スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「バットマン フォーエヴァー」 ヴァル・キルマー

badmanforever原題:Batman Forever
製作年:1995年
監督:ジョエル・シュマッカー
出演:ヴァル・キルマー
   トミー・リー・ジョーンズ
   ニコール・キッドマン
   ジム・キャリー ドリュー・バリモア
   クリス・オドネル
評価:★★

緑のなぞなぞ怪人リドラー&顔が硫酸で半分溶けてるトゥーフェイスの
悪コンビと、正義のバッドマン&ロビンの戦いを描いたアクション映画。

色使い、衣装、演出は気持ち良い位派手で面白いのですが
オーバーアクティングがクドイ悪コンビと、印象に残らない
正義の味方がつまらないシリーズ3作目(何度観ても、内容を忘れる・・・)

顔は同じく四角いけれど、やっぱりバッドマンはマイケル・キートン。
影の薄いヴァル・キルマーが可哀相な1本だと思います。

余:当時、汗だくでジム・キャリーが演じていたリドラーが
  「ナンデスカマン」とかぶって見えていました。
スポンサーサイト


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「モールス」 クロエ・グレース・モレッツ

letmein
原題:Let Me In
製作年:2010年
監督:マット・リーヴス
原作者:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
出演:コディ・スミット=マクフィー
   クロエ・モレッツ
   リチャード・ジェンキンス
評価:★★+★半分

「ぼくのエリ 200歳の少女」(08)のハリウッドリメイク版。
苛められっ子の主人公が、近所に引っ越して来た謎の美少女と
交流を深めるうちに、彼女の秘密に関わっていってしまう話。
ファンタジーラブホラー映画。

08年版を劇場鑑賞した時は、出来云々よりも土地(スウェーデン)&
人々&湿気が内容とマッチしていて味ある作品になっているな~と
思いました。10年版は内容がほぼ同じとはいえ、土地と雰囲気と
アメリカらしいストレートな表現が、作風とマッチしていなかった
気がしました。

もちろんハリウッド版の方が分かりやすい残虐シーンがあったりするし
主役のモレッツも「キックアス」(10)で日本ブレイクしたから
とっつきやすさはこちらの方が断然上だと思いますが・・・

全体的に08年版程の雰囲気を感じる事が出来なかった1本でした。

余:もともと雰囲気勝負な映画だったしな~

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「SUPER 8 スーパーエイト」 J・J・エイブラムス

super8
原題:SUPER 8
製作年:2011年
監督:J・J・エイブラムス
製作:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ジョエル・コートニー
   エル・ファニング
   カイル・チャンドラー
   ライリー・グリフィス 
評価:★★★

1979年。8ミリカメラで自主製作映画を撮っていた少年少女が
列車事故を偶然目撃してしまった事から、軍関係の秘密に関わって
しまい・・・ファンタジーSFドラマ映画。
(タイトルの「スーパー8」とは、コダックの8ミリフィルム規格の事でOK?)

とにかく出演している子供の台詞や動きが可愛らしい映画です。
「E.T」(82)「グーニーズ」(85)「スタンドバイミー」(86)
「IT」(90)等のように、子供達が大人顔負けの行動力で、困難を乗り越えていく姿を
描いた、くすぐったい映画。

もし、主人公達の年齢が小学生ではなく、高校生や大学生だったら
絶対ここまで胸キュンで観れないだろうなと思います。
(大人が主役だったら、金のかかったありがち焼き増しB級大作
 って感じの内容・・と言えなくもないし)

7~80年代に子供だった大人にオススメの1本です。
(生まれた時から情報社会という年代の人には、しっくりこないかも。)

なお、完全にご都合主義ファンタジーです。突っ込むとつまらなくなります。
気を楽にして、クリームソーダーとポップコーン片手にどうぞ。

余:「ハロウィン」「ゾンビ」のポスターがはってある少年の部屋!
  78~79年の間に発表された傑作から生まれる8ミリ自主制作・・!
  なんという贅沢。うらやましい。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「Rango」 ジョニー・デップ

rango
製作年:2011年
監督:ゴア・バービンスキー
出演:ジョニー・デップ
   アイラ・フィッシャー
   レイ・ウィンストン
   ティモシー・オリファント
評価:★★★+★半分



人間の「ペット」として生活していたカメレオンのランゴは
とあるアクシデントにより、砂漠に放り出されるはめに。
ペットとしての「水槽生活」から荒野で「リアルライフ」をする事に
なったランゴの姿を描いたカメレオンドラマ映画。

小さな水槽の世界か自分の全てだったランゴが、広大な砂漠で
自分を確立していく姿を「人間」で表現していたら
普通の小作品で終わってしまいそうですが(ニート、世間に出て
もまれて成長とか?)アニメーション&あえて爬虫類(可愛い
毛の動物なんて殆ど出てこない)にした事によって、面白味と
雰囲気が増した気がしました。
また、下手に「子供」をターゲットにしていなかった点も正解。
子供向けサービスシーンが無かったので、最後まで集中して
観る事が出来ました。

大人アニメーション映画として、楽しめる作品だと思います。

余:歌って踊る可愛い爬虫類アニメじゃないし、子供には
  難解な点が多いです。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 124 ビズパカ牧場

写真 123 睡魔に襲われるアルパカ

映画 感想 「ファイナル・カウントダウン」 カーク・ダグラス

The Final Countdown
原題:The Final Countdown
監督:ドン・テイラー
製作年:1980年
出演:カーク・ダグラス
   マーティン・シーン
   キャサリン・ロス
   チャールズ・ダーニング
評価:★★+★半分


1980年のある日、航海中の最新鋭原子力攻撃空母「ニミッツ」が、謎の竜巻に
巻き込まれ1941年12月6日の真珠湾にタイムスリップしてしまう話。SF映画。

冒頭からタイムスリップするまでは、なかなか面白いのですが
ゼロ戦パイロットの日本人捕虜が奇妙な日本語を使うあたりから
(「ドラゴンへの道」(72)の日本人空手家の発音よりははるかに
上手いが)どんどん話がおかしくなり、最後はウルトラCで壮大な風呂敷を
畳んでしまう為、結局「何が言いたかったんだ・・・?」となる映画。

ただ、空母って凄いんだな!と思える位、最新鋭(当時の)戦闘機が
拝めるので、興味のある方には戦闘機離着陸シーンだけでも
見応えアリかもしれません。

「発想とエンディングはいいけど、中身がマンガ」な1本でした。

余:ゼロ戦VSトムキャットなんて、イジメの極地だと思いましたが
  アメリカらしいや!という事で。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ミュータント・ハント」 ティム・キンケイド

ミュータントハント
原題:MUTANT HUNT
製作年:1986年
監督:ティム・キンケイド
出演:リック・ジャナシ
   マリー・フェイ
   ロン・レイナルディ
評価:★



人類の為に開発された人型ロボットを悪の殺人ロボットに仕立てた
企業家を倒す為に立ち上がったエージェント達の活躍を描いた
近未来SFアクション映画。

「ターミネーター」(84)にインスパイアされたのであろう
何番煎じかさっぱり分からない人型ロボ物の1つ。

これなら「片腕サイボーグ」(85)の方が面白い。

ただ、純白のブリーフいっちょで、人型ロボと5分近く格闘する
エージェントの姿には、心打たれました。

いやはや。ターミネーターって、本当に影響力があったんだなと
しみじみです。

余:人間の10倍(だったかな?)のパワーがあるロボを
  素手で倒すって・・・大山倍達とどっちが強いかな。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「アンノウン」 リーアム・ニーソン

unknown原題:UNKNOWN
製作年:2011年
監督:ジャウム・コレット=セラ
原作者:ディディエ・ヴァン・コーヴラール
出演:リーアム・ニーソン
   ダイアン・クルーガー
   ジャニュアリー・ジョーンズ
   ブルーノ・ガンツ
評価:★★+★半分


旅先で交通事故に巻き込まれ、一時的に記憶喪失になった主人公が
記憶を頼りに、本来の自分を取り戻そうとする話。サスペンスアクション映画。

追われて殺されそうになる。
記憶は無いのに、体は動く。
どうやら自分は危ない組織にいたようだ・・・

まさしくニーソン版「ジェイソン・ボーン」です。

ニーソンには体力の限界がありますので、アクション面は期待しない方が
良いと思いますが、筋が通っているようにみせる「筋ナシ話」と、どんどん
高まるギャグと凡アクションは楽しめると思います。

複線回収なんてどうでもいい!終わりよければ全てよし!と割り切れる方向け。

余:まだアクション系の仕事が出来るのであれば、是非「ダークマン」を
  もう一度・・・・!

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「paul」 サイモン・ペッグ

paul
製作年:2011年
監督:グレッグ・モットーラ
出演:サイモン・ペッグ
   ニック・フロスト
   セス・ローゲン
   ビル・ヘイダー
   ジェーン・リンチ
評価:★★+★半分


アメリカ横断オタクツアーをしていたイギリス人旅行客が
ひょんな事から宇宙人「ポール」と遭遇し、トラブルに巻き込まれる話。
SFコメディドラマ映画。

グロテスク過ぎず、過度に可愛くなく、不自然さを感じない
程度に表情も豊かだったポールはなかなか良く出来ていましたが
全体的な感想を言えば「新しい笑いの要素は見当たらないけど
適度に笑えるからとりあえず文句もないか」ってレベルの
無難すぎるコメディ映画だと思いました。

『サイモン・ペッグやセス・ローゲンと愉快な仲間達の王道ショー』

そういうのを望む方なら問題なく観れる1本ですが、それに
飽きを感じている方には、少々辛い作品かもしれません。

余:ラストの大物。あまりにも予定調和。冷めた。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「アジャストメント」 マット・デイモン

adjustment
原題:The Adjustment Bureau
製作年:2011年
監督:ジョージ・ノルフィ
原作者:フィリップ・K・ディック
出演:マット・デイモン
   エミリー・ブラント
   テレンス・スタンプ
評価:★★


若き上院議員候補の主人公が、ある日運命の女性と出会うが
「運命調整局」なる集団によって出会いをなかった事にされてしまう。
果たして人間の運命は何者かの筋書きとおりなのか、それとも自ら
切り開くものなのか・・・SFファンタジーラブロマンス映画。

アイディアは嫌いじゃないんです。
ただ、どう考えてもスキャンダルを異様に恐れる選挙中、上院議員候補が
運命の女性の尻を追いかけまくるという設定に違和感を感じました。
一般人同士という設定ならまだ良かったのですが、韓国ドラマじゃ
あるまいし、議員と踊り子の恋・・なんてしなきゃいいものを。

まあ、デイモンの時点でミスキャストだったのかもなぁ。
老いても素敵なスタンプが観れて良かったです。

余:ラスト。ウルトラクイズの決勝戦をスタンプとデイモンとブラントで
  やるのかと思ったよ(パンナム見えてたし)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「パワー・レンジャー」 ブライアン・スパイサー

パワーレンジャー原題:POWER RANGERS: THE MOVIE
製作年:1995年
監督:ブライアン・スパイサー
出演:キャラン・アシュレイ
   スティーヴ・カルデナス
   ジョニー・ヨング・ボシュ
   ジェイソン・デヴィッド・フランク
   エイミー・ジョー・ジョンソン
   デヴィッド・ヨスト
評価:★★

6000年前に封じ込められた悪の権化アイヴァン・ウーズが蘇った!
地球征服を狙うアイヴァンから平和を守るため、活躍するパワーレンジャーの
姿を描いたアクション映画。人気特撮テレビドラマ「パワーレンジャーシリーズ」の
映画化1作目。

昔から特撮のリーダーと紅一点のピンクは出来ているんだろうなと
薄々感じていましたが、まさか「本当に出来ている」と分かるようなやりとりが
普通にある特撮が観れるとは・・・さすが米国産ですね。

他にも日本の特撮ではなさそうなネタがちりばめられているからか
なかなか興味深く観る事が出来ました。

マッチョで小回りのきかないレンジャーの動きはモッサイですが
たまには変わった映画も観たいかな?と思った時にどうぞ。

余:そいういえばこれが大流行している時、海外のどっかでコレの
  顔型ラジオ買ってきたな。あれ、どこにいったんだろう・・・


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「Beastly」 アレックス・ペティファー

beastly
製作年:2011年
監督:ダニエル・バーンズ
原作者:アレックス・フリン
出演:アレックス・ペティファー
   ヴァネッサ・ハジェンズ
   メアリー=ケイト・オルセン
評価:★+★半分



親が著名人(金持ち)で容姿端麗だけど、とっても性格が
宜しくない主人公が、魔女の呪いで醜い姿に変えられてしまう。
1年以内に彼の内面を愛してくれる人が現れない場合は、一生その
姿で生きなければいけないと宣告された彼は、果たして真の愛を
見つける事が出来るだろうか・・・・
現代版「美女と野獣」。ファンタジーラブロマンス映画。

「美女と野獣」をティーンズ向けに改良しただけというか、「ひらがな」が多い
ペラペラマンガを読んでいるような感覚に陥る、薄っすい内容の映画でした。
(感情移入も共感する隙もない展開だったなぁ)

演技は下手だけど、モデルあがりの顔をもつアレックス・ペティファーを
楽しみたい方なら胸キュンかもしれませんが、別に彼の顔に興味がないのなら
観なくていいんじゃないかな?と思える1本だと思います。

余:ヴァネッサ・ハイジェンズ。成長したら微妙な顔になっちゃった。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「劇場版 おはようスパンク」 たかなししずえ

スパンク
製作年:1982年
監督:吉田しげつぐ
原作者:たかなししずえ 雪室俊一
声:岡本茉莉 つかせのりこ
  富山敬 吉田理保子
  松金よね子 堤大二郎
  鶴ひろみ
評価:★★★+★半分

叔父の家で暮らす中学生の愛子と、飼い犬のスパンクが
感じの悪い転校生バイオリニスト、翔の飼い犬を巡って
友情とはなにかを学んでいく青春ドラマアニメ。

1978年から1982年まで「なかよし」にて連載され
TVアニメ化もした「おはようスパンク」。

久しぶりの鑑賞だからか、自分が既に成長しきっている
からか、正直・・犬や猫が日本語と犬(猫)語をミックスしながら
人間と交流している姿は、なかなか刺激的なものでした。

スパンク

手元にある原作本をチラっと読み返すと、アニメの絵の方が
かわいい・・な・・なんて思わなくもないですが、子供じみているか
マセ過ぎている、今の子供向け漫画にはないピュアな感覚が良かった1本。

下手な邦画を観るよりためになるかもしれません。

余:声・・・声がおっさんくさい。
  


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「X-MEN  ファーストジェネレーション」 ミヒャエル・ファスベンダー

xmen原題:X-Men: First Class
製作年:2011年
監督:マシュー・ヴォーン
出演:ジェームズ・マカヴォイ ミヒャエル・ファスベンダー
   ケヴィン・ベーコン ジャニュアリー・ジョーンズ
   ヒュー・ジャックマン マイケル・アイアンサイド
評価:★★★


時は1960年代。キューバ危機にゆれるアメリカVSソ連の背後で
暗躍する悪ミュータントVS善ミュータントの戦いを描いたアクション映画。

プロフェッサーXにまだ髪の毛があり、マグニートーが異様に
男前で、ミスティークがやや太めの頃の話。

X-MENシリーズは、マーベル原作物の中でも安心して鑑賞できる
一定のクオリティがあって良いですね(ウルヴァリンは別・・)
やや表現がダサいなと思える部分もありましたが、2時間強という上映時間を
感じさせない流れで、期待通り楽しむ事が出来ました。

本作から鑑賞しても、左程問題ないとおもいますので、ウルヴァリンが
暑苦しくて観る気がしなかったという人にもオススメです。

余:ローズ・バーン演じるエージェント。
  常に勝負下着はいいとして、貧相だったな~(ばれるレベルでしょう、あれ)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

KYOSUKE HIMURO GIG “We Are Down But Never Give Up!!”

110612

東日本大震災復興支援チャリティライブ

KYOSUKE HIMURO GIG “We Are Down But Never Give Up!!”

6月11日・12日セットリスト。

01. DREAMIN'
02. RUNAWAY TRAIN
03. BLUE VACATION
04. ROUDE OF GRAY
05. ハイウェイに乗る前に
06. BABY ACTION
07. JUSTY
08. WELCOME TO THE TWILIGHT
09. BAD FEELING
10. "16"
11. LONGER THAN FOREVER
12. MEMORY
13. B・E・L・I・E・V・E
14. 季節が君だけを変える
15. B・BLUE
16. MARIONETTE
17. PLASTIC BOMB
18. DOWN TOWN SHUFFLE
19. BEAT SWEET
20. RENDEZ-VOUS
21. ONLY YOU
22. IMAGE DOWN
<アンコール>
23. ON MY BEAT
24. ホンキー・トンキー・クレイジー
25. NO. NEW YORK

最後に氷室のライブに行ったのが、2004年8月22日の
"21st Century Boowys VS Himuro"だったので、実に7年ぶりの生氷室を
東京ドームにて鑑賞してきました。

「BOOWY とにかくメジャーな曲で思い出カラオケ大会」的
雰囲気が終始ありましたが、準備期間も短く、節電対策等
いろいろな制限がある中、氷室もスタッフも頑張ったのではないでしょうか。

出来に満足かと言われれば「いえ、選曲から考え直してくださ・・」となる気持ち
+αな部分も多々ありますが、ライブに行く事が募金につながるイベントに
参加出来て良かったです。

収益金が一日も早い復興の手助けになりますように。
ああ、疲れた。

余:おんぶひもで背負う位の乳児~未就学児位の子供を多数みかけた。
  公演中、ずっとスマートフォン片手にツイッター?をしている人をみた。
  「今はさ~ 『ヒムロック』じゃなくて『ヒムキョウ』って言うんだよね~
  今風だよね~」といっていた子供をみた。
  
  全体的に自分が行っていた頃(20年以上前)とは、完全に様子が変っていた。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「Priest 」 ポール・ベタニー

priest
製作年:2011年
監督:スコット・スチュワート
原作者:ミン・ウー・ヒョン
出演:ポール・ベタニー
   カール・アーバン
   マギー・Q
   ブラッド・ドゥーリフ
評価:★+★半分


かつて吸血鬼ハンターとして教会の為に活躍したプリーストの
一人である主人公が、再び人類の敵として動き出した吸血鬼と
戦う事になる話。韓国人気漫画のハリウット映画化作品。

原作漫画を読んでいない為、オリジナルがどのようなものか
想像できませんが、少なくとも本作品を鑑賞した後「オリジナルを
読んでみようかな~」とはなりませんでした。

「レギオン」(10)同様、別に映画にしなくても良いのでは?と
思える程度の出来。驚きも喜びもない1本でした。

余:基本、殺戮シーンで音楽に合わせて指揮をとる真似をするボスが
  出てくる映画って、面白くないのだ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「Hanna」 シアーシャ・ローナン

hanna
原題:Hanna
製作年:2011年
監督:ジョー・ライト
出演:シアーシャ・ローナン
   エリック・バナ
   ケイト・ブランシェット
   トム・ホランダー
評価:★+★半分


世間から閉鎖された山奥で幼少時より父親からサバイバルと
武道の英才教育を受けた16歳のハンナ。彼女の出生には
国家プロジェクトが関係する秘密があった・・・
サスペンスドラマ映画。

どちらかといえば保健室の常連といった様子なのに、セガール級
シャウエッセン(首折・・ポキッとね!)が出来る位、「超強い」という
謎の設定を強いられた少女版ジェイソン・ボーン「ハンナ」さん。

アクション映画としてはとても観れるレベルではないし、ドラマとしても
サスペンスとしても穴だらけ・・・。内容が気の毒過ぎると感じた1本。

透明感ある少女を使い、雰囲気を生かしたかっただけの映画でしょうか。
あまりオススメとは言い難い出来でした。

余:これならおじいさん版ジェイソン・ボーン「アンノウン」の方がマシ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「みんな私に恋をする」 クリスティン・ベル

when in rome原題:When in Rome
製作年:2010年
監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン
出演:クリスティン・ベル
   ジョシュ・デュアメル
   ダニー・デヴィート
   ドン・ジョンソン
評価:★★


学芸員として働く仕事命の女性が、妹の結婚式の為訪れた
イタリアにある「愛の泉」からコインを失敬し帰国した事から
拾った枚数分の男性から求愛される事になり・・・
ファンタジーラブコメ映画。

「ありえないよ」と否定すると、ラブコメが成立しないし
「これがラブコメ」と言われればソレまでだし。

兎にも角にも、可も不可もなく。
なんでドンジョンソン? ダニー・デヴィート??と
思いながらどうぞご鑑賞下さい。

余:ラブコメですが、ロマンチック度は低いです。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 122 老犬

映画 感想 「英国王のスピーチ」 コリン・ファース

kingsspeech
原題:The King's Speech
製作年:2010年
監督:トム・フーパー
出演:コリン・ファース
   ヘレナ・ボナム=カーター
   ジェフリー・ラッシュ
評価:★★★+★半分



吃音症(どもり)と向き合い、治療する過程において
悩み苦しみながらも成長していく英国王ジョージ6世の
様子を描いたヒューマンドラマ映画。
第83回アカデミー賞作品賞・主演男優賞受賞。

なんとも無難にお行儀よくまとまった作品で、冒険の
「ぼ」の字も無いせいか、「良い映画ですね」としか
言いようがない、そういう「良い映画」。
(まあ、実在の人物映画を上手くまとめて作る事は、フィクションを
 作るより難しい場合があると分かってはいるんですが)

美味しいと分かって食べても、当たり前としか
思えない・・・
せっかくならアカデミー云々の前に観たかった作品でした。

余:83回アカデミーでこの作品が作品賞を受賞したわけですが。
  あまりに無難、無難すぎる作品が受賞したってのが
  なんとも・・・個人的には他作品にあげたかったです。つまらん。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「Jcak Falls」 ドミニク・バーンズ

jackfalls
製作年:2010年
監督:ドミニク・バーンズ
出演:テイマー・ハッサン
   サイモン・フィリップス
   オリヴィア・ハリナン
評価:★




何者かに狙われ、生死の境をさまよった元潜入捜査官の主人公。
事故による後遺症によって、記憶があいまいになるハンデを負いながら
誰が自分を狙ったのか確かめようと奔走する。クライムサスペンス映画。

「Jcak says」(08)「Jack said」(09)と合わせて
シリーズ3作目らしいです(前の2つは観ておりません)

ただ、本作品だけみても問題ないし、これだけ観れば
前の2作品は観るに値しなさそうだと分かる出来といいますか・・・
「シンシティ」(05)にあこがれたんだろうなぁと分かる駄作だと思いました。

白黒映像って「白黒なだけ」では効果ないんですよね。
センスが良くないとね。

とっても時間を無駄にした気分になりました。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「Battle: Los Angeles」 アーロン・エッカート

battle la原題:Battle: Los Angeles
製作年:2011年
監督:ジョナサン・リーベスマン
出演:アーロン・エッカート
   ミシェル・ロドリゲス
   Ne-Yo
   ラモン・ロドリゲス
評価:★★



地球外生命体の攻撃から、地球を守れ!!
命がけで地球外生命体と戦う、「地球警察」米海軍兵士達の姿を描いた
SFアクション映画。

エイリアンと戦う海兵隊の姿を、ドキュメンタリー風に
撮影している本作品。
約2時間のうち、89%位が「地球の平和とパンピーは俺達が
守るゥゥゥ!!撃て!!!走れェェ!LOVE!!」とナチュラルハイになっている
米海兵隊員の様子で構成されているせいか、途中で眠気に襲われてしまいました。
もっとガッツリ地球外生命体と戦う話が観たかったです。

「スカイライン」(10)と「Battle of Los Angeles」(11)よりは
マシだけど、基本内容はあまり変らない気がした映画でした。

余:映像技術メインの映画の公開を延期する位なら、やらない方が
  良いような気がする(半年前の最新技術→半年後には価値無)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ロシアン・ルーレット」 サム・ライリー

13
原題:13
製作年:2010年
監督:ゲラ・バブルアニ
出演:サム・ライリー
   ジェイソン・ステイサム
   ミッキー・ローク
   レイ・ウィンストン
評価:★+★半分


高額医療費を捻出し、愛する家族と家を守る為、命がけの
闇ゲームに参加する事になった青年の話。サスペンス映画。
「13 ザメッティ」(05)のハリウッドリメイク版。

多分、「アメリカ」と作品内容が合わなかったのかな。
オリジナルにあったダークでジメッとした荒削りでハングリーな雰囲気
(それが売りっぽい映画だったしなぁ)が無くなっていました。
よって、元々それ程(リメイクする程)面白くない映画が、よけい
面白くなくなっていた・・といった感じ。

同じ監督だったのに。レベルダウンしてしまったのですね。
ざ~んねん!

余:どうでもいいけど、ロシアン・ルーレットといわれると
  「ロ・ロ・ロ・ロシアン・ルーレット」が歌いたくなります。
  (本当に全然関係ないんですが・・)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「Drive Angry 」 ニコラス・ケイジ

DA
監督:パトリック・ルシエ
製作年:2011年
出演:ニコラス・ケイジ
   アンバー・ハード
   ウィリアム・フィクトナー
   ビリー・バーク
評価:★★+★半分


娘を殺害し、孫を奪ったカルト教団に復讐する為
地獄から蘇えったお祖父ちゃんの話。
アクション・バイオレンス映画。

カルト教団にさらわれた「恋人」「妻」「娘」という設定ではなく
「孫」設定はユニーク。また、劇中のどうでもいい演出やエロシーンも楽しい。
さりげなく「あ、この人知ってる!」的な役者ばかり起用しているあたり、お金も
そこそこかけている。

でも、ぽっかり穴があいたような脚本を完全にカバー出来ず・・・と
いったところでしょうか。

くだらなホラー王道に近い臭いはプンプンしていますので、漠然と
楽しみたい方には丁度良い作品かもしれません。

余:3D料金ではちょっと・・・。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「新 死霊のしたたり」 クリント・ハワード

silent4原題:Initiation
     Silent Night, Deadly Night 4
製作年:1990年
監督:ブライアン・ユズナ
特殊:スクリーミング・マッド・ジョージ
出演:クリント・ハワード
   モード・アダムス トミー・ヒンクリー
   ニース・ハンター
評価:★+★半分

女性というだけで、自分より劣る男性同僚以下の仕事ばかりさせられる事に
不満を感じている主人公が、ある事件をきっかけに男性を憎む魔女グループに
狙われる事になる・・・ホラー映画。

なんて事ない、男に悪意を持つ妙齢の魔女軍団が、働く女性を
間違った方法で応援しているだけの、どうでもいい内容です。

ただ、監督がブライアン・ユズナだったり、特殊効果がマッド・ジョージだったり
アレでソレ役がクリント・ハワードだったりします。

とりあえずゴキブリが苦手な方にはオススメしません。
暇潰し程度で楽しめる方、どうぞ。

余:原題から「悪魔のサンタクロース」シリーズ、邦題から
 「死霊のしたたり」を連想して観ると、相当ガッカリしてしまいます。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 121 台湾の犬

写真 120 台湾の犬

写真 119 台湾の犬

カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。