FC2ブログ

映画 感想 「13日の金曜日」 リメイク版

FRIDAY THE 13TH13日の金曜日
原題:FRIDAY THE 13TH
製作年:2009年
監督:マーカス・ニスペル
製作:ショーン・カニンガム
    マイケル・ベイ 
出演:ジャレッド・パダレッキ
評価:★★★



「13日の金曜日」のリメイク作。

クリスタルレイクを離れ、NYや宇宙にまで
旅をしてしまったジェイソンが、再び湖に
帰ってきた感じでしょうか。

シリーズを観ていれば、「ああ、このシーンか!」と
思えるシーンも多々あり、「クリスタルレイクに来た
若者が襲われる」というシチュエーション も
そのままなので、ある意味安心して観れる1本。
(逆を言えば、全シリーズを観ているせいで
 次の展開が読めてしまう辛さがあった)

ただ、無難過ぎるかな?と思いました。
妙に弄られて「感じの悪い13金」にされなくて
良かったのかもしれませんが、折角リメイクという
形をとるなら、もう少し新しさが欲しかった。

まあ、続編も決定しているそうですし、そちらに
期待したいところです。

余:頭の良すぎるジェイソンはイヤだ。
  動物的本能は何処へ・・・
スポンサーサイト





☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「黒い太陽 七三一」 THE DEVIL 731

MAN BEHIND THE SUN 
黒い太陽七三一
原題:MAN BEHIND THE SUN 
    THE DEVIL 731
製作年:1988年
監督:ムウ・トンフェイ
出演:呉代堯
   田介夫
   王潤身 他


731部隊の姿を描いた作品。

731部隊が「マルタ」と呼ばれる捕虜を使って
人体実験を行っていたという内容&残酷描写が
ちょっと酷い(動物虐待・本物の死体を使った
解剖シーン等)場面がある映画です。

まあ、キワモノですし、「内容の信憑性」やその
「意図」については深く考えませんでしたので
それについての意見は無いのですが
「映画」としての出来は高い方だと思いました。
(展開が普通に面白く、しっかりしている)

・・・だからといって、機会があれば観て観れば?と
言えるシロモノでも無いですけどね。

基本、「映画」として観れれば、間違い無い
1本かもしれません。
(実際、この後シリーズ化している。そうなると
 ただの悪趣味娯楽としか受け止められなくなる)

余:動物虐待&解剖シーンは、悪趣味
  極まりないと感じた。88年作なのに
  何をやっているのかと・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「宇宙からのツタンカーメン」 トム・ケネディ

TIME WALKER
「宇宙からのツタンカーメン」
原題:TIME WALKER
製作年:1982年
監督:トム・ケネディ
出演:ベン・マーフィ
評価:★★



研究の為、エジプトで発掘されたミイラをアメリカに
持ち帰った調査員一同。検査の為、X線をあてた
ところ、なんとミイラが蘇えってしまう・・・!!
生徒に盗まれた自分のクリスタルを奪い返そうと
学生達を次々襲うミイラの恐怖を描いたSFホラー??

衝撃のラストで
観客の度肝を抜く1本。


これ以上、言う事はないですね。

あれは凄いです。強烈。

邦題通り、ツタンカーメン(ミイラ)は宇宙人ですが
それをソコまでアピールせんでも!となる
ラストを楽しんで頂きたい作品です。
まあ、B~C級好きじゃなきゃ、ツライかもですが・・

余:地味に浮遊するミイラも楽しかった。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「さまよう刃」 寺尾聰 東野圭吾原作

さまよう刃「さまよう刃」
製作年:2009年
監督:益子昌一
原作:東野圭吾
出演:寺尾聰
   竹野内豊
   伊東四朗
評価:★★+★半分



東野圭吾原作「さまよう刃」映画化。
娘を少年達に殺された父親・少年法に守られた「少年」
法・職務と個人的感情の狭間でゆれる刑事の姿を描いた作品。

原作未読ですが、ざっと調べた限り「映画」と「原作」では
内容(設定)が異なるようですね。

そういう意味で「原作未読」鑑賞は正解だったなと
感じました(多分、原作が好きで観に行ったら
怒ってたかも)

というのも、2時間という尺の中で扱うには
消化出来ないテーマ&表現出来ない部分が多々
あったのではないかと感じる出来だったからです。
はしょってはイケナイ場面を、大分はしょったかな?と。
(特別、ペンション親子シーンにそれを感じた)

別に「ロサンゼルス」(82)のような映画を
期待していた訳ではないですし、出来よりも
テーマが大切という事も分かりますが
問題提起が不完全燃焼に終わった分
後味の悪い1本だったと思います。

余:「ドラマチック」過ぎるラストで、劇場内から
  失笑に近い声がもれていた。印象的だった。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters