちで鑑賞出来る素敵な作品。
人生をかけた目標の為なら、どのような状況でも全力で向き合います!という
姿勢が、やや暑苦しく伝わってきます。

邦題のセンスは悪いと思いますが良作ですし、死者が生きている人とコンタクトする
映画ブーム?のハシリになった作品でもあると思います。
暖かい気持ちになりたい気分の時に、是非どうぞ。

余:ジュリー・クリスティが美しかった。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「フィリップ、きみを愛してる!」 ジム・キャリー

i love you phillip morris
原題:I love you phillip morris
製作年:2009年
監督:グレン・フィカーラ
   ジョン・レクア
出演:ジム・キャリー
   ユアン・マクレガー
   レスリー・マン
評価:★★★+★半分


IQ169・元警官・天才詐欺師・天才脱獄犯、そして現在懲役167年の刑で服役中。
実在の人物「スティーヴン・ラッセル」の半生を描いたコメディドラマ映画。

妻子持ち経験がありながら、ゲイに目覚め、犯罪に走り、刑務所で出逢った
フィリップ・モリスと恋に落ち、愛する恋人の為に嘘で塗り固めた人生を
爆走する主人公・・・・

「本当に実話ベースですか?」と疑いたくなる内容ですが
キャリーとマクレガーの演技が上手すぎるので、「もし嘘だとしても
ココまで面白ければイイや!」となる位「生きている映画」だと思います。

最初から最後まで、ありえない事ばかりなのに、とっても自然でたくましい・・・
「事実は小説より奇なり」を体験したい方、どうぞ。

余:実際の2人も、普通にイイ男だったな・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 139 のぞきみネコ

写真 138 椿と太めのネコ

カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters