FC2ブログ

ガトーフェスタハラダ  「グーテ・デ・ロワ」 絶品ラスク

ガトーフェスタハラダ  「グーテ・デ・ロワ」 

ラスクガトーフェスタハラダ
群馬県に本社がある
洋菓子店。
HPはコチラ

もちろん、「ハラダ」と
いえば「ラスク」でしょう!

ラスクグーテ・デ・ロワ
フランス語で「王様の
おやつ」という意味だそうな。
パリパリのフランスパンに
砂糖がかかった甘~い
ラスク。確かにHP紹介の
通り、「感動の銘菓」です。

ラスクラスク
グーテ・デ・ロワ プレミアム
季節限定品です(11月~4月迄 寒い時期しか売らないのねん)
ショコラがかかった、ラスク。この他にホワイトチョコのバージョンも
あります(同様、季節限定 10月10日から5月上旬迄)

ラスク両面、ミッチリコーティングされた
チョコラスク。通常の物より
大きめ&重い1品(金粉付)
・・・・・美味しいけど。
普通のラスクの方が
数倍美味しいと思いました。えへ。
(チョコ、少し甘すぎ。まったり・・)

とにかく。
他にも多種のお菓子を販売していますが、やはり
ラスク(普通の)が一番美味しいんじゃないですかね。
お土産でも自分用でも、大好きなお菓子です。

毎度、都内デパートの「ハラダ」には長蛇の列が
出来ていますが、開店するちょっと前を狙えば
スムーズに購入出来ます! お近くに行かれた際は是非・・・

余:ららん藤岡店は、いつもガラガラなイメージが
  あるんだけどな・・・不思議だ。
スポンサーサイト





☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

インスタントラーメン 麺処 井の庄監修 「辛辛魚らーめん」 

麺処 井の庄監修 「辛辛魚らーめん」 

辛辛魚メーカー:寿がきや
東京石神井の「麺処
井の庄」が監修した
辛辛魚らーめん
278円也。

「辛いものが苦手な
方はご注意下さい」との
注意書き入りです。

辛辛魚中は大変質素。
「粉末スープ。
 後入れかやく。
 海苔。
 スープの素。」
以上、4点で構成
されています。
最後に入れるスープの素が
「辛い」味を演出します。


辛辛魚辛辛魚
出来上がるとこんな感じ。
真っ赤です。本当に真っ赤・・・

麺は結構モチモチしていて美味しいです。
付属の海苔は・・・何の役にも立ちません。

肝心のスープですが。
本当に辛いです。
辛さを感じるレベルは人それぞれだと思いますが
私には相当辛かった(辛いの苦手)
全身の毛穴から、汗が吹き出ましたよ・・・

結局、最後の方は辛いだけで
美味しいんだか何だか良く分かりませんでしたが
辛い物好きな方は、一度食べてみても良いかも。
体も温まる為、暖房費節約になりますよ。

余:翌日のトイレが地獄でした。
  腸の弱い方は、遠慮しておいた方がいいかもね・・・です。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「愛を乏う人」 原田美枝子

「愛を乏う人」

愛を乏う人製作年:1998年
監督:平山秀幸
出演:原田美枝子
評価:★★★★★


下田治美著の原作がベース。
生まれてから17歳になるまで、母親から激しく
虐待を受けた主人公が、自分の半生を
振り返りながら、父親の遺骨を
探す旅にでる・・・・という話。

映画館で観た以来なので、約10年ぶりでしょうか。
久々に鑑賞してみましたが・・・・やっぱり辛かったです。

原田美枝子&幼少期を演じる子役の
「虐待(暴力)」シーンも耐え難いですし
常に「愛を乏う人」は娘であり、母で
あるというテーマも重い。観ていて心底辛い1本。

ただ・・
また観たいか?と問われれば、もちろん観たい作品。
それ位、心に訴えかける何かがある内容です。

決して気持ちの良い流れではないですが、
近年の邦画では、鑑賞に値する映画だと思います。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「姿三四郎」 黒澤明

「姿三四郎」

姿三四郎製作年:1943年
監督:黒澤明
出演:藤田進
評価:★★★

富田常雄の小説を
原作とした柔道モノ。
黒澤明、初監督作品。

本来、97分あるべき作品ですが、諸事情でブチブチフィルムが
カットされてしまっています(戦時中だから・・仕方ないのか・・)
私が観たのは、1952年の79分版。

「柔道モノ」と言っても、暑苦しい格闘映画では無く
どちらかと言えば、爽やかな印象の1本。

ただ、所々紛失してしまっている為、全体的な内容を
理解しながら観る事が出来なくて残念でした。
(難解な作品じゃないけど、やっぱり・・・ね)

ま、とりあえず。内容は別として。

自分は三四郎よりも「蛇」のようなライバル
「檜垣源之助」が気に入りました。

特に、檜垣が食事中に登場するシーン。
今で言う「空気の読めない人」、檜垣に対する
小夜・半助・三四郎の態度。

今度から自分も、アレ位あからさまな「無言の拒絶」を
してみたいと思った位、笑えました。
(自分がされたら、かなりショック大だけど)

フィルムがぶつ切りという点で、何とも感想の述べにくい
映画でしたが、檜垣の存在だけでも面白いので
機会がある方は1度どうぞ・・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters