映画 感想 「アンダー・サスピション」 ジーン・ハックマン

UNDER SUSPICIONアンダー・サスピション
原題:UNDER SUSPICION
製作年:2000年
監督:スティーヴン・ホプキンス
製作総指揮:モーガン・フリーマン
       ジーン・ハックマン
出演:モーガン・フリーマン
   ジーン・ハックマン  モニカ・ベルッチ
評価:★★


連続少女暴行殺人事件の容疑者として拘束された弁護士と
その妻、尋問する刑事。三者三様の思惑が交錯する作品。

サスペンス映画というより、その裏に隠されたドラマ愛憎劇という
感じに思えますが、ソコが分かりにくいから、ストレートに
「面白い」と言い切れない感じ。

"UNDER SUSPICION"=事件と夫婦の両方にかけられた疑惑という良い
タイトルなのに、消化不良で終わってしまう残念な1本でした。

余:ハックマンのズラはギャグ?
  ベルッチはやはり綺麗ですね。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ダレン・シャン」 ポール・ワイツ

ダレンシャンダレン・シャン
原題:CIRQUE DU FREAK
     THE VAMPIRE'S ASSISTANT
製作年:2009年
監督:ポール・ワイツ
原作者:ダレン・シャン
出演:クリス・マッソグリア ジョシュ・ハッチャーソン
    ウィレム・デフォー  サルマ・ハエック
   ジョン・C・ライリー  渡辺謙
評価:★★

世界中で売れている児童向けファンタジー「ダレン・シャン」の映画化作品。
親友を救う為、ハーフ・ヴァンパイアになる事になった少年の物語。

数年前からその名前を知っていたものの、未だ原作未読。それでも
好きなジャンルの1つであるヴァンパイア物という事で観賞しましたが。

・・・う~ん。2作目があったとしても、もういいかな?と思いました。

基本、子供向けなのでしょうか?絵本・漫画のような流れで基本概要は
分かりやすいけど、細部(人物の心の動き等)はカットされているせいか
流れが悪く、感情移入しにくい。

一応1作目という事で、長編シリーズの「導入編」だけの内容で
終わらせる為かもしれませんが、これでは次に続くための魅力が
少なすぎる気がします。

まあ、何年も前に企画が持ち上がり、頓挫していた作品なので
多分続編はないでしょう。

もう少しパワーのある話を期待していた分、残念な1本でした。

余:「吹替版」オンリー上映でも構わないからさ。
   せめて声は全部本職さんで作って下さいヨ。
   ま、そもそも話題作りの為に素人起用しなきゃいけない映画は
   基本的に左程面白くないのですが。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「アドレナリン2 ハイボルテージ」

Crank 2アドレナリン2
原題:CRANK  HIGH VOLTAGE
製作年:2009年
監督:ネヴェルダイン
出演:ジェイソン・ステイサム
   エイミー・スマート
   デヴィッド・キャラダイン
   バイ・リン
評価:★★★+★半分

「アドレナリン」(06)の続編。

プロの殺し屋チェリオスが、ひたすらアドレナリンを出しまくった1作目に
続き、今度はひたすら充電しないと死んじゃうぞ!というアクション映画。

アホかつBの匂いがぷんぷんする映画を、真面目に演じる
スティサムがエライと感じる1本。
仕事を選ばず、果敢にチャレンジする精神が素晴らしいですね。
大いに笑わせて頂きました(1より気に入った)

尚、こういう内容を一緒に笑い飛ばせる方と観れば、面白さ倍増かも
しれません。出来れば1・2連続で鑑賞した方が、人物が
分かりやすいと思いますよ。

余:流石に3はどういじるんだろうか・・・観たいけど。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「芸者VS忍者」 小原剛

芸者VS忍者芸者VS忍者
製作年:2008年
監督:小原剛
出演:佃井皆美
   金井茂
   大久保鷹
   野村将希
評価:★+★半分


仇討道中をする女剣士の話。アクション時代劇。

JAE(旧JAC)所属の女優が主役という事で、確かにアクション
全快の1本ですが、話が平たいので面白味はありません。

最初は美味しいステーキが、どんどん食べ進めるにつれ
クドくなる感じに良く似ているというか、アクション指導ビデオの
ような内容に、飽きる可能性大。

主演の女優さんがかなり好きというなら別ですが、映画として
鑑賞するにはツライ部類の作品かもしれません。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

ドイツ ゼンガー sanger社 湯たんぽ

ドイツsanger社のWarmflasche "Schweinchen"( 湯たんぽ "豚" )

湯たんぽ saenger

 読み方は「ゼンガー」でいいのでしょうか?
 調べてみると、ドイツで医療用ゴム製品等を
 扱っている会社の商品のようです。
 現地価格より安く売っていたので、ついつい
 時期ハズレと知りつつ購入してしまいました。

湯たんぽ
 生まれて初めて湯たんぽを使いましたが
 電気アンカやホッカイロとは異なり、じんわり
 温まる感じと、ラバーの柔らかさが
 想像以上に良い感じなんですね。
 (昔家にあったゴムの氷嚢を思い出した)

 ちょと生ゴム臭いけど(天然ゴム100%
 だから臭いのか?)これは重宝しそうです。



冷暖房に弱い人や、お腹を単純に温めたい時に1つあると便利かもしれません。

余:ドイツのファシー社というメーカー湯たんぽの方が有名のよう。
  普通に買うならそちらがいいのかも⇒ipod同様、アクセサリーが買いやすいから。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「アーマード 武装地帯」 マット・ディロン

Armoredアーマード 武装地帯
原題:Armored
製作年:2009年
監督:ニムロッド・アーントル
出演:マット・ディロン
   ジャン・レノ
   ローレンス・フィッシュバーン
   コロンバス・ショート
評価:★+★半分

装甲車に乗って現金輸送をする警備員達が、グルになって
無血現金強奪を企てる話。クライムアクション。

さっぱり引き込まれない話に、拍子抜けしました。
映画のように上手くいかない「リアルな現金強奪」を描いたのかも
しれませんが、同じく素人がソレを単純にみせつけられても
面白くない・・(しかも兵隊上がりだけが、映画並みに
動けるって変)
全体的に、上手くいかないイライラを生かせなかった感じ。

レンタルでもあまりオススメ出来ないかもしれません。

余:フィッシュバーンやジャン・レノも少し出ています。
  多分「時間が合ったら出るよ~」といって出たのでは?

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

パナソニック 音波振動ハブラシ ポケットドルツ EW-DS11

ドルツ パナソニック 音波振動ハブラシ
 ポケットドルツ EW-DS11 全5色
 『毎分16,000ブラシストロークの微細な
  音波振動でツルツルの歯へ』

 以前から同メーカーのEW-SA10を
 外出先用として使用していましたが
 コンパクトになったボディに惹かれ
 EW-DS11に乗り換えてみました。 

ドルツ 
 で、実際使ってみて
 EW-SA10との違いをいくつか
 挙げると。
 
 ドルツ 
 良い所
  ・ケース一体型なので、持ち運びが
   楽になった
  ・毎回ヘッドを外さなくて良いので楽
  ・見た目が従来品より良い
 イマイチな所
 ・コンパクトになった為、持ち手が
  短く、使いにくい
  (手の大きい人はしんどい)


・良く水切りしないと、蓋上部分の空気穴から水が出る危険性アリ
・良く水切りしないと、そのうち異臭をはなつ 

 ↑上からEW-SA10 EW-DS11 バンドエイド

結果、「満足出来るほど綺麗に磨ける」商品ではありませんでしたが、特に
「失敗したよ!」と思う程ではないしといったところですか・・

まあ、一番ネックだったケースのデカさから解放されただけでも、当方は
買い換えて良かったなと感じました。

ただ、EW-SA10との価格差が大体1000円~1800円位あるので、EW-SA10の
大きさでも問題ないと思える方なら、特に乗り換える必要はないかもしれません。

いずれにせよ、外出先で歯を磨く習慣がある方には良いかも。
(日常的に高級電動ハブラシを愛用されている方には向かないかも)

余:乾電池で動くって、良いな。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「GAMER」 ジェラルド・バトラー

gamer原題:GAMER
製作年:2009年
監督:ネヴェルダイン
出演:ジェラルド・バトラー
    マイケル・C・ホール
    アンバー・ヴァレッタ
    ローガン・ラーマン
    キーラ・セジウィック
評価:★★

人々の脳をコントロールし、仮想世界と殺戮ゲーム運営でビル・ゲイツより
金持ちになった億万長者社長から、自由と家族を取り戻そうとする
主人公の話。近未来SF。

脳だの腕だのがベシベシ飛ぶ過激な描写や、飛んでるカルト系?の
ような表現が多い本作ですが、基本いじり方が上手くないからか
90分強の本編時間がモサっと長く感じられました。

冒頭から10分程で「バトルランナー」(87)や「デスレース2000」(75)等の
近未来モノがババーッと頭を過ぎる内容でもかまわないけど、ヌルい
アクションとやや尻切れな筋はなんとか出来なかったのかなぁ・・
という1本だったと思います。

余:マンソンの"sweet dream" 久々に聴いた。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「スパイアニマル Gフォース」 ホイト・イェットマン

G-forceスパイアニマル Gフォース
原題:G-Force
製作年:2009年
監督:ホイト・イェットマン
製作 ジェリー・ブラッカイマー
声:サム・ロックウェル ジョン・ファヴロー
  トレイシー・モーガン ペネロペ・クルス
  スティーヴ・ブシェミ  ニコラス・ケイジ
  ディー・ブラッドリー・ベイカー
評価:★★★(可愛かったから)

FBIのトレーニングを受けたギニーピッグ軍団「G-force」とその他動物が
悪の手から人々を救うため大活躍するスパイ・アニマル・アクション映画。

キャラクターの姿が好みとマッチすれば、「カワイイ~!!」だけで
乗り切れる1本。内容に対して、細かく考えない方が無難です。

出来れば吹替えではなく、オリジナルでどうぞ。
(ブシェミがなんとも良いです)

余:イピカイエ!とマクガイバーは笑えました。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「エル・カンタンテ」 マーク・アンソニー

エルカンタンテ
エル・カンタンテ
原題:EL CANTANTE
製作年:2006年
監督:レオン・イチャソ
出演:マーク・アンソニー
   ジェニファー・ロペス
   ジョン・オーティス
評価:★★

伝説のサルサ歌手エクトル・ラボーの半生を、実話に基づき描いたドラマ映画。

基本、実話に基づいた特定人物の伝記作品を観るのは大好きなのですが
映画としては毎度あまり面白くないのが残念なところで・・・

サルサ&ミュージックビデオのような雰囲気がお好きな方なら
問題ないと思いますが、特にソレには興味がない当方からすると
人物達の心の動きを音楽とイメージ画像だけで観客に伝えるには
作りが拙過ぎるのでは?と感じました。

もう少し各人物の輪郭をしっかり作って欲しかった1本でした。

余:記憶に間違いが無ければ。
  ジェニファー・ロペス=ベン・アフレックにトイレットペーパーを
  買いに行かせた人というイメージがある(お尻に保険を掛けてた
  関係で、そんな報道が昔あったような・・)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「インナースペース」 デニス・クエイド

インナースペースインナースペース
原題:Innerspace
製作年:1987年
監督:ジョー・ダンテ
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
出演:デニス・クエイド
   マーティン・ショート
   メグ・ライアン
評価:★★★

腕も男気もあるけれど、基本だらしがなく、恋人にも逃げられてしまった
空軍パイロットの主人公が、ミクロ化し兎の体内に入るテスト実験の為
クラーケンⅢに乗り込んだまでは良かったけれど、とある事情でノイローゼ気味の
スーパー店員の体内に入り込んでしまい・・・・という、SFコメディ作品。

基本「ミクロの決死圏」(66)に似ているけれど、「ミクロの~」から幻想的な
体内の美しさとシリアスな部分を取り除き、明るくハッピー・アメリカ~ン!に
なったような1本。

ヌルめですが、単純にコメディを楽しみたい方向けだと思います。
(あまり突っ込まないで観て下さい)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「新宿インシデント」  ジャッキー・チェン

新宿インシデント新宿インシデント
原題:新宿事件 Shinjuku Incident
製作年:2009年
監督:イー・トンシン
出演:ジャッキー・チェン
   竹中直人
   加藤雅也
   呉彦祖 徐静蕾
評価:★★

音信不通になった愛する幼馴染を探す為、日本に密入国した心優しい真面目な
主人公が、不法入国者であるが為に、ダークサイドへ落ちていく話。

アクションスターのジャッキーが、殆どノーアクションで「演技」メインに
挑んだ作品として話題になったものの、アクション以前に内容がメタメタで
ガッカリしてしまう1本。

一応舞台はタイトル通り新宿ですが、とても日本国内とは思えない演出や
本当に構想10年なのか?と疑いたくなる展開に、やや眠たくなりました。

別にアクションには期待していなかったので、内容がしっかりしていれば
そこそこ良い話と思えたはずなのにな・・と、残念です。

ただ、中国本土で上映出来なかった(多分してないはず)大きな理由(表向きは
暴力シーンがあるからとか)「中国人不法就労問題」をババーンと扱っている点は
頑張ったなぁと感じました。

余:ジャッキーのベッドシーンとセガールのベッドシーン(どちらも貴重)が
  ほぼ同じような作りってのが笑えました。いやはや「ミャグロ~」ですね。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「実写版 恐怖新聞」 つのだじろう

恐怖新聞
恐怖新聞
製作年:1996年
監督:石井てるよし
原作者:つのだじろう
出演:中山博子
   小橋賢児
   つのだじろう
評価:★

つのだじろう原作漫画「恐怖新聞」の実写版。

毎度おなじみ「しんぶ~ん」「窓ガッシャーン!」の恐怖新聞を
ある日突然受け取るはめになった女子高生が、恐怖体験をさせられる話。

漫画最終回の続き?・・という内容のような本作。
(鬼新聞勧誘者に負けた鬼形氏が、亡霊のような感じで出てくるので)

はっきりいって、面白くも怖くもありません。
低予算で作られた、しょぼいビデオだと思います。
(中学生が親の留守中に集まり「これ怖いらしいよ」と
 ビデオをレンタルしたものの、面白くなくて場がしらけて
 しまう感じに似ています)

ただ、2~30分おきに入る「原作並み」のギャグシーンと
つのだじろう先生を拝めるというところはポイント大。

まあ、こんなビデオは原作を読んだ人位しか興味がないと思いますが
甘酸っぱい90年代末期の風を感じたい方には良いかもしれません。
(携帯⇒巨大 ポケベル オウムのような髪型 肩パット・・)

余:三半規管が弱い方にはオススメしません。
  画面がグルグル・グラグラなので。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「実写版 デビルマン」 

デビルマンデビルマン
製作年:2004年
監督:那須博之
原作者:永井豪
出演:伊崎央登 伊崎右典
   酒井彩名
   宇崎竜童 阿木燿子
   その他いっぱい
評価:★

永井豪の人気漫画「デビルマン」の実写版。

語り尽くされているであろう「神がかり評判」通りでした。
生きているうちに、超体験が出来て幸せだと思いました。

余:大昔観ていたアニメの記憶通り「デッビィール!」とならんかった点が残念。
  (アニメといえば、EDが好きでした)





☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

秋田土産 お菓子のセキト 「みちのくセット」 

秋田土産 お菓子のセキト

和菓子詰め合せ「みちのくセット」(多分「中」)

セキト セキト

セキトで売っているいろんな種類の和菓子が楽しめるので、お徳といえばお徳。

が、しかし。

どれもこれも甘い。恐ろしく甘い。
そしてパンチがない・・・

全体的な感想を言えば、「砂糖は貴重なんじゃ~」という、お年寄りが
好みそうな感じの和菓子セットでした。

余:(甘すぎる為)気軽に次のお菓子に手が伸びないという点では
  食べ過ぎにならず良かったと思います。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

お菓子のセキト 秋田土産 「だまこ餅」 10個入

秋田土産 お菓子のセキト 「だまこ餅」
10個入525円也

だまこだまこ

最高の「秋田米」と厳選された「ゴマ」を使用し、防腐剤等の
添加物を一切加えず作られた生菓子「だまこ餅」。
やわらかいお餅の中に、黒ゴマダレが入った、やみつきの1品。

一口で食べないと、中のゴマがドロ~っと垂れてしまうので
かなり注意しないといけない点はネックですが、秋田のお土産で
貰うと、かなり嬉しいです。

安価で美味しく、観光客に優しいヒット商品だと思います。

余:10個入だと、2人分位?1人でもペロっと食べれるサイズ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

マクドナルド Big America シリーズ 第4弾 「カルフォルニアバーガー」 期間限定

3月12日~下旬頃まで販売されるマクドナルド Big America シリーズ
第4弾 「カルフォルニアバーガー」。 

カルフォルニアカルフォルニア

「カリフォルニアの自然とそこに降り注ぐ太陽からの恵みを感じさせる一品」との事ですが
当方には肉臭さを消す為の何かが降り注ぎすぎた、恵まれないバーガーとしか
思えませんでした。

結局、フットルースにのせられて、アメリカ横断バーガーシリーズを全て
食べてみましたが、総合的に考えると第2弾「ニューヨーク」が一番まともであり
食べれる味だったような気がします。
(後のシリーズは1週間以上販売してたけど、アレだけは本当に期間が短かった。
 もしかしたら、一番原価が高かったのか?)

また同じような企画をするならば、こねくり回した味ではなく
素材本来の美味しさを追求したシリーズを出して欲しいですね。

余:テキサス以来の肉臭に、ノックアウト。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」 トミー・リー・ジョーンズ

LOS TRES ENTIERROS DE MELQUIADES ESTRADA メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
 原題:LOS TRES ENTIERROS DE
       MELQUIADES ESTRADA
 製作年:2005年
 監督・製作・出演
  トミー・リー・ジョーンズ
 出演:バリー・ペッパー
 評価:★★★


メキシコ人のカウボーイ「メルキアデス・エストラーダ」を誤って
射殺してしまった国境警備隊員を、初老のカウボーイ仲間が誘拐し
メルキアデスの故郷「ヒメネス」を目指す話。

う~んマンダム・・といいますか、男臭さと哀愁、孤独、せつなさが
メキシコの大地と良い具合に入り混じっていて、嫌いじゃない1本。

登場する人物が皆孤独という設定が何より良かったです。
渇いた内容がお好きな方に。

余:アリ退治の方法は画期的だったなぁ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「THE CRAZIES」 リメイク版 ティモシー・オリファント

THE CRAZIESザ・クレイジーズ
原題:THE CRAZIES
製作年:2010年
監督:ブレック・アイズナー
出演: ティモシー・オリファント
   ラダ・ミッチェル
   ジョー・アンダーソン
   リン・ローリイ(カメオ)
評価:★★+★半分

ジョージ・A・ロメロの「ザ・クレイジーズ」(73)リメイク版。

コレはコレで楽しめなくもないですが、荒削りでありながら、脱力感や
空しさ、世の中何が正しいか分からない、みんなクレイジーズだ!という
パワーと余韻を与えてくれたオリジナルに対し、軍の捕獲から逃れる
住民の抵抗サバイバルアクションホラーを描いただけというか、こじんまり
まとまった、そつない普通の1本になっちゃった本作。

THE CRAZIES まあ、73年オリジナル当時の内容は
 流石に今のハリウッドで丸出し出来ないでしょうが
 本作からは"THE CRAZIES "というタイトルの意味を
 感じ取る事が出来ませんでした。
 本当、雰囲気も映像も所々のアイディアも
 悪くは無いと思うけど、そういう点でいまひとつ
 気乗りして観る事が出来ず、残念。

 余:リン・ローリィがちょっと出てきます。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「化石の荒野」 渡瀬恒彦

化石の荒野製作年:1982年
監督:長谷部安春
製作:角川春樹
原作者:西村寿行
出演:渡瀬恒彦
   夏八木勲
   浅野温子
評価:★


ある目的の為に殺人犯に仕立てられた主人公が、終戦と同時に消えた
日本軍の金塊を狙う一味に翻弄されていくサスペンスアクション。

80年代絶頂期、大量生産&巨額投資当たり前時代の角川(春樹)映画。

スケールはデカイです。パトカーも西部警察10話分位の台数を
10分以内に潰しちゃうし、素敵なシーンや台詞やグッズも
出てきます。でも、筋がアレでもソレでも構わないと割り切って
作られたとしか思えない「イメージ重視&外国カブレ」なハードボイルド作品。

角川らしいデンジャーゾーンを楽しむ事も難しい、退屈な映画なので
よほど時間がある時以外はオススメ出来ないです。
(ついでに。ポスターのマッパ女子シーンはありまちぇん)

余:渡瀬恒彦のサングラス。
  ポルシェデザインでしょうか?ステキです。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

九州土産 唐芋レアケーキ 「フェステイバロラブリー」

唐芋レアケーキ 
「フェステイバロラブリー」5個入り 760円

鹿児島空港では12年前より、羽田空港では9年前から売上トップにランクイン。
テレビでも紹介された事がある有名なお菓子だそうです。
九州土産で頂きました。

唐いも唐いも

レアケーキという事だけあって、しっとりした芋の感触がたしかにまろやか。
重すぎず、軽すぎず、丁度良いといえば丁度良い。
ただ、ちょっと面白味が無いというか・・・無難過ぎる味だと思いました。

万人受けはしそうなので、お土産で貰うorあげるなら、ネタとして
良いかもしれません。

余:日持ち1週間って凄いな。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

マクドナルド Big America シリーズ 第3弾 「ハワイアンバーガー」 期間限定

マクドナルド Big America シリーズ 第3弾。
「ハワイアンバーガー」 期間限定品。
ハワイ名物料理「ロコモコ」の美味しさをハンバーガーにした1品。

ハワイハワイ

味が濃いだけで、パンチも情緒もない残念な味でした。

明日からのカルフォルニアに期待したいです。

余:発売日に食べたにも関わらず、今まですっかり忘れていた理由は
  こういう味だったからなんですね・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

花畑牧場 生キャラメル プレミアムシリーズ  「夕張メロン 」

花畑 花畑牧場 生キャラメル
 プレミアムシリーズ 「夕張メロン 」
 発売当初は夕張でしか販売して
 いなかったらしい「夕張メロン」。
 頂けたので食べてみました。
 確かに食べてみると「メロン」味。
 美味しい事は美味しいです。
 頂き物なら、何個でも食べれると思える
 さっぱりキャラメルでした。


余:でも、アノ社長の顔&値段が脳裏を横切ると・・
  花畑商品に対して何故か素直に「美味しい」と言い切れないのは何故?

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「バトル・オブ・シリコンバレー」 ノア・ワイリー

バトル・オブ・シリコンバレー
バトル・オブ・シリコンバレー
原題:PIRATES OF SILICON VALLEY
製作年:1999年
監督:マーティン・バーク
出演:ノア・ワイリー
   アンソニー・マイケル・ホール
評価:★★★


アップル社を設立したスティーブ・ジョブズと、マイクロソフト社を
設立したビル・ゲイツの物語をドキュメンタリータッチで描いたTVM。

どのような経由でアップル社やマイクロソフト社が生まれたかを
ドラマ風に分かりやすく紹介しているテレビムービー。
これを観ると・・どちらの製品も一瞬使いたく無くなる位、両者が
憎たらしく、同時に面白く描かれていますので、物心ついた時から
ネット環境がある世代の人でも、半端ない通信料を払ってパソコン
通信をしていた人まで、興味深く観れる1本だと思います。

やはり寵児はアレとソレの1歩手前じゃなきゃなれないんですね。
いやはや、勉強になりました。

クラシック 余:そういえば自分が初めて買ったPCは
 ←このマッキントッシュでした。
 フロッピーだのカクカクの画面だの
 もう二度と使いたいとは思いませんが
 デザインは良かったですね・・
 懐かしいです。
 本当に技術の進歩って凄い。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ノックアラウンド・ガイズ」 バリー・ペッパー

ノッキングアラウンドガイズノックアラウンド・ガイズ
原題:KNOCKAROUND GUYS
製作年:2002年
監督:ブライアン・コッペルマン
出演:ヴィン・ディーゼル   バリー・ペッパー
    アンドリュー・ダヴォリ  セス・グリーン
    ジョン・マルコヴィッチ
    トム・ヌーナン デニス・ホッパー
評価:★★

堅気な生活が送りたいのに、マフィアのボスが父親の為、就職出来ない
青年が、やっぱりマフィアになるしかないと一代決心したものの、ズッコケな
仲間のせいでトラブルに巻き込まれてしまうというコミカルサスペンス。

非常に良い役者を使っているし、キャラクターの味も出ている。
そして着目点も悪くないはずなのに、何故か冴えない1本。
観客の気持ちを引っ張れない未熟さが、とても残念な作品。

上手く作れば、良い線いってたんだろうに。

余:当時、NYで行われた本作の試写会に偶然遭遇し、登場役者達を
  目の前で拝めた挙句、ヴィン・ディーゼルに握手してもらった。
  あれは嬉しかったなぁ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

BRANDS for FRIENDS  ブランズ・フォー・フレンズ

2007年ドイツでスタートした招待制オンラインセールサイト
"BRANDS for FRIENDS"日本上陸。URLは。コチラ

誰でも買える状態にせず、あえて招待制にする事により「ブランド
イメージを崩すことなく在庫処分」をする目的で作られたアウトレットサイトのようです。

日本では2010年3月8日夜よりスタート。
今現在、期間限定で誰に招待されなくても登録出来るようになっている為
(3月22日迄?)とりあえず参加してみました。

登録後、サイト内を閲覧してみてみたところ、現在は
リーバイスKIDSとレイバンが5~60%OFF、次回予告として
JOCKEYとPINKOがタイムセール品としてあがっていました。

とまあ、何だかどれも「微妙」だなぁ・・という所までは
確認出来たのですが、いかんせんアクセスが集中し過ぎているようで。
数クリック後、まともに閲覧できない状態になってしまいました(朝の時点で)。

このページは表示出来ません」って・・
チケット発売日の電々公社を思い出しましたよ。

とにかく。
初アクセスは非常にストレスの溜まるものでしたが
お祭り騒ぎが終われば衣食等生活全般の品物を安価で入手出来るらしいので
パスワードを忘れない内にまたのぞいてみようと思います。

あきらかに日本人向けとは思えない衣料やor奇抜な商品の
オンパレードサイトになりませんように・・・
(まあ、それが在庫処分というものだけどね)

余:JOCKEYのパンツって、十数年前はえらいデカパンだったけど。
  今は小さいんだろうか・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「カムイ外伝」 崔洋一

カムイ外伝カムイ外伝
製作年:2009年
監督:崔洋一
原作:白土三平
出演:松山ケンイチ 小雪
   伊藤英明 佐藤浩市
   小林薫 
   山崎努(ナレーション)
評価:☆

白土三平原作「カムイ外伝」エピソード「スガルの島」映画化作品。
追われる身の抜け忍「カムイ」の物語。

どこに本作の存在の意味を見出したらいいのか分からなかったです。

以上。

余:こういうお金も役者も使ったのに、どうしようもない
  映画を観るたびに思うのですが。
  出演者や監督は完成後に作品を通しで観るんですよね。
  その時だ~れも「やばいな」とは思わないのですかね。
  思わないから、こんなものが発表されちゃうんですかね。凄いなぁ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「地球防衛軍」 本多猪四郎

THE MYSTERIAN地球防衛軍
 THE MYSTERIAN
製作年:1957年
監督:本多猪四郎
特撮監督:円谷英二
出演:佐原健二
   平田昭彦 白川由美
   志村喬  土屋嘉男
評価:★★

宇宙から居住地を求め、日本にやってきた侵略者「ミステリアン」から
地球を守るために戦う地球防衛軍の話。近未来SF。

登場する近未来イメージ、モゲラの姿や音楽は良かったのですが
話や展開には面白味を感じる事が出来ませんでした。
演出面だけでなく、話も頑張って欲しかった・・

THE MYSTERIAN この作品の何を見所にするかによって
 意見が変わるかもと思えた1本でした。

余:ダルマの中にタ○リがいるような
  ミステリアンと、意外に弱かった
  (あのやられ方は無い)モゲラの
  インパクトは大。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「スペース・デビル」 ネヴィル・ブランド

Evils of the Night
スペース・デビル
原題:Evils of the Night
製作年:1984年
監督:マーディ・ラスタム
出演:ネヴィル・ブランド
   ジョン・キャラダイン 
   アルド・レイ
評価:★


人間の生血を求めてやってきた吸血宇宙人が、若者から続々と
血を採取していく話。SFホラー。

観た事すら1秒後に忘れる位、奇跡的に面白くない映画です。

キーワードが「若者」という事だけあって、OPからひたすら
入る中途半端なエロシーン(映像が暗すぎでしょう)や
人間の手下を使って(宇宙人が金で人間を操るなんて・・!!)
セコイ献血を行っているピンクレディのような服装の宇宙人
数名にも呆れますし、「レイダース・失われたゾンビ」(86)に
匹敵するような展開にもアゴが外れてしまいそうになります。

が、しかし。

ネヴィル・ブランドの暴走だけは面白いので、何とか最後まで
観れる1本です。彼が出演していなかったら、完全に沈没するところでした。

とにかくどうしようもない虚しさが残る残念な作品ですが
寝つきが悪い人などには、良いかもしれません。
開始後20分位で、心地よい睡魔が襲ってくれますよ。

余:ポスターだけは、何だか良い味だしているんだよなぁ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

NO3 DEUXER デューサー  「 ドライペーストワックス6 」

DEUXER DEUXER デューサー
  「 ドライペーストワックス6 」
  1~6まであるデューサーシリーズの6番。

 『強いセット力と、ドライで軽やかな質感を
 表現。ボリューム感の演出に最適。
 無造作な動きにポイントで使用するのも効果的。
 スタイリング後のリセットも可能。』なタイプ。

  希望小売価格:1680円也。


少量でも充分役割を果たすので、値段はやや高めだけど長持ちしそうな点と
普通のWAXでは「あっという間」に効果が無くなるような、細・柔・直な
髪質人間でも、適度なセット持続力が味わえた点が気に入りました。

ただ、使用後手についたWAXを流すのに一苦労するのが難点。
なかなかキレイに落ちてくれません・・・サラリベトベトンです。
(=シャンプーも念入りにした方がいい整髪料かも)

このホールド感(ガチガチじゃないから楽)にツヤも
加わればなお良いな~と思いますが、細・柔・直な髪質な
方なら検討してみても良いかもと思える1品でした。
(ロングよりショート向けかも)

余:匂いがとっても美容院系・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters