映画 感想 「ドラゴン・キングダム」 ジャッキー&ジェット・リー

the forbidden kingdomドラゴン・キングダム
原題:the forbidden kingdom
製作年:2008年
監督:ロブ・ミンコフ
アクション監督:ユエン・ウーピン
出演:ジャッキー・チェン  ジェット・リー
   マイケル・アンガラノ
   リウ・イーフェイ
評価:★★★

気弱なカンフーオタのアメリカ人青年が、ある日突然、如意棒を
孫悟空に返す使者として異次元に迷い込む話。アクション青春映画。

気弱な青年(少年)が愛と友情を学ぶうちに心身共に成長して
いくという筋なので、分かりやすくまとまりが良い、観やすい1本。

たとえ舞台が中国なのに、主要メンバーが全員英語OKという設定に
違和感を感じようと、ワイヤーアクション全開だろうと、あまりに
イージーな話の為、中だるみがあろうと・・・気軽に王道を
楽しむ分には問題ないと思います。

余:酔拳が観れて嬉しかった。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

ファーストフードショップ 「ポッポ」

ポッポ

 ファーストフードショップ「ポッポ」
 (セブン&アイグループ)
 店舗詳細はコチラ

 日本全国のイトーヨーカドー内にある
 らしい「ポッポ」。

 気にはなっていたものの
 一度も食べた事がなかったお店。 
 初チャレンジしてみました。
 (←※タコは過剰広告だな。。こんなに大きくないよ)

ポッポ お好み焼き&焼きそばセット 580円位??

 素人が作って食べるお好み焼きや焼きそばの
 味といいますか、なんとも懐かしい
 お母さんな味・・(ケチャップマヨで食べたかった)

 もちろん店舗毎に作る人が違うので
 味は変わると思いますが、当方が食べた
 お店では中年の女性が作っていたので
 そう感じたのかもしれません。


フードコート内にある食堂は、基本的に価格の割りにマズイという印象が
あったのですが、ここは量もそれなりに多いし、早いし、安いし、気軽。

う~ん。安く簡単にあげたい時の選択肢になりそうです。

余:有名店「き○」よりおいしく感じてたかも・・・??
  (やはりお好み焼きは安くてなんぼでしょう。高すぎるってオカシイ)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

DQMJ2

DQMJ ドラゴンクエストモンスター
 ジョーカー2

 4月28日発売
 詳細ページはコチラ

 まだ殆どプレイしていませんが
 操作方法もシンプルで、やりやすそうな感じ。


すれ違い通信を利用して「ドラゴンクエストIX」や「ドラゴンクエストVI」に
登場するモンスターがやってくる?という機能も面白そうだし、1同様
楽しめる1本だとありがたいです。

余:ゲームやるの、久しぶり。続くかな。。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ウルフマン」 ベニチオ・デル・トロ

The Wolfmanウルフマン
原題:The Wolfman
製作年:2010年
監督:ジョー・ジョンストン
特殊メイク:リック・ベイカー
出演:ベニチオ・デル・トロ
   アンソニー・ホプキンス
評価:★★



失踪した兄を探す為、久しぶりに帰郷した弟。
謎を追いかけていくうちに、故郷で出現している
殺人鬼の正体が狼男である事を知り・・というゴシック風
ホラーアクション作品。「狼男」(41)のリメイク。

山・谷・オチが微妙過ぎて、途中寝てしまいました。
何だろう・・・最初から最後まで、予定通りに話が進み過ぎる点に
面白みを感じる事が出来ませんでした。

肝心の狼男に関しては、現代技術でマッチョ化し、ベシベシ
派手に動き回る感じの狼男も・・悪くないとは思いましたが
ただ、「狼男アメリカン」(81)を観た時のように
何年たっても「あれは面白かったよね」とまでは思えない感じ。

総合的に「ま、こんなもんでしょ」程度になっちゃって残念。

余:ベニチオ・デル・トロって特殊メイクいらない顔だな~

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「パーシージャクソンとオリンポスの神々」 クリス・コロンバス

Percy Jackson原題:Percy Jackson & the Olympians
   The Lightning Thief
製作年:2009年
監督:クリス・コロンバス
出演:ローガン・ラーマン ブランドン・T・ジャクソン
   アレクサンドラ・ダダリオ ショーン・ビーン
評価:★★+★半分 

リック・リオーダン原作「パーシー・ジャクソン」全5作の映画化第一弾。
ポセイドンと人間の子供である"デミゴット"パーシー・ジャクソン。
ゼウスから雷を盗んだ容疑を掛けられた彼が、疑いを晴らす為
友人達と共に冒険をするファンタジー映画。

小学生向けにしては、お言葉使いがチト悪く、高校生向けにしては
ちょっとセンスが古い・・中間とって、中学生位向けというか。

気軽に観る分には、特に問題ない程度かもしれません。

余:水筒持ち歩けばいいのに。水パワーをもっと使おう!

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「マラビンバ」 アンドレア・ビアンキ

Malabimbaマラビンバ
原題:Malabimba
製作年:1979年
監督:アンドレア・ビアンキ
出演:Katell Laennec
    Patrizia Webley
    Enzo Fisichella
    Mariangela Giordano
評価:☆

没落名家の城を舞台に繰り広げられるポルノエクソシスト映画。

本編88分の内、まともに服を着て会話をするシーンが
15分ないんじゃないの?という内容。

何でもかんでも悪霊のせいにしては、いかんでしょうと
思いつつ、ソフトポルノとホラーが一心同体
だった頃の作品と考えれば、観れなくもないと
思う1本かもしれません。

余:眠気と格闘出来る中学生男子には良いかも?

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

秋葉原駅前 「ガンダムカフェ」

ガンダムカフェ ガンダムカフェ
 
 2010年4月24日に秋葉原駅前にオープンした
 「ガンダムカフェ」

ガンダムカフェ 
 ユニークな名前がついた飲食物を
 提供している他、「ガンプラ焼」や
 ガンダム関連お土産(主にお菓子)が
 気軽に買えるお店。

 平日午後に立ち寄ったのにも関わらず
 店舗のあるガード沿いにずら~っと列が
 出来ていました(「カフェ」利用者の列)


ガンダムカフェ ガンダムカフェ

せっかくなのでお茶でも・・と思いましたが、カフェ利用の場合1時間以上待つとの
事でしたので、列に加わる気力が無い当方は、結局ガンプラ焼だけ食べて帰りましたが・・・

平日でこれなら、来週からのGWはどうなるんでしょう。
混雑時に利用予定の方は、暇潰し出来る物持参&暑さ対策をした方が
無難かもしれませんね。

(ガンプラ焼の記事はコチラ

余:お土産コーナー&ガンプラ焼を利用しただけですが、なんとなく
  準備万端オープンじゃなかのかも?と思いました。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

アキバ名物 「ガンプラ焼」 1/144のガンダム大判焼

ガンダムカフェ 2010年4月24日 秋葉原駅前に
 オープンした「ガンダムカフェ」(HP
 そこで売られている「ガンプラ焼」

 北海道産小倉あん  190円
 ベーコンマヨネーズ  220円
 各味1個の2個セット  400円

ガンダムカフェ  ガンダムカフェ
 入口横にテイクアウト用?窓口と自販機が
 あるので、そこで商品を選択します。

ガンプラ焼ガンプラ焼










まあ、選択といっても・・・今現在「お得な2個セット」しか買えないようになっていました。
(「1個だけ買えませんか?」と聞いている人がいたけど「セットのみ」という返答をもらっていた)
混雑回避策なのかもしれませんね。

で。

これが「アキバ名物 ガンプラ焼」です。

ガンプラ焼 ガンプラ焼
         前                     後

ガンプラ焼 確かに1/144のガンダムでした。
 薄くてモチモチ感のある皮が
 パリッとしていて、なかなか
 美味しいです。

 でも。

 1個200円前後は高すぎる

 とても「気軽な食べ歩きの友」には
 ならないと思いました。 



↑ 顔 コ ワ イ

まあ、1個100円位ならリピしたいところですが、この値段なら
一度食べれれば充分かも・・?
面白い事は面白いので、近くを通りかかったらチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

余:平日のどうでも良い時間でも、多少並びました。
  (ガンダムカフェの記事はコチラ

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「タイタンの戦い」 ルイ・レテリエ

Clash of the Titans タイタンの戦い
原題:Clash of the Titans
製作年:2010年
監督:ルイ・レテリエ
出演:サム・ワーシントン
   リーアム・ニーソン レイフ・ファインズ
評価:★★+★半分

「タイタンの戦い」(81)のリメイク作品。
神に戦いを挑んだ人間と半神の主人公の話を描いた古代アクション映画。

「聖闘士星矢」(車田正美)がお好きらしい監督・・
まさかこの映画の中で「クロス」がリアルに観れるとは
思ってもいませんでした・・・

それは別として。

映画そのものは「あれが こーして こーなった」系なので
2Dだろうが3Dだろうがレンタルだろうが良い感じだと思います。

しかし、最近は神ブームなんですかね。
同時期に同じような系統が続くと、飽きますね。

余:レイ・ハリーハウゼンが手がけたオリジナルの方が
  味があって好き・・ やっぱり味がある方が怖い。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ティンカー・ベルと月の石」 クレイ・ホール

Tinkerbell and the lost treasureティンカー・ベルと月の石
原題:Tinkerbell and the lost treasure
製作年:2009年
監督:クレイ・ホール
出演:(声)
   メイ・ホイットマン
   ルーシー・リュー
   ジェシー・マッカートニー
評価:★★

宝物「月の石」を設置する為の「聖なる杖」を作る名誉を
与えられたティンカー・ベルが、仲間達の協力とともに
己の難点を克服しつつ、苦難を乗り越えていくファンタジー映画。

ワガママに育ちそうな子供に観せたらいいのでは・・と
思った1本。

前半の「ディズニーらしい」まったりさえ乗り越えられれば
大人でもいけるアニメかもしれません。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ヘルスネーク」 マイケル・ワルター

ヘルスネークヘルスネーク
原題 : Magdalena and the Evil
製作年 : 1974年
監督:マイケル・ワルター
出演:ダグマー・ヘードリッヒ
   ヴェルナー・ブランズ
   ルドルフ・シュンドラー
評価:★★


祖父が磔にされて殺害されるという事件をきっかけに、何かに
憑依された17歳の孫娘「マグダレーナ」が、とんでもあられな
奇行を繰り返してしまうエクソシストエロオカルト映画。

あまりにもオマタをガバガバ広げてマグダレーナが暴走する為か
彼女がオールタイム・ノーパンのせいか知りませんが、モザイクが
バリバリ入るうっとおしい1本。

かといって、ご要望(何のだ)にお答え出来るかといえば・・そうでもなく。

最初は、空き地のドラム缶に雨に濡れてシワシワになっていた
エロ本を見つけてしまったドキドキ心境で観れるかもしれませんが
中盤からあまりに実が無い為に冷めてしまう・・そんな内容。

ラストの脱力には驚きを隠せませんが、暇つぶしで観るには
ちょっと疲れる「ゆるエクソシスト」かも。

余:いくら可愛くても、あれじゃ無理だっぺ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「マニトウ」 ウィリアム・ガードラー

THE MANITOU
マニトウ
原題:THE MANITOU
製作年:1978年
監督:ウィリアム・ガードラー(遺作)
出演:トニー・カーティス
   スーザン・ストラスバーグ
   マイケル・アンサラ
評価:★★★

400年前の最強インディアン悪霊が、女性の首に胎児として宿り
現代に蘇ろうとしている!!
彼女を守ろうとするインチキ占い師と現代医学の権威達、そして
インディアン祈祷師が、悪霊退治に乗り出すオカルトホラー映画。

スーパーオカルトSFといいますか。
「宇宙からのツタンカーメン」(82)のラストも衝撃的でしたが
コチラのラストの方が・・・何かを越えていました。

本作を真面目に評価する方はあまりいないと思いますが
ジャンプ並の超展開、技使いまくり、こじつけ大全開、後シラネ状態を
どこまで楽しめるかに、鍵があるかと。

いや、本当に有意義な時間が過ごせて良かったです。
個人的には好きな部類の1本でした。

余:「1969年
    東京の15才の少年の胸に腫瘍が発生
    腫瘍は膨張し鮮明ではないが、明らかに人類の胎児であった」

   これ、親子3代江戸っ子友人に確認しなくては。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

ロゴナ 天然成分 「リップクリーム」 オーガニック

ロゴナ 独ロゴナ社のリップクリーム
 5g 680円前後。

 感触普通・テカリ無・匂いちょっと独特。

 余計な飾りが無い、素直で効果的な
 商品だと思いました。



以前、皮膚科で「薬用」表記されていても、薬用とはとても言えない
リップクリームだらけだから注意しなさい!!と言われた経験が
ありますが、これは大丈夫だったようです。

ドラックストア系であまり取り扱っていない点が残念ですが
妙なリップクリームで唇の皮がむけたり、ブツブツが出来たり
痒くなった経験がある方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

余:ユリアージ・ヴェレダ・ロコベースの中では、一番実用的な効果が
  あったかな・・折れて溶けやすそうだけど。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

ジュエリーの輝き・・・ ゼリー専門店 「彩果の宝石」 トミゼンフーヅ

彩果の宝石
 トミゼンフーヅ「彩果の宝石」

 果汁・果肉・オリゴ糖などをたっぷり含んだ
 体に優しいジェリー・・・

 「ザ・昭和」な雰囲気と、独特な形(植物や
 果物の形)をした有名な商品。
 全国の三越や埼玉で購入可能。

彩果の宝石

直径4~5cm位のバラゼリーに、沢山お砂糖がまぶしてあります。

こんな事を言ったら何ですが、昔食べた四角い砂糖マミレの安いゼリーに
感触とかいろいろ似ている気もするのですが、やはり形は美しい・・・
しかも味が濃いので、1個食べれば十分満足出来ます。

大昔、外出先で紅茶と一緒に出されたシュガーアート?(角砂糖の上に
柄がついているやつ。お茶に入れるとプカ~っと柄だけ浮くやつ)と
セットで頂くと、何とも貴婦人な気分になれるお菓子だと思います。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「地球の静止する日」 ロバート・ワイズ

The Day the Earth Stood Still地球の静止する日
原題:The Day the Earth Stood Still
製作年:1951年
監督:ロバート・ワイズ
出演:マイケル・レニイ
   パトリシア・ニール
評価:★★★+★半分

突如ワシントン上空に現れた謎の円盤と、人間の姿をした
宇宙人&ロボット「クラートゥとゴート」。
彼らの目的が分からず右往左往する人類の様子を描いた
SFドラマ映画。

もちろん白黒映画なので、時代はたっぷり感じてしまいますが
テーマが良いので、今観ても感じるところが多い1本。
宇宙人がやって来てドタバタするだけの内容とは
異なり、ドラマ部分がしっかりしています。

50年以上前から取り上げられている問題を
未だ解決出来ない人類って、どうなんだろうと
改めて思わされた良SFでした。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「手首切断! 悪魔のゾンビノイド」 スチュアート・ホイットマン

Messenger of Death
手首切断!悪魔のゾンビノイド
原題:Messenger of Death
製作年:1981年
監督:アルフレッド・ザカリアス
出演:サマンサ・エッガー
   スチュアート・ホイットマン
評価:★+★半分


メキシコの鉱山で発見された「悪魔の左手」が
次々と人々に憑依していくオカルトホラー映画。

ゾンビノイド(多分悪魔の左手の事か??)の意味は分かりませんが
タイトル通り、確かに手首が切断されるシーンが多いです。

でも・・・ホラー・・というには怖くないし、ホイットマンが
出演しているからか、何故かカーアクションまである変わった1本。

なんとも微妙ですが、味は無くも無い感じがお好きな方向け。

余:動く手首と言えば「悪魔の花嫁」の「呪いの館」の方が怖い・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「カジュアリティーズ」 マイケル・J・フォックス

CASUALTIES OF WARカジュアリティーズ
原題:CASUALTIES OF WAR
製作年:1989年
監督:ブライアン・デ・パルマ
出演:マイケル・J・フォックス
   ショーン・ペン
   ジョン・レグイザモ
   テュイ・テュー・リー
評価:★★★

ベトナム戦争中、己の欲望を満たす為だけに現地の女性を誘拐し
強姦殺害したアメリカ軍兵と、その行為を目撃し告訴した
同アメリカ軍兵の様子を実話を基に描いた戦争映画。

絵日記同様、淡々とその過程を描いているだけなので
映画としての迫力や面白みはありませんが
鑑賞後に行為の問題性を観客に考えさせる力は
ある1本だとは思います。

映画の出来は別として、とにかく重くて救いようがない
話には間違いないかもしれません。。

余:ベトナム女性役を演じたテュイ・テュー・リーが良かった。
  (女優にはならず、今は普通に学校の先生をやっているそうな)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

あ し た の ジ ョ ー  実 写 

ちばてつや&高森朝雄(梶原一騎)の名作「あしたのジョー」
2011年の春頃実写映画化するというニュースが流れて暫く経ちました。

監督=曽 利 文 彦 矢吹 丈=山 下 智 久 丹下段平=香 川 照 之 
力石徹=伊 勢 谷 友 介というところまで決まりましたが・・・どうなんでしょう。

のりちゃん キャストや監督名をみる限り、原作&アニメ版が
 大好きな自分としては、複雑な心境・・です。
 (お洒落な「あしたのジョー」なんて
  とてつもなく観たくない)
 とりあえず「デビルマン」よりマシな出来を
 願うばかりです。
 余:のりちゃんは誰がやるんだ・・・のりちゃん・・
   「うどん」も「エテ」も・・誰が・・・
 


これもどうなんだろう・・・


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ベッドタイム・ストーリー」 アダム・サンドラー

Bedtime Storiesベッドタイム・ストーリー
原題:Bedtime Stories
製作年:2008年
監督:アダム・シャンクマン
出演:アダム・サンドラー
   ケリー・ラッセル
   ガイ・ピアース
評価:★★+★半分


元々父親が経営していたホテルで、さえない修理係をやっている男が
主人公。そんな彼が、姪っ子達に適当に話したおとぎ話の内容通りの
日々を送るようになるという、ファンタジーストーリー。

ディズニーらしい純粋なお話というよりは、大人のいやらしさが
抜け切らなかった感じがする1本。

気軽に観れる事は観れますが、特に何も残らない作品かもしれません。

余:アダム・サンドラーがイマイチ国内でブレイクしない理由は・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ゼブラ軍団」 ジョー・トルナトーレ

Code Name  Zebraゼブラ軍団
原題:ZEBRA FORCE
   (code name Zebra)
製作年:1976年
監督:ジョー・トルナトーレ
特殊メイク:リック・ベイカー
出演:ジェームス・ミッチャム
   マイク・レイン フランク・シナトラJr
評価:★★


ベトナム帰りの白人集団が、黒人に変装しマフィアから金を
巻き上げる話。クライムアクション。

アイディア・テンポ・音楽・ラスト等、良いなと思う点も多いけど
全体的にしまりが無い感じでしょうか。

今ではちょっと作れないアイディアには間違いない分
もう一つ上手い展開(台詞)が欲しかった気がした1本でした。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「アリス・イン・ワンダーランド」 ティム・バートン

ALICE IN WONDERLANDアリス・イン・ワンダーランド
原題:ALICE IN WONDERLAND
製作年:2010年
監督:ティム・バートン
出演:ミア・ワシコウスカ
   ジョニー・デップ
   ヘレナ・ボナム=カーター
   アン・ハサウェイ クリスピン・グローヴァー
評価:★+★半分

ルイス・キャロル「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」をベースに
描かれたファンタジー作品。

衣装・色・キャラクター等のビジュアル面、あとクリスピン・グローヴァーを
観れて良かったなという以外、何も残らない1本でした。

次回作は映像より脚本を良く考えて作って欲しいです。

余:アン・ハサウェイの変わった顔は、こういうキャラ向きだったんだと
  思った(目、デカ過ぎ)少女漫画の女の子が現実にいたら、ああいう顔なのかも。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「レギオン」 ポール・ベタニー

レギオンレギオン
原題:LEGION
製作年:2010年
監督:スコット・スチュワート
出演:ポール・ベタニー
   ルーカス・ブラック
   タイリース・ギブソン
   デニス・クエイド
評価:★★+★半分

人間に愛想を尽かした神が地上に送った殺戮天使軍団VS人間派
元天使の戦い。ファンタジーアクション。

レギオン 宗教色が強いと言えば強いですが、別にそのせいで
 観難いという事はありません。
 ただ、大風呂敷・・それだけでしょうか。
 前半はなかなか面白く、ワクワク感たっぷりで
 観れる分、後半が非常に残念な1本。

 壮大かつ収拾がつかない、でもちゃんとした
 役者を使ってる、B級作品を観てみたい
 方向けかもしれません。

※予告編は絶対観ない方が良いです。とても良いシーンを垂れ流していますので。

余:「ターミネーター」(84)「ゾンビ」(78)「要塞警察」(76)
  「チャイルドプレイ」(88)等が走馬灯のように駆け巡りました

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

ロクシタン いろいろ手にしてみたものの

ロクシタン
 国内でも海外でも人気があるのか
 それなりのお値段で売っている
 ロクシタン商品。
 頂き物や自分で入手したもの含め
 いろいろ手元に溜まってきました。

 化粧品は基本未開封で約3年
 開封した後は約半年が使用期限らしいので

ロクシタン 毎日せっせと使う努力をしていますが
 ロクシタンって評判程良くないのではと
 思いはじめるようになってきました。

 もちろん、コスメラインは使ったことが無いので
 対象外ですが(匂いがキツ過ぎて
 とても顔には使えない)今のところ石鹸・
 ハンド(ボディ)クリーム・シアバター位しか
 使用感が良かった物がありません。

とにかく使い切らねば勿体無い(ミニチュア版でも結構高い)ので
暫く「臭い」と他人に言われつつも頑張ろうと思いますが
値段と商品内容がイマイチ合ってないと感じるメーカーなのかも
しれないと思う今日この頃です(イメージとかパッケージは好きなんだけどな)

余:シャンプー&コンディショナーだけは薦められないかも。
  髪質にもよるかも知れませんが、当方の場合、ママレモンで髪を
  洗っているような気分&仕上がりになりました。 
  (そいうえば、現品購入した友人も、数回使用した後破棄していたな・・)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

OXO  オクソー グッド・グリップス サラダスピナー

OXO
 OXO(オクソー)
  グッド・グリップス サラダスピナー(小)

 「片手でノブを押すだけで、カゴが回転して水切りできる
  画期的なサラダ用水切りボウル(米国特許)」

 切った野菜をかごに入れてボタンを押すだけで
 水がすっきり切れる便利な調理器具。

OXO 

 ←真ん中に見える黒いボタン?を押すと
 中のザルがグルグル回るという、シンプルかつ
 効率的な仕組みで、ガッツリ水を切ってくれます。

 簡単だし、楽しいです。
 何よりちゃんと水を切るとサラダの
 味も変わるんだと思いました。

これに慣れてしまった今では、ザルを振っていた自分には戻れません。

多少場所を取る点、ふた部分が洗いにくい点を除けば、非常に便利な1品。
多分、「役にたつかも~」と購入しそうなチョッパーやミキサーより
活躍してくれるのではないであろうかと思えます。
(あいつらは場所を本当にとるし、意外と活躍してくれなかった)

食卓に必ず野菜が上がるご家庭にあると良いと思える商品でした。

余:画像のスピナーは型落ちです。現行商品(コチラ)とはちょっと違うかも。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

ダリヤ 前髪をちょっと止める道具 「前髪とめ~る」

前髪前髪
ダリヤ 「前髪とめ~る」
商品ページはコチラ

「髪に跡やクセを残さず、しっかり固定。
貼りつけるだけのカンタンで便利な
マジックシートタイプ」 2枚入り



あまり期待は出来無さそうだけど、小林○薬のような
妙な商品名に惹かれ、購入してみました。

なんというか・・・

本当に一瞬なら問題ない使用感ですが、一瞬を通り越せば普通に跡もつくし
前髪の量が多ければ使いにくいし、何より装着時の自分がマヌケという1品でした。

前髪(サイドには使えないと思う)の量が少ない方、1人環境で使用出来る
方(もしくは全てを曝け出しても構わない方)、上手く使いこなせる方なら
気に入る商品かもしれません。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ビバリーヒルズ・コップ3」 エディ・マーフィ

BeverlyHillsCop3ビバリーヒルズ・コップ3
原題:BEVERLY HILLS COP III
製作年:1994年
監督:ジョン・ランディス
出演:エディ・マーフィ 
   ジャッジ・ラインホルド
   ジョン・サクソン
   ヘクター・エリゾンド
評価:★★


上司を殺されたアクセルが、犯人と裏に潜む巨悪を潰す為、ワンダーランド
(遊園地)に乗り込む話。クライムアクション。

「終わったな・・・」と感じた3作目。
何度か観ているはずなのに、毎度かなり断片的なシーンしか
思い出せません・・・=何度観ても面白くないという事なんでしょう。

1・2で培ったノリが、とんでもダサい方向に進んだにも関わらず
監督に「いえ、この展開は終わってます」と誰もアドバイス
出来なかったんだろうなぁ。

とにかく。
豪華なカメオ出演者も、ユニバーサルの宣伝も
子供もイラネ!と叫びたくなる「3」でした。

余:ビバリーヒルズに「ラブはいらねェんだよ」と呟きながら
  観てしまう自分って、小さいのかしら。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ビバリーヒルズ・コップ2」 エディ・マーフィ

BeverlyHillsCop2ビバリーヒルズ・コップ2
原題:BEVERLY HILLS COP II
製作年:1987年
監督:トニー・スコット
製作: ドン・シンプソン
    ジェリー・ブラッカイマー
出演:エディ・マーフィ ジャッジ・ラインホルド
   ジョン・アシュトン  ブリジット・ニールセン
評価:★★★★

前作で友情関係になったビバリーヒルズ署の刑事が襲われた事を
きっかけに、現金強奪事件に足を突っ込んでしまうアクセルの様子を
描いたクライムアクションコメディ。

前作よりもコメディ色とシモネタ色が強くなっていますが、面白
おかしく観るには充分な1本(ふざけた笑いの要素は1より多い)
何遍観ても笑える(これは1より再放送が多かった気がする)=ある意味
成功した続編じゃないでしょうか。

本当、小学生に愛される映画って良いですね。

余:この後の3は・・・3はオススメ出来・・ません・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ビバリーヒルズ・コップ」 エディ・マーフィー

ビバリーヒルズコップビバリーヒルズコップ
原題:Beverly Hills Cop
製作年:1984年
監督:マーティン・ブレスト
製作 ドン・シンプソン  ジェリー・ブラッカイマー
出演:エディ・マーフィー
   ジャッジ・ラインホルド
   ジョン・アシュトン
評価:★★★★

親友を殺された刑事が、ビバリーヒルズにはびこる
悪の組織を地元刑事コンビと協力し一網打尽する痛快刑事アクション。

84年の映画は面白いのが沢山あったな~と思って調べてみると
「ゴーストバスターズ」「インディ・ジョーンズ」「グレムリン」
「ベスト・キッド」「ポリスアカデミー」等、当時夢中になって
観た作品が沢山あったので驚きました。
本作も、そんな「広く愛された」当たり年作品の1つです。
何度観ても安定した面白さを感じる事が出来る、娯楽映画らしい
魅力がいっぱい詰まってます。

今更とはいわず、「4」が公開する前に是非おさらいしてみて下さい。
(吹き替えの方が面白いかも)ああ、ベタな映画って良い・・・

余:個人的には1と2が最高だったと思います。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「突破口!」 ウォルター・マッソー

CHARLEY VARRICK突破口!
原題:CHARLEY VARRICK
製作年:1974年
監督:ドン・シーゲル
出演:ウォルター・マッソー
   ジョー・ドン・ベイカー
   ジョン・ヴァーノン
評価:★★★★


農薬散布業をしている中年男が小金を稼ごうと銀行強盗を決行。
しかしその銀行にはマフィアの大金が預けられていた事から
殺し屋に追われるハメになってしまう。
頭脳戦で追っ手から逃げる主人公の姿を描いたクライムアクション。

今観ると古い部分はありますが、それでも無駄なし、キャラ立ち
アイディア良しという点で充分楽しめる1本です。

東西南北全てオッケー、でも冷静だよ!という犯人、変態風の
冷酷な殺し屋、温厚そうで腹黒い銀行マン。
地味なくせに味があるキャラが上手く話を盛り立てていました。
(基本、役者がいい人ばかりってのもありますが)

激しいバイオレンス頼みのアクションよりも、内容や雰囲気に
満足したい場合にぴったりな作品じゃないでしょうか。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「K-20怪人20面相・伝」 金城武

怪人20面相K-20 怪人20面相・伝
監督:佐藤嗣麻子
製作年:2008年
出演:金城武
   國村隼
   松たか子
   仲村トオル
評価:★★+★半分



第二次世界大戦が起こらなかった架空の昭和初期が舞台。
誤認逮捕で怪人20面相と間違われたサーカス団員が
無実を証明しようと、本物の20面相を追いかける話。
アクションミステリー。

邦画ファンタジーアクションとしては(いろんな洋画
要素が取り入れられていたとしても)なかなか良く
作られた映画だと思いました。

ただ、長かった。
きっちりきっちり作られていて遊びがない分
(上手いハズしがない)硬くて疲れた。

遊びとオリジナリティが加われば、もっと良いかもと
感じた1本でした。

余:何ヶ国語も喋れてたいしたもんだと思いつつ
  金城武の抑揚のない話し方は、ツライなぁ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters