スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

С наступающим 

猫

2010年 いろいろ ありがとう

良いお年を お迎え下さい
スポンサーサイト


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「鳥」 アルフレッド・ヒッチコック

The Birds原題:The Birds
製作年:1963年
監督:アルフレッド・ヒッチコック
原作者:ダフネ・デュ・モーリア
出演:ロッド・テイラー ティッピ・ヘドレン
   ジェシカ・タンディ
   スザンヌ・プレシェット
評価:★★★+★半分

ダフネ・デュ・モーリアの短編小説「鳥」が原作。
鼻っ柱の強い社長令嬢が、とある男性をからかおうと訪れた郊外で
鳥の大群に襲われる話。アニマルパニック映画。

怖いです。
効果音楽一切ナシのくせに、怖いと思わせる映画です。

物言わぬ鳥も怖いし、ジェシカ・タンディ演じる母親の不安定ブリも怖い。
じゃじゃ馬系とはいえ、わざわざ男をからかう為に
郊外に出向く主人公も、ある意味怖い(金持ち&美人じゃなきゃ
通報される系の怖い人だ)
ついでに、今観ても特撮の出来が左程気にならない点も凄い。

羽音が醸し出す恐怖感と、全体的に漂う不安定な緊張感が見事な
アニマルパニック傑作だと思います。

余:オチがよければ・・・凄く好き。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「モンガに散る」 ニウ・チェンザー

monga原題:艋舺
製作年:2010年
監督:ニウ・チェンザー
出演:イーサン・ルアン
   マーク・チャオ
   マー・ルーロン
   リディアン・ヴォーン
   クー・ジャーヤン
評価:★★★


1980年代 台湾。
義兄弟の誓いを結び、裏社会に生きる事となった5人の若者の
青春を、時代の流れと共に変わっていく街「モンガ」と重ねて描く
ドラマ映画。

若手俳優の演技は良かったと思います。
混沌とした雰囲気も出ていたと思います。

ただ、撮り方、みせ方のせいでしょうか。
鑑賞後、心に残るものがないというか・・・
悪くはないけど、期待していた程の魅力とパワーは感じませんでした。

暴力も、恋愛も、友情も、世の中の変化も欲張って1本に
入れたいのは分かるけど、キャラの心の変化をもっと丁寧に
表現してもらってから、まとめて欲しかった。

ドラマチックな演出に拘らず、もう少し自然な感じで
観せてもらえれば・・と感じた作品でした。

余:「プロジェクトA」(83)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 95 藪猫

映画 感想 「ミート・ザ・フィーブルズ 怒りのヒポポタマス」 ピーター・ジャクソン

MEET THE FEEBLES

原題:MEET THE FEEBLES
製作年:1989年
監督:ピーター・ジャクソン
出演:人形たち
評価:★★★




人間ではなく「人形」の世界で繰り広げられる、愛と憎しみと
グロとスプラッタなブラックファンタジー世界を楽しめる人形劇映画。

MEET THE FEEBLES初期のピーター・ジャクソン作品。

「バッドテイスト」(87)や「ブレイン
デッド」(92)程のグロはありません。

よってエレガントになる前のジャクソン映画を
軽く観てみたい人には丁度よい内容かも。


とにかく「人間」は死にませんので、スプラッタが苦手な方でも
安心して観れる映画だと思います。

余:怒涛のラストだけでもいいかな・・・?

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「デッドフォール」  スタローン&ラッセル

TANGO & CASH原題:TANGO & CASH
製作年:1989年
監督:アンドレイ・コンチャロフスキー
出演:シルヴェスター・スタローン
   カート・ラッセル
   ブライオン・ジェームズ
   ジャック・パランス
   クリント・ハワード
評価:★★★

スーツスタイルで知的に仕事をこなすインテリ刑事と、ジーンズ姿で
本能のまま仕事をこなす野生刑事が、腕利き過ぎる為、マフィアに
狙われるはめに。汚名を晴らす為タッグを組んだ2人のコメディ
アクション映画。

何度観ても、内容を記憶出来ない映画です。
といっても、面白くない訳ではないのです。
ただ、単純なあまり、頭に残らないのです。

多分、これといったキメ台詞や場面、複線すらないからだと思うのですが
それでもスタローンとラッセルのコンビ、ありえないベタアクション&展開が
好きで、思い出した頃観てしまう1本。

細かい事は考えたくないけど、適度な火薬と爆発を観たい方向けです。

余:だって・・・コブラ&プリスキン・・・だよ?

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 94 台湾の犬

写真 93 台湾の犬

写真 92 台湾の犬

写真 91 台湾の猫

映画 感想 「バーレスク」 シェール

burlesque原題:BURLESQUE
製作年:2010年
監督:スティーヴン・アンティン
出演:シェール
  クリスティーナ・アギレラ
   エリック・デイン
   カム・ジガンデイ
   スタンリー・トゥッチ
   ピーター・ギャラガー
評価:★★★

夢を求めて上京した田舎娘が、セクシーダンス「バーレスク」を売りに
しているクラブで働くうちに、スターとしての才能を開花させていく話。
ミュージカル・ドラマ風作品。

観る前から想像していた通りというか、展開が安易過ぎてやや「ど~しよう」と
思わなくもないストーリーでしたし、あまり奥行きを感じる映像ではありません
でしたが、とても64歳には見えないシェール(やはり歌上手い)とアギレラの歌と
ダンス(踊りは・・微妙だったけど)が売りなんだなと割り切って観れれば
楽しい1本だと思います。
(少なくとも最近でいえば「トロン・レガシー」より楽しめてしまった・・・)

基本、ドップリミュージカルが苦手な方でもうきうき出来る映画だと思いますので
頭からっぽ&楽しい気分になりたい方は是非どうぞ。

余:SONY宣伝用シーン(デジカメ)って、2回も入れる必要あるのかしら?
  毎度スポンサーがSONYだと、不自然なシーンが多くて困る。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「アライバル 侵略者」 チャーリー・シーン

the arrival
原題:THE ARRIVAL
製作年:1996年
監督:デヴィッド・トゥーヒー
出演者:チャーリー・シーン
     リンゼイ・クローズ
    テリー・ポロ
評価:★★+★半分


宇宙観測所で働く科学者が、正体不明の電波を受信した事から
地球外生命体による地球侵略を阻止する事になる話。SF映画。

当時の環境問題(今もか)と宇宙人侵略をかけた、地味~なSFなので
具体的に「ここが見所だよ!」とか、「ここが凄いよね!!」という事は
いえませんが、地味なりに引き込まれる作品だと思います。

逆関節宇宙人とか、全部消しちゃうぞ!機械等
地味(ひつこい)なネタを楽しめる方向け。

余:マドラスモデーロ(古い・・・古過ぎる)なチャーリー・シーンが、奇妙な
  科学者役を、ボテボテ体格でやっているのが良いです。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「コフィー」 パム・グリア

coffy
原題:COFFY
製作年:1973年
監督:ジャック・ヒル
出演:パム・グリア
   シド・ヘイグ
   ロバート・ドクィ
評価:★★+★半分


ヘロイン中毒にされた幼い妹や、幼馴染の警官の為に
ドラック組織に売春婦として潜入し戦いを挑む
看護婦コフィーの物語。バイオレンスアクション映画。

話は単純だし、内容も別に過激・・という程ではないですが
文字通り「体」をはったパム・グリアのダイナマイト度(胸、でかすぎ)と
独特のブラックムードが魅力的な作品でした。

作品としての面白さや、突っ込みを求める方には向きませんが
当時の大味と非情を感じてみたい方には良い1本だと思います。

余:パム・グリアーのキャットファイトを観たら
  「エンジェル・グラディエーター」(73)を思い出しました。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 90 台湾の猫 花花 「猫花園」 その3

写真 89 台湾の猫 花花 「猫花園」 その2

映画 感想 「スーパーヒーロー ムービー 最’笑’超人列伝」

SUPERHERO MOVIE
原題:SUPERHERO MOVIE
製作年:2008年
監督:クレイグ・メイジン
出演:ドレイク・ベル
    サラ・パクストン
   レスリー・ニールセン
   パメラ・アンダーソン
評価:★★

スパイダーマンをベースにして、他のアメコミヒーローを投入した
ごった煮パロディ映画。 

内容については、誰にでも想像出来る通り「くだらない」の一言で
終わる感じです。よって、ノリについていければ「頭には入らないけど
くだらなくて良い」となれる1本(お約束通り、苦手な人には苦痛なだけ)

個人的には本編中に出てきた「微妙過ぎるトム・クルーズ」が
大変気に入ったので、観て良かったと思える作品でした。

余:レスリー・ニールセン、先月亡くなったんだよなぁ。残念。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「フェーズ6」  クリス・パイン

Carriers 原題:Carriers
製作年:2009年
監督:アレックス&デヴィッド・パストール
出演:クリス・パイン
   ルー・テイラー・プッチ
  パイパー・ペラーボ
  エミリー・ヴァンキャンプ
  クリストファー・メローニ
評価:★★+★半分

特効薬ナシ&致死率100%の感染症が世界規模で大流行している
世の中で、未感染の男女が生き残る為に彷徨う話。

中途半端にマスクをしたり消毒したり、普通に食料に困らず
清潔な状態のまま彷徨う登場人物達の様子に、世紀末の危機感を
感じる事が出来ませんでした。残念。

観ていて面白くないとは言わないけれど、パンチは激弱だなぁと
感じた1本でした。

余:少しでいいから「致死率100%のウィルス」について
  教えて欲しかったかなぁ・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 88 台湾の猫 花花 「猫花園」 その1

花花

台湾 MRT芝山駅改札を出て右側すぐにある猫(一部犬&鳥)カフェ「猫花園」。
約2年ぶりに再訪問。

お目当ての「花花」は、ますます可愛くなっていました。
(フォアフォア=手前の胴体柄がハートに見える猫)

ああ、食べちゃいたい・・・

以前書いた「猫花園」記事は⇒こちら

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「二つの顔を持つ女 整形美女の復讐」 ストッカード・チャニング

THE GIRL MOST LIKELY TO...
原題:THE GIRL MOST LIKELY TO...
製作年:1973年(TVM)
監督:リー・フィリップス
出演:ストッカード・チャニング
   エドワード・アズナー
評価:★★★★




賢く才能があるにも関わらず、容姿がスーパーバッドなせいで
散々な人生を送っていた主人公が、事故が原因で整形手術を施され
スーパー美人に生まれ変わり、過去自分を馬鹿にした人々に復讐を
していく様子をコメディタッチに描いたブラックコメディドラマ作品。

容姿のせいで散々馬鹿にされ、酷い目にあう主人公を観て
心が痛む前半と逆に、美しく生まれ変わり「確かにコメディだ」と
思うような馬鹿らしい方法で復讐行脚をする主人公を描いた後半との
ギャップがシンプルかつユーモラス。
ブラックな魅力あふれる映画だと思います。
(今、この手の内容を作ると、明るさが抜けて陰湿かつ怖い話に
 なってしまいそうですが・・・)

主役を演じたチャニングの上手さ(ハマリ具合)もあると思いますが
(細かい部分は別として)全体的に面白い1本だと思います。

余:特殊技術ナシで元々美人なチャニングが、前半&後半驚きの
  変身をするのも見所の一つ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「エクスターミネーター」ロバート・ギンティ

ex原題:Exterminator
製作年:1980年
監督:ジェームズ・グリッケンハウス
出演:ロバート・ギンティ
   スティーヴ・ジェームズ
   サマンサ・エッガー
   クリストファー・ジョージ
評価:★★+★半分


固い友情で結ばれた親友を、町の愚連隊によって寝たきりにされてしまった
ベトナム帰りの男が「処刑人(エクスターミネーター)」と名のり
町のダニ駆除やっていく話。バイオレンスアクション映画。

個人的には結構好きな作品。

(多分)話題になった人肉ミンチーや、ナパーム風の火あぶりシーンは
今観ると結構地味ですし、ポスター通りの「汚物は消毒だ~」シーンや
派手なアクションシーンはないですが、地味かつ渋い音楽が、なんだか
哀愁をさそう1本なのです。

脚本はたるくても、頭の片隅に不思議と残る。
そんな感じの映画だと思います。

余:サミュエル・L・ジャクソン(エキストラ)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「俺たちニュースキャスター」 ウィル・フェレル

The Legend of Ron Burgundy原題:ANCHORMAN
   THE LEGEND OF RON BURGUNDY
製作年:2004年
監督:アダム・マッケイ
出演:ウィル・フェレル
   クリスティナ・アップルゲイト
   ポール・ラッド  スティーヴ・カレル
  デヴィッド・ケックナー フレッド・ウィラード
評価:★★★★+★半分

ニュース番組の「キャスター」を巡り、現在のスターであるバーガンディと
その座を狙うコーニングストーン、その他大勢のキャスター総動員で巻き起こす
ハチャメチャコメディドラマ。

「70年代」前提で、ここまで何もかもオーバーにやるか?という
演出が冴えているし、アメリカンギャグ映画にありがちな
脚本の弱さを感じない、ダレない愉快な1本だと思います。

すっきり大笑い出来る映画って、今は少ないけれど(イロイロ
ギビシイからなぁ)、自分が子供の頃に観ていたようなキチガ○ギャグを
楽しめて良かったです。

子供以外にオススメな作品です。

余:セス・ローゲン  フレッド・アーミセン ダニー・トレホ
  ルーク・ウィルソン  ベン・スティラー
 カメオ⇒ジャック・ブラック ヴィンス・ヴォーン ティム・ロビンス
     ミッシー・パイル ジェリー・スティラー  豪華過ぎてやはり大笑い

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「4匹の蝿」 ダリオ・アルジェント

QUATTRO MOSCHE DI VELLUTO GRIGIO原題:QUATTRO MOSCHE DI VELLUTO GRIGIO
製作年:1971年
監督:ダリオ・アルジェント
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:マイケル・ブランドン
   ミムジー・ファーマー
   ジャン=ピエール・マリエール
   バッド・スペンサー
評価:★★+★半分

金持ち妻と暮らすロックバンドのドラマーが、自分をつけ回す男を
殺してしまった事から、目撃者に脅される日々を送るはめになる。
警察にも相談出来ず悩む主人公と、その周囲で起こる不可解な事件の
様子を描いた、ミステリーサスペンス映画。

4 タイトル通りに興味深い「4匹の蝿」の
 使い方や、劇中のスロー映像・演出・音楽等が
 優れていて、「サスペンス」としては弱すぎるという
 アルジェントらしいといえば、らしい映画だと思います。
 (中身あるサスペンスを期待してはいけないのだ)

アルジェントの映画に興味がある人には薦めたいけれど、お洒落
そうだから~とかいう動機の人には絶対薦められない、そんな1本。

余:推測しやすい内容には間違いないけど、あのラストは赤川○郎並に
  「えェェ?そりゃないよ!」だったかも。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「地下室の魔物」 キム・ダービー

dont be
原題:DON'T BE AFRAID OF THE DARK
製作年:1973年
監督:ジョン・ニューランド
出演:キム・ダービー
   ジム・ハットン
   ペドロ・アルメンダリス・Jr
   バーバラ・アンダーソン
評価:★★+★半分

祖父母の残した豪邸に引越した夫婦。
仕事で忙しい夫の代わりに、屋敷改装をまかされていた妻は
ある日地下室に封印された暖炉を見つけてしまい・・・
サスペンス・ホラーTV映画。

脚本がそこまで上手くないし、時代のせいかカッタるさがを感じる展開ですが
「家に何かいるのよぉぉぉ!!」と訴えまくっても誰にも信じてもらえず
夫にはくるくるパー扱いされてしまう主婦を、キム・ダービーが寸胴体形で
雰囲気よく演じています。

「シンプルであればある程、驚いてしまう」という典型的古典ホラー作品として
楽しめる1本じゃないでしょうか。

余:リメイクは来年公開です。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「 Vampires Suck 」 ジェン・ブロスキー

Vampires Suck原題:Vampires Suck
製作年:2010年
監督:ジェイソン・フリードバーグ
   アーロン・セルツァー 
出演:ジェン・ブロスキー
   マット・ランター
   クリス・リジ
   ステファニー・フィッシャー
評価:★★


主人公が転校先の学校で恋に落ちたミステリアスな男子生徒は
永遠の命を持つヴァンパイアだった・・・
現在3部まで公開されている大ヒットシリーズ「トワイライト」を
ベースにしたパロディ映画「ヴァンパイアズ・サック」。

猛烈にくだらない&パロディならではのイカしたセンスがない事は
言うまでもありませんが、オリジナル出演者に微妙~に似ている役者が
1&2の内容をダイジェストにしたような話をくだらな~く演じている
ダルさが、なんとな~く面白かったです。

まあ、正当な評価としては★1つだと思いますが、「トワイライトシリーズ」を
突っ込みながらも真面目に劇場鑑賞してきている人(当方含む)なら
軽くみれていいのではないでしょうか。

早送りor「~しながら」の「ながら観」に良い1本だと思います。

余:時間の無駄になる事を前提にどうぞ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「トロン レガシー 」 ジェフ・ブリッジス

Tron  Legacy原題:Tron: Legacy
製作年:2010年
監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:ジェフ・ブリッジス
   ギャレット・ヘドランド
   ブルース・ボックスライトナー
   オリヴィア・ワイルド
音楽:ダフト・パンク
評価:★★+★半分


「トロン」(82)の続編。
前作の主人公、ケヴィン・フリンが謎の失踪を遂げてから20年。
成長したケヴィンの息子サムは、父親を探す手がかりを求め
コンピューター世界「グリッド」に入り込んでしまう・・という話。SF映画。

昔「トロン」(82)を観た時に感じた「何だ、この世界観!映像!!」
という衝撃や感想は受けませんでし、ドラマ面やアクション等に関しても
他の3D作品同様、左程印象に残るものではありませんでしたが、とにかく
ダフト・パンクが手がけた音楽(Journeyも笑えた)は素晴らしかったです。
(久しぶりに音楽が納得の効果を生んでいたのでは?)

多分、「続編、作って正解だったね」とまでは思えなかったのは
オリジナルで培ったものを壊しているのでは?という他作品要素を
多々感じた部分(SとかMとかBとかOとか・・?)と、自分の期待が大きすぎた部分
そして「今」抜きん出た技術やアイディアを持った映画が82年以上にザラに
あるせいなのかな・・・

とりあえずジェフ・ブリッジスは頑張っているな~とか
最初の「トロン」は本当に早すぎた映画だったんだな~とか
シミジミ出来たし、冒頭のマッキントッシュに「うお!同じの
持ってたぞ!」と胸躍ったり・・・(相変わらず字幕センスはアレでしたが)
「ま、いっか」と思えた1本でした。

余:前作は分かりやすかったミッキー。今回は?
  ヘルメットの柄と爆弾で良いのでしょうか?
  (思い込みかな?ミッキーに見えたんだけどな)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 87 台湾の猫

映画 感想 「 Skyline 」 グレッグ&コリン・ストラウス

skyline
原題:Skyline
製作年:2010年
監督:グレッグ&コリン・ストラウス
出演:エリック・バルフォー
   デイヴィッド・ザヤス
   ドナルド・フェイソン
評価:★+★半分



ある朝突然ロサンゼルス上空に現れた宇宙船と戦う男女の話。
裏テーマは愛と未知との遭遇・・?なSF映画「スカイライン」。

「筋なんて、どうでもいい。
 CGを楽しみたいんだよ!!(デザイン除く)」

という方なら、楽しめるかも。

CGというエサを与えるかわりに、内容や宇宙船等のデザインに
ついては目を瞑れと、終始言われているような気がした1本でした。

余:ここまで人間が出てる意味がない映画も珍しい。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

写真 86 台湾の犬

写真 85 台湾の犬

写真 84 台湾の犬

カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。