FC2ブログ

映画 感想 「死体と遊ぶな子供達」 アラン・オームズビー

CHILDREN SHOULDN'T PLAY WITH DEAD THINGS
原題:CHILDREN SHOULDN'T
    PLAY WITH DEAD THINGS
製作年:1972年
監督:ベンジャミン・クラーク
出演:アラン・オームズビー
評価:★★


とある孤島にやってきた劇団員の男女が
黒魔術で使者を蘇えらせる・・という遊びを
した結果、本当に死者(ゾンビ)に
襲われてしまうという話。

全体的に低予算自主制作レベルですが
ゾンビ・映像の雰囲気は味があって
良いと思います。

ただ、1時間近くは「イラッ・・・」とする
演劇部員の内輪モメのようなものを観させら
れる事が難点。

どうしてもソレについていけない方は、最初から
1時間ほど飛ばして観てもいいかな?なんて
思いますが・・・・・

正味2~30分の為に、頑張りましょう!

余:コレを観ていると、劇団員が嫌いになる
スポンサーサイト





☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「片腕カンフー対空とぶギロチン」 ジミー・ウォング

片腕ドラゴン
原題:獨臂拳王大戦血滴子
製作年:1975年
監督:ジミー・ウォング
出演:ジミー・ウォング
評価:★★★★


「片腕ドラゴン」(72)の続編。
弟子を片腕ドラゴンに殺された師匠が、復習の為
彼を殺そうとする話と、異種格闘技大会で出てくる
武道家達の試合の話(既に訳が分からない)

腕が伸びるインド人や、ラッパの音を聞くと
駆けつけてくるタイ人、そして相変わらず
悪役担当の日本人・・・・(というよりエロ担当?)
良い役なのか、残酷なだけか分からない主人公・・・

とりあえず1度観れば、その強烈なキャラや
設定が忘れられなくなる作品。
この作品に「閃いちゃった」人も多数。
(有名⇒タランティーノ「キルビル」)

前半は意外と真面目な格闘モノなのに
ラストに近くなるにつれ、何の映画を
観ているか分からなくなる、不思議な1本です。

余:タイ人焼。タイ人焼は酷いよ!

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「スラッグス」 J・P・サイモン

スラッグス
原題:SLUGS
製作年:1987年
監督:J・P・サイモン
出演:マイケル・ガーフィールド
評価:★★★


廃棄物汚染の為、突然肉食に変化した
ナメクジ軍団に、町の住民が襲われる話。

画面一杯、ひたすら「ナメクジ」が出てきます。
よって、ナメクジは・・という方には向きません。

前半のダルさはたまりませんが、後半から始まる
複線無視(いきあたりばったり)の超ギャグ展開や
明らかに合ってないBGMのおかげで
テンションが上がる事、間違いなしの内容。

必見!とまでは言いませんが、虫パニックの
気持ち悪さを求める方にはオススメしたい1本です。

余:やっぱり途中のベッドシーンナメクジが
  一番カンベンだと思う。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters