FC2ブログ

上海土産 プリッツ&コロン 上海蟹風味 天津甘栗味

上海土産で頂いた、プリッツ(百力滋)&コロン。
日本には無い「上海蟹味」と「天津甘栗味」です。

バッタモンではなく、江崎グリコ株式会社の子会社
「上海江崎グリコ食品有限公司」が発売している商品。
中国本土でも、大きな都市でしか買えないようです。

パッケージに「カニ」の写真がドーンと載っています。
上海上海
プリッツ 上海蟹味


パッケージに栗の絵がチョボッと載っています。
上海上海
コロン 天津甘栗味


どちらも・・・・・

「なんちゃって程度」しか味を
感じませんでしたが。

むしろ・・・マズ・・・マ・・・

まあ、お土産には面白いかもしれませんね。

余:ちゃんと「風味」って書いてあるわ・・・
スポンサーサイト


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

京都 葵家やきもち総本舗 「葵家やきもち」

やきもち京都・賀茂神社鳥居前にある
「葵家やきもち本舗」
以前、テレビでも紹介された
事があるそうな。

白(普通のお餅) よもぎ(よもぎ味)
1個105円也。

やきもち生地はあっさりした味。
その「あっさり」と、中身の「甘い餡」が
一緒になって丁度良い味になっていました。

雰囲気的には、焦げ目ナシの
「梅ヶ枝餅」といったところで
しょうか。(あちらの方が甘いか)

個人的には「白」の方が好みでしたね。モチモチ、柔らかい
食感が良かったです(単に、蓬が苦手なだけですが)

京都まで行かなくても、通販や物産展でも購入可能なので
「やきもち」好きの方は、是非一度お試し下さい!

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「あにいもうと」 成瀬巳喜男

あにいもうと製作年:1953年
監督:成瀬巳喜男
出演:京マチ子
評価:★★★

原作は室生犀星。


復興途中の関東が舞台。
お互いに深く愛し合う兄妹の物語。

当方は本作しか観ていませんが、「あにいもうと」は
3回も(確か)映画化されている作品。
原作も未読の上、この時代の作品に詳しくないので
何ともいえませんが、四季や道具(バス)を上手く使った
演出が良かったです。

ただ、既にこの作品にあるような世界観が現代に
一欠けらも残っていない&そんな時代に生きていない当方。
「うわ、なんと男尊女卑!!」という思いの
方が、作品より上回ってしまい、イマイチ作品に
のめり込めませんでした(自分が悪いんだけど)

それでも飽きる事なく、最後まで観れてしまうのは
作品の持つ力なんでしょうね・・・
興味深い1本には間違いありません。

どちらかと言えば、あまり兄妹関係が見えてこなかった
気もしますが、あんな兄も家庭もご近所さんも
勘弁だと思える作品でした。
(既に、ここらへんが文芸向きの脳を持たない事を
 証明してるな・・・・)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「荒野の七人」 ユル・ブリンナー

The Magnificent Seven原題:The Magnificent Seven
製作年:1960年
監督:ジョン・スタージェス
評価:★★★★



ユル・ブリンナーを始め、ジェームズ・コバーン
チャールズ・ブロンソン  スティーブ・マックイーン
ロバート・ヴォーン ブラッド・デクスター 
ホルスト・ブッフホルツら七人が演じるガンマンが主役の本作。
貧しい農民を、窃盗団から守るガンマンの闘いを描いた作品です。

黒澤明「七人の侍」(54年)のリメイク作品として
非常に有名な1本ですね。

オリジナルが207分あるのに対して、こちらは128分。
本編時間の違いが1時間以上ありますが、オリジナルに
かなり惚れ込んでリメイクオファーをしただけあって
大筋・台詞等は、ほぼ忠実(ある意味気持ち良いですね)

オリジナルの完成度が高すぎると、大概リメイクは
失敗に終わる場合が多いと思いますが、こちらは
アメリカらしい個性も出ているし、オリジナルを尊重して
いる気持ちも現れているので、普通に傑作だと思いました。
(リメイクにありがちな、勘違いが少ない)

むしろ、テーマソングの雄大さや、キャラクター(容姿含む)に
おいては、コチラの方が上・・・?と思ってしまう場面も多々。
(だってコバーンだし。ブロンソンだし・・・すみません)

全体的に、オリジナルから暗さを抜いて、異国ならではの格好良さを
追加した感じです。深みや、共感度は減るけれど、スカッとするのは
コチラの方かもしれません(総合的には「七人の侍」の方が上だと思うけど)

珍しく、リメイクで成功してるな~と感じる1本。
個人的には、「七人の侍」を観てから、「荒野の七人」を
観た方が、両方を楽しめると思います。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters