FC2ブログ

映画 感想 「ドラゴン怒りの鉄拳」 ブルース・リー

精武門原題:精武門 FIST OF FURY
製作年:1972年
監督:ロー・ウェイ
出演:ブルース・リー
評価:★★★★★



ブルース・リー主演第二作目。

1909年の上海が舞台。
謎の死を遂げた師匠を思う愛弟子「陳真」が
犯人である日本人武道家「鈴木」を追い詰める話。

時代設定上、仕方の無い事ですが、まあ、日本人の
描かれ方・・・悪い事悪い事。 面白い位、徹底して日本人が
「悪」として扱われています。本当に面白い。

そんな話はどうでもいいとして。

この映画の魅力といえばブルース・リー。
それに尽きますね。

これを観て、「ウヒョーッ」と思わない人はいない
のではないでしょうか。

とにかく観ないと、この魅力は分からないし
未だに人気がある理由も頷ける1本です。
未見の方は、観ましょう!!
スポンサーサイト





☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地争覇」 ジェット・リー

ワンス原題:黄飛鴻之三
    獅王争覇 天地争覇
製作年:1993年
監督:ツイ・ハーク
出演:ジェット・リー
評価:★★★★

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」
シリーズ3作目。
西太后が主催する獅子王大会の優勝者争いと
外国勢力の陰謀がからんだアクション。

ストーリーがコミカル&テンポが良いのに加え
ジェット・リー(リー・リンチェイ)のアクションや
恋愛模様まで楽しめる作品。
獅子舞の色彩や、動きも素敵です。
前作・前々作を観ていなくても、問題なく鑑賞出来ます。

個人的にはかなり好きなのですが、ラストが
少々モッサく感じたため、★1つマイナス。
ただ、全体的バランスは良いと感じる1本でした。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「2番目のキス」 ドリュー・バリモア

fever pitch原題:fever pitch
製作年:2005年
監督:ボビー・ファレリー
出演:ドリュー・バリモア
評価:★★★★
ニック・ホーンビィ「ぼくの
プレミア・ライフ」原作。

超熱狂的レッドソックスファンと、キャリアウーマンの恋愛物語。

元々サッカーの熱狂的ファンが書いた体験記本が
ベースの本作。今回は「熱狂的野球ファン」という
設定でしたが、何に置き換えても「熱狂的」な人というのは
他者から理解されないもの。

そんな「ホンモノ」な彼氏と「普通」の彼女が
どこまで歩み寄れるか・・・という話を
ジミー・ファロンとドリュー・バリモアが好演しています。

また、2004年にワールドシリーズを制した(なんと86年ぶり)
レッドソックスの試合経過&実際の映像を、上手く話に
組み込んでいるので、より「本当にありそう・・」と思ってしまう作り。
実話(野球)が絡むと、真実味が増しますね。

普段は良い人なのに、あるモノに関しては人格が変わる・・・
身近にそんなタイプの人がいるなら、より一層面白く
見れると思います(身に覚えがある人なら、苦笑してしまうかな)
もちろん、野球ファンじゃなくても、イッてる人が身近にいなくても
問題なしのラブコメ。お勧めです。

余:邦題・・・・・・・センスないぞ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

横浜 開国博Y150 「ラ・マシン」 巨大クモ

4/28から開幕する、「横浜開港150周年記念テーマイベント
「開国博Y150」で登場する、「ラ・マシン」の巨大クモ。
(「ラ・マシン」=フランスの巨大スペクタルアート劇団)

4月17日・18・19日と、プレイベントにてお披露目されて
いたこのクモに、偶然ですが遭遇する事が出来ました。

当方、遠くから見ていただけでしたが

かなり巨大でした!

クモが歩いていた赤レンガ地域から、少し離れた川沿いからでも
ハッキリ「クモ」が歩いている姿を、肉眼で確認出来た程。

クモ

二匹仲良くお散歩。
(最終日に2匹が合流し、意気投合する・・という設定だったらしい)

クモ

お散歩中に、お尻の穴から糸ならぬ「水」を噴く姿(赤い○の部分から水)

クモ

障害物はきちんとよける事が出来る(長い脚を上げている姿)

クモ

周りにいる見物客と小型船との比較で、どれだけ大きいか分かるはず。

ソレもそのはず。
大体4階建てのビル(約12m)に相当する高さがあるそうです。
近くで観た方は、結構怖かったんじゃないでしょうか。
(でも、ゴジラよりは全然小さいんだよなぁ。ゴジラ、大きいなぁ)
これを10名以上のスタッフが頑張って操縦しているそうですが
一苦労ですね。神経使いそう。

とにかく。

幻想的な音楽と横浜の夜景をバックに動く巨大クモは、なかなか
興味深かったです。たまたまとはいえ、見れて良かったです。

また、映画好きの自分としては、生「スターシップトゥルーパーズ 」というか
「放射能X」(あれは蟻だけど)というか「スパイダー パニック!」
というか・・・巨大生物モノの映画に出てくる虫達が、本当に
路上に出たら、こんな感じなんだな~と楽しめました。
(確かにあの大きさなら、踏みつけられて食べられちゃうね)

機会がある方は、期間中に見に行ってみてはいかがでしょうか。
(個人的には「近くで見るより、遠目に見た方が面白そう」じゃ
ないかな~と思います!)

余:開国博Y150 「ラ・マシン」の情報はコチラ
  ところで。本番は28日からのY150。
  開催中にこのクモを見る事は出来るそうですが、動作については
  今の所「分かりません」と、テレビで言っていましたね。
  動いてナンボの物だと思うのですが・・・・何でだろ?

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

横浜 中華街 「清風楼」 チャーハン(炒飯)&シウマイ

清風楼横浜・中華街にある「清風楼」
昭和20年創業。かなり有名な
「炒飯」と「シウマイ」のお店です。
毎度、中華街に行くと食事処に
悩みますが(お店多すぎ!)
結局、無難な「清風楼」に行ってしまう当方。
今回もココで炒飯とシウマイを頼んで
しまいました。


清風楼清風楼
お店の看板商品、シウマイ。 4ヶ(1人前)500円也。
高さ約5センチ程、若干大きめ&肉汁タップリで、食べ応えアリ。
お土産販売もあるので、気に入った場合は持ち帰る事も出来ます。

清風楼清風楼
同じく、看板商品の炒飯・お新香付。840円也。
(昔はこれにスープも付いていたけど、今回は消えていました。
 忘れただけ? 休日だったから? どちらにせよ、あの
 スープはマ○イから要らないんですけど、気になりました・・・・)

「これでもか!!!」という位、ボリュームのある炒飯。
かなり多い為、男性でも大満足じゃないでしょうか。
(逆に女性の場合だと、食べ終わる頃に気持ちが悪くなるかも・・)
昔ながらの素朴な炒飯好きには、もってこいの味です。
(パラパラ・複雑な味わい好きからすると、少し油っこいかも)

ちなみに、炒飯は「炒飯840円」「上炒飯1370円」「特炒飯1790円」の
3種類に分かれています。当方「特」は試した事がないのですが
「上」に関しては「エビとご飯の量・・・?」と感じた程度なので
初めて行く場合は「炒飯」で充分じゃないでしょうか。

とまあ、昔風の味が好きな当方にはもってこいのお店で
良く利用する事はするのですが・・・・

ただ・・・・

雰囲気はかなりヨロシクナイです。

「中華街のお店」って、余程「ザ・観光客」を相手にしている
所以外は、こんな感じのお店が多い気がするのですが
それにしても

サービス業って・・・?

と、問いただしたくなる雰囲気。

それでも、ここの味が好きだから行ってしまうのですが・・・

ちょっとね。

まあ、雰囲気別で考えられる方なら問題ないんです。

何故か席が空いていても断られたり、少人数の
相席が必須だったり、追加注文は受け付けなかったり
愛想が本当に無かったりしても、気にしない方なら平気なんです。


味が合えば美味しいお店。
(あくまで炒飯&シウマイの話ですよ)
耐える価値は、それなりにあると思います。

清風楼余:大人2人で行くなら、炒飯&シウマイ
1人前で充分お腹が膨れると思います。
余程胃に自身のある方以外は「あれもこれも」
注文しない方が無難です。
住所:横浜市中区山下町190 關帝廟通り
   (横浜大世界を背にした道の右側辺り)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

広島発 MOGMOG モグモグドーナッツ

MOGMOG「Made in japanの挑戦」

ドーナッツ発祥国のアメリカに
挑戦する・・・という、何だか
ビッグな発想から本当に
始まったかは不明ですが
2008年から営業開始したMOGMOG。

現在、国内で7店舗。広島・横浜・名古屋・高松・町田にしか
ありません。認知度はかなり低いと思いますが、たまにテレビで
取り上げられているようです。お店のHPはコチラ

サイズ的には、ミスドより小さめ。手のひらであまる位。
形や味の種類は・・やはりミスドと良く似た感じ。
とまあ「あれ?ミスドにそっくり?」な感はありますが
こちらの売りは「素材の良さ」。
「出来るだけ」国産の素材を使用して作っているそうです。

そんな「自然派」ドーナッツ。
今回、商品の中から出来るだけ一般的なものを
4点食べてみました。

MOGMOGMOGMOG
(左から)
塩チョコドーナッツ 160円 オールドファッション 120円

塩チョコは、喉に入る寸前に「あ・・・塩」と感じる程度の塩味。
ほんのりと口の中に「残る」塩加減が良い感じ。

オールドファッションは、普通。
「どにで食べても、オールドファッション」といったところでしょうか。

MOGMOGMOGMOG
(左から)
フレンチクルーラー カスタード 140円 シュガードーナッツ 110円

クルーラーの「カスタード」。これは美味しいです。
嘘っぽい味ではなく、濃厚なカスタード味。

シュガーの方は、プレーンドーナッツに粉砂糖が
まぶしてあるだけですが、元々「素朴な味」なので
少し甘みが欲しい方には良いかも。

以上、食べてみた感想として

素朴だけど生地の密度が濃い

ドーナッツなんだな~と思いました。

昔、家でお母さんが作ってくれた、無骨だけど、なんとなく
美味しいお菓子・・・といった感じを想像していただければ・・。

「種類・形」としてのオリジナリティは感じませんでしたが
密度でいえば他メーカーより上だと思うし、比較的
あっさりしているので、大人でも気軽に食べれる味だと
思います(ただ、合成系味に慣れた方には
物足りないかもしれません)

とにかく「肥満の象徴」的ドーナッツも、とうとう
自然派になっていくのね・・・と。

さて。
今後、5年間で国内100店舗。
8年後には米国ボストンに上陸する見込みを目標に
頑張っているようですが、果たしてこの挑戦は受け入れられるのか・・・?
(外国人向けにするなら、サイズと価格を見直さないとダメかも)

今後、近所にMOGMOGショップが出来始めたら
「成功した」と言う事なのかもしれませんね。

余:味はそのままに、形や種類にオリジナリティを!!

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters