スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「不思議惑星キン・ザ・ザ」 ゲオルギー・ダネリア

KIN-DZA-DZA原題:KIN-DZA-DZA
製作年:1986年
監督:ゲオルギー・ダネリア
出演:スタニスラフ・リュブシン
   エフゲニー・レオーノフ
   ユーリー・ヤコヴレフ
   レヴァン・ガブリアゼ
評価:★★★★+★半分



平凡なロシア人の中年男性が、買い物の途中にグルジア人青年から
「あそこに自分は宇宙人だと言っている人がいるのですが」と
声をかけられた事から、とんでもない体験をするはめになってしまう。
SFファンタジー映画。

ユーモアと抜群の間、テーマの深さを楽しみながら鑑賞出来る1本。

とってもマイペースな映画なので、即効リタイアするか
最後までワクワクしながら観れるか分かれそうですが
どちらにせよ、「こういう映画」は、現代では作成困難だと
思うので(ほんの20数年で情報量が増えすぎた)是非
若い世代の人に「こういう映画もあったんだよ」という意味で
鑑賞して欲しいです。

世界的に云々とか、巨額とか、技術とかではなく、センスと中身が
ちゃんとある映画。まさにソ連時代だったから出来たとしか
思えない&ソ連時代に作られてよかったと思える作品。

色あせないです。

余:「クー!」
スポンサーサイト


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「チャイルド・プレイ3」 ジャスティン・ホウェリン

チャイルドプレイ3
原題:CHILD'S PLAY 3
製作年:1991年
監督:ジャック・ベンダー
出演:ジャスティン・ホウェリン
   ペリー・リーヴス
   ジェレミー・シルヴァース
   ブラッド・ドゥーリフ
評価:★+★半分


凶悪殺人犯が乗り移った「グッドガイ人形」チャッキーが
16歳に成長し、陸軍士官学校にいるアンディに再び
襲い掛かる話。人気シリーズ3作目。ホラー映画。

怖い中にも笑いあり・・という演出は嫌いじゃないけれど
中途半端にコメディ色が強すぎる3作目。

シリーズ物の宿命とはいえ、1・2とある意味順調だった分
駄作度が目立ってしまった気がしました。

これは観なくてもいいかな・・・
どこぞのT3のように、観なかった事にすればいっか!と
割り切れる方向けということで。

余:黒人子供キャラ、酷過ぎ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ピノキオ・シンドローム」 ケヴィン・テニー

pino
原題:PINOCCHIO'S REVENGE
製作年:1996年
監督:ケヴィン・テニー
出演:ロザリンド・アレン
   ルイス・ヴァン・バーゲン
   ブリジッタリー・アリス・スミス
評価:★+★半分



シングルマザー弁護士が、事件の証拠品として持ち帰った
1体のピノキオ人形を手にした娘の周囲で、次々と奇妙な事件が
起こっていく。ホラー映画。

120%「チャイルド・プレイ」(88)の劣化版。

グッドガイ程なめらかに動かないし、口も悪くないし
ひどく暴れもしない、イタリアンな控えめピノキオには
ガッカリでしたが、「チャイルド~」と異なり、少女を
主人公にもってきたのは正解だったかも。

いくら子供とはいえ、イラっとする小生意気な演技は
女の子独特。その点で何とか楽しめました。

チャッキーと間違えて観ちゃった場合は悲惨かもしれませんが
ま、こんなドールホラーもたまには良いかと思える方なら
問題ないと思います。

余:ピノキオも花嫁を貰うのだろうか。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「抱きたいカンケイ」  ナタリー・ポートマン

nsa
原題:NO STRINGS ATTACHED
製作年:2011年
監督:アイヴァン・ライトマン
出演:ナタリー・ポートマン
   アシュトン・カッチャー
評価:★




割り切った付き合いを求める女と、そんな彼女に本気でのめりこんで
しまう男の微妙な関係を描いたラブ・コメディ映画。

平凡過ぎる内容と、どう考えても自由奔放な役柄の主人公を演じるには
無理があるポートマンに、魅力を感じる事が出来ませんでした。
(棒のような体とあの顔じゃなぁ。説得力ナシ)

この手の男性版が沢山あるんだから、女性版だってあっていいだろうと
作ったのかもしれませんが、結局オチがあれじゃ面白くない。
どうせなら、もっとぶっ飛んだ話にチャレンジして欲しかった。

思い切りの悪さがチラホラみえる、そんな1本でした。

余:本当はこんな役ばかりやりたくないだろうな・・とは思いますが
  カッチャーは役柄と合ってました。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

sbsy製作年:2010年
原作者:西崎義展
監督:山崎貴
出演:木村拓哉
   黒木メイサ 柳葉敏郎
   緒形直人  池内博之
   山崎努 その他沢山
評価:☆



地球滅亡の危機を回避する為、放射能除去装置があるとされる
宇宙の彼方イスカンダルへはるばるのぞむ話。SF映画。

有名な役者さんらしき人が沢山出ているけれど、その中の誰一人として
「役を演じる」という基本的な事が出来ていないという、変な映画。

よって、キャラの全てが薄い。もちろん内容も薄い。

まさに「日本の映画こそ滅亡危機」と、寒くなれる1本でした。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 118 台湾の猫 (侯硐 ホウトン 猫村 その7)

写真 117 台湾の猫 (侯硐 ホウトン 猫村 その6)

写真 116 台湾の猫 (侯硐 ホウトン 猫村 その5)

写真 115 台湾の猫 (侯硐 ホウトン 猫村 その4)

写真 114 台湾の猫 (侯硐 ホウトン 猫村 その3)

写真 113 台湾の犬 

写真 112 台湾の猫 (侯硐 ホウトン 猫村 その2)

写真 111 台湾の猫 (侯硐 ホウトン 猫村 その1)

映画 感想 「ダーティ・キッズ ぶきみくん」 ロッド・アマトゥ

ぶきみくん
原題:GARBAGE PAIL KIDS
製作年:1987年
監督:ロッド・アマトゥ
出演:アンソニー・ニューリー
  マッケンジー・アスティン
評価:★+★半分



不良軍団に苛められまくるヒヨワな少年が、バイト先の骨董屋で
奇妙なゴミ箱を発見。なんとそこで生活していたのは「ダーティキッズ
ぶきみ君」達だった・・・・人形が活躍するブラックコメディドラマ映画。

キャベツ

キャベツ畑人形を覚えている人がいるか不明ですが
少なくとも当時所持していた当方は、強烈にこの人形の事を
覚えています(赤い毛&赤いワンピース 可愛くなかった)

そんな"Cabbage Patch Kids"の対抗馬として作られた(嘘)
"GARBAGE PAIL KIDS"「ブキミ君」を映画化した本作品。

ぶきみくん
ゲロを吐き、他人の物を盗み、鼻水を振りまきながらおならをする・・
あまり食事中にはかかわりたくない彼らの姿を描いた内容は
とても面白いと言える物ではありません。
ぶきみくん
ただ、生理的に受付けないタイプの容姿を持つ人は、ゴミ箱に
押し込めておけばいいのさ!という考え方に対する
皮肉を表現しているのであれば・・・まあ道徳的な映画なのかなぁ。

キャベツ畑人形を当時持っていた事があるひとなら
1回位みてもいいかもしれません。

余:かったるいけど、少年が思春期を抜け大人になる
  ドラマ映画なんだよね。普通に。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「GANTZ 」 二宮 松山

gantz
製作年:2010年
原作者:奥浩哉
監督:佐藤信介
出演:二宮和也 松山ケンイチ
   夏菜 田口トモロヲ
   本郷奏多 吉高由里子
   山田孝之
評価:★★

事故・自殺等、「死」に関わる経験をした人間が、老若男女問わず
「GANTZ」という名の物質に召集され「宇宙人」を倒す
ゲームに参加させられる話。SFアクション映画・前編。

冒頭から「ねぎ星人」のくだり迄は普通に観れたものの
2部構成ゆえの「ゆとり」が逆効果だったのか
導入後の展開がのんびり過ぎて、途中で飽きてしまいました。

作者名や作品名は知っているものの、原作未読なので
内容について忠実かどうかは不明ですが、とりあえず
未読であっても漠然とついていける程度の分かりやすさだし
映像面が悪い、役者が悪いという訳ではないけれど
のぺっとしていて力強さに欠ける1本だったかな・・

もう少し興味を持てる「熱い」展開が欲しかったです。

余:ねぎ星人、まんま「スロース」だったなぁ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ブラック・スワン」 ナタリー・ポートマン

BLACK SWAN
原題:BLACK SWAN
製作年:2010年
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ナタリー・ポートマン
   ヴァンサン・カッセル
   バーバラ・ハーシー
   ミラ・キュニス ウィノナ・ライダー
評価:★★★+★半分

バレリーナとして挫折した母親との関係、主役抜擢の重圧に
翻弄され、次第に精神が崩壊していくプリマの姿を描いた
サイコスリラー映画。

サイコ・スリラー物として、芸術性や完成度が高いかと言われれば
そうでもないと思いますが、娯楽性は高い方かも。
最後まで「どうなるの?」と思いながら楽しめました。
(内容は普通なんだけど細部に拘らず、小出しのメリハリ演出で
 映画を面白くみせているんだろうなと思った)

もっと公開がはやければ、なお良かったという不満は残りますが
今かかってる映画の中では「観れる」1本だと思います。
(でも、今敏の「パーフェクトブルー」(98)の方がオススメ)

余:本作の為に、みっちりバレエを習ったポートマンのアカデミー賞演技より
  (ボディダブル説でもめてるけど)地で「ヤバイ」ウィノナ・ライダーに
  驚きを隠せなかったです・・・昔は可愛かったのになぁ・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「Sanctum」 ジェームズ・キャメロン

Sanctum原題:Sanctum
製作年:2011年
監督:アリスター・グリアソン
製作:ベン・ブラウニング ジェームズ・キャメロン
   ライアン・カヴァノー マイケル・マー
   ピーター・ローリンソン
出演:リチャード・ロクスバーグ
   リース・ウェイクフィールド
   ヨアン・グリフィズ
評価:★+★半分

熱帯暴風雨に襲われた結果、調査中のサンクタム(洞窟)に
閉じ込められた一団。絶望的な状況の中、自然に立ち向かい
脱出を試みる彼らの姿を描いた映画。

一応、親子・仲間愛等を中心に話が進むものの
観客が感情移入できる程の展開が無い為か
「アビス」(89)のように、異様な圧迫感を感じる
水中シーン以外は、サクッとつまらなかったです。

とりあえず「自然は美しく、奥が深く、恐ろしい」という事は
分かりましたが、キャメロンの名につられて鑑賞すると
欠伸とお付き合いする事になるかも・・・という1本でした。

余:ヒステリ女性=パニック映画マストアイテム。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「スポンティニアス・コンバッション」 トビー・フーパー

Spontaneous Combustion原題:SPONTANEOUS COMBUSTION
製作年:1989年
監督:トビー・フーパー
出演:ブラッド・ドゥーリフ
   シンシア・ベイン
   ジョン・サイファー
   デイ・ヤング
   ジョン・ランディス
評価:★★


核シェルター実験に参加した後、謎の人体自然発火に
よって焼死した若夫婦の息子が、成人後に自らの
出生の秘密を知る事になり・・人体自然発火をテーマに
描かれたホラー映画。

冒頭からやけに感じの悪い主人公が、どんどんキチ○イ
になっていった挙句、自然発火ちゃう何とも救いようがない
気の毒で収集がつかない話です。

まとまったお話とは言えませんでしたが、どこまで転がるのか
読みにくかったという点と、ドゥーリフのブルブルした演技は
良かったかな・・・。

不思議映画が好きな方なら、最後まで観れると思います。

余:トイレ男=監督。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 110 反省中なネコ

写真 109 室外機ネコ

映画 感想 「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」 ダスティン・ホフマン

MR. MAGORIUM'S WONDER EMPORIUM
原題:MR. MAGORIUM'S
      WONDER EMPORIUM
製作年:2007年
出演:ダスティン・ホフマン
   ナタリー・ポートマン
   ジェイソン・ベイトマン
   ザック・ミルズ
評価:★


マゴリアムが経営する不思議な魔法のおもちゃ屋を舞台にした
夢いっぱいのファンタジー映画。

スケールが大きいのか小さいのか良く分からなかった。

ナタリー・ポートマンの衣装と髪型が、救いようが無い位
ダサかった。(あれはない。酷い。というよりミスキャスト)

全てが浮いていた。

とりあえず「自分を信じることからはじめようよ!」という
メッセージは伝わりましたが、お金をかけて作る映画なのか
問われると「NO」と断言してしまいたくなる1本でした。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「Dead Awake 」 ニック・スタール

Dead AwakeDead Awake
製作年:2010年
監督:オマー・ナイーム
出演:ニック・スタール
   ローズ・マクゴーワン
   エイミー・スマート
評価:★★




葬儀屋で働きながら、10年前に事故死した両親の事ばかり考えて
生きてきた、超後ろ向きな性格の主人公が、謎の薬物中毒者や
元彼女との交流をまじえながら、自身の人生を取り戻していく話。
ファンタジーミステリー映画。

「ゾンゲリア」(81)で「シックスセンス」(99)なのは
悪くないにしろ、歯切れの悪い展開&説明不足な点があった事もあり
(暫く誰が事故死してたか分からなかった・・・私が悪い?)
面白い前に挫折してしまいそうになりました。

別に悪くも無いけど、わざわざ観る必要があるかと問われれば
微妙だと答える1本かもしれません。

余:ニック・スタールって「T3」に出なければ、違う
  人生が待ってた気がする・・・ある意味気の毒。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「アイ・アム・ナンバー4」 アレックス・ペティファー

i am number4原題:I Am Number Four
製作年:2011年
監督:D・J・カルーソー
製作:マイケル・ベイ スティーヴン・スピルバーグ
原作者:ジェームズ・フライ ジョビー・ヒューズ
出演:アレックス・ペティファー ダイアナ・アグロン
   ティモシー・オリファント
   テレサ・パルマー カラン・マッコーリフ
評価:★★


モガドリアンに襲われ滅ぼされたロリアン星から地球に逃げ延びた
特殊能力者達。成長した彼らの一人、主人公のナンバー4は
自分達を追ってきたモガドリアンから自身と愛する人を守る為
能力を駆使し戦う事を決意する・・・SFファンタジー映画。

「スーパーマン」と「PUSH」を混ぜた内容に
「トワイライト」要素も盛り込んだ感じの、凡で陳腐な展開に
興味をそそられる事はありませんでしたが、力を入れている
特殊能力者同士の戦い(映像面)は普通に楽しく観れました。

大画面で音と映像を楽しみたい方なら、劇場鑑賞もアリだと
思いますが、特に拘らないならレンタルで十分な1本じゃないでしょうか。

F

余:ジャンプの読切掲載から、読者アンケートで人気が出れば連載へ!みたいな
  ラストだったなぁ・・・・。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 108 けのび ねこ

写真 107 すし屋のネコ

写真 106 ジンパー

映画 感想 「邪神バスターズ」 カイル・デイヴィス

Last Lovecraft
原題:The Last Lovecraft
      Relic of Cthulhu
製作年:2009年
監督:ヘンリー・セイン
出演:カイル・デイヴィス
   デヴィン・マッギン
   バラク・ハードリー
評価:★★★


ラブクラフトの子孫とその仲間で構成されたズッコケ3人組が
世界の危機を救うコメディ映画。
元ネタはH.P.ラブクラフト「クトゥルフ神話」。

あまり予算が出なかった、安いテレビドラマみたいな作風に
どこかで観たような演出、どこかで知っているような
典型的ズッコケ3人組・・・

オリジナリティは感じられませんでしが、ツボは
所々あるので、まったり笑える作品だと思いました。

本当に「凄く」面白いワケではないので微妙ですが
ノリと熱意は感じられて良かったです。

とっても軽く時間を過ごしたい方向け。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ラスト・ターゲット」 ジョージ・クルーニー

the american
原題:THE AMERICAN
製作年:2010年
監督:アントン・コルベイン
原作:マーティン・ブース「影なき紳士」
出演:ジョージ・クルーニー
   ヴィオランテ・プラシド
   テクラ・ルーテン
   パオロ・ボナッチェリ
評価:★+★半分

暗殺組織で働く事に疲れていた男が、潜伏中に出会った娼婦との交流を
きっかけに、今までの人生とは違う道を歩もうと考えるようになるが・・・。
マーティン・ブース「影なき紳士」映画化。サスペンス映画。

70年代風というか。
静かで美しい景色と雰囲気、クルーニーのおさえた演技は
評価するけど、回収不可能な複線や小話、本気で現実味のない
設定や主人公の感情の動きの薄さにはついていけませんでした。

ただ、小さな町で人が銃殺されても、一般人を巻き込んだ事件が起きても
誰も気にしないし突っ込まないところは、面白かったかな。
(途中から妖精さんが死体始末や証拠隠滅をしていると思うようにした)

うわべだけの美意識とか拘りじゃなくて、内容からにじみ出るものを
楽しみたかったです。

余:これだったら、「闇の標的」(79)の方が好き。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「新少林寺」 アンディ・ラウ

Shaolin原題:新少林寺 Shaolin
製作年:2011年
監督:ベニー・チャン
出演:アンディ・ラウ ニコラス・ツェー
   ジャッキー・チェン ファン・ビンビン
   ウー・ジン 
評価:★★+★半分

反逆により地位を追われ、娘を失った男が、少林寺の僧となり
心を改め、自らが犯してきた罪を償う為戦う話。カンフーアクション映画。

最近だと「孫文の義士団」を観ても同じ事を思ったのですが。

話が進むにつれ「家族愛」「愛国心」をアピールし過ぎと言うか
「このくだりは必要?」「泣かせる演出は必要?」と思ってしまう
場面が多いというか・・・

アクションシーンは楽しめたのですが、偏ったその他の演出が
鼻について、総合的には面白く観れませんでした。
(キャラに魅力が無かった事もあるかも)

詰め込み大河ドラマみたいな展開よりも、素朴な展開の方が
(「少林寺」(82)とかさ)アクションは生きる気がします。

次回はもっと「スッキリした!」となれる作品をお願いします。

余:奥さんが恐ろしく強かった。浮気したら素手で殺されそうだ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「13歳のハゲ男」 スペンサー・ブレスリン

harold
原題:HAROLD
製作年:2008年
監督:T・ショーン・シャノン
出演:スペンサー・ブレスリン
   キューバ・グッディング・Jr
   アリー・シーディ
   ニッキー・ブロンスキー
評価:★★★


14歳の若さでハゲてしまっているハロルド少年が、転校先の
学校でいじめられるものの、恐ろしく前向きに対処していく話。
ヒューマンコメディドラマ映画。

「14歳のハゲ」という設定なので、やはり「狙いすぎ」感は
あるものの、予定調和過ぎる展開が面白く、爽やかな1本。

多分、脇の役者が良い事と(キューバ・グッディング・Jrが
美味しすぎる用務員役・・・豪華!)とにかくポジティブシンキングな
主人公に勇気をもらえるからかもしれません。

「観て良かったわ~」というより「意外と面白かったね」という
感想が多そうな作品。

余:主役を演じたブレスリン(撮影当時16歳位?)。
  ハゲ頭に慣れた後、髪の毛がある写真を観ると、違和感ある。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。