スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「俺たちダンクシューター」 試写会にて

「俺たちダンクシューター」無理矢理連れてってもらいました。

18572300_2302949690s.jpg

http://oredan.gyao.jp/main/
アメリカ70年代、実在したバスケリーグをモデルに
あのウィル・フェレルが変態的演技で活躍する
コメディ+スポ根+ちょっぴり涙の感動作。

簡単に感想を言えば「アホを楽しむ作品」
どれだけ自分もアホになれるかが勝負です。
私は1時間30分、アホな幸せを満喫しました

18572300_2529494964s.jpg

ま、基本こういうノリの映画なので

18572300_1959734373s.jpg

コレ系に抵抗がある方はちょっと無理かも?

ところでウィル・フェレルといえば
18572300_975103174s.jpg
コレを思い出す方もいますよね?でも安心です。
タイツの悪夢は去りました。

18572300_1624462057s.jpg

そうそう!生クマも出てきます。動物好きにもお勧め出来ます!

興味がある方、是非劇場へ。少しだけ興味がある方は
是非レンタルでどうぞ!(民放ではやらない。絶対やらない。)
というより、観てください。
(ダークナイトと2本立なら、もう一度行くんだけどな)

合言葉は Everybody love everybody!
スポンサーサイト


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「パコと魔法の絵本」 プレミア試写会にて

「パコと魔法の絵本」完成披露試写会に
連れてってもらいました。
http://www.paco-magic.com/index.html

国際フォーラムAホール。ここで観たのは
かの感動巨編「タイタニック」以来・・

「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」という
舞台劇の映画化ですが、そんな事も知らず鑑賞。

で、また曖昧な感想を少し。

面白い!「大人向きのおとぎ話」といった感じ。
凝ったCG(目新しいという程じゃないけど)も
効果的で、全体の雰囲気が良く作られていた。
1時間45分、笑いあり・涙ありの素敵な世界を楽しめました。
話はシンプルだけど、疲れた大人にぴったりです。
(お子様向けかと言われれば微妙)
見所は・・阿部サダヲでしょうか。素敵な役者ですね。

ついでに完成披露だったので、舞台挨拶付。

18572300_2171480674s.jpg


役所広司・アヤカ・ウィルソン・土屋アンナ・山内圭哉
劇団ひとり・上川隆也・中島哲也・門間宣裕(確かこの8人)
「配給が東宝さんだから「ポニョ」にぶつけられなくて
良かったですよ」
という話が印象的でした。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 「ハプニング」

明日からの公開ですが、たまたま「前夜祭」をやっていたので
M・ナイト・シャマラン最新作「ハプニング」を観てきました。

16283277_3634118015s.jpg

CMでバッタバッタ人が倒れるやつですね。
小さい箱でしたが、1回目は満席。流石、金曜夜?それとも話題作?

さて。主人公マーク・ウォールバーグ。

16283277_3892582156s.jpg

この人、個人的に好きな役者さんですが、私の年齢だと

16283277_2066150030s.jpg

彼のイメージはコレ。元祖、腰パンツ!
Marky Mark & The Funky Bunch・・・
PVで彼の裸が流れるたび、興奮したのは良い思い出・・・

そんな彼が、最愛の妻と共に謎の現象に立ち向かうという
物語です。時間のある方、お気軽にレンタルでどうぞ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ダークナイト」 試写会にて

バットマン最新作「ダークナイト」を観て来ました。

16283277_1006692159s.jpg

米国では18日に封切したばかり。
既に、ピーターの素敵なダンスが印象的な
「スパイダーマン3」の初日興行収入を超えたとの事。
全米歴代興行上位圏内になるのかな?

さて。一般的に。
内容はお好みですが「夏休み超大作」で
間違いないと思います。音響込で劇場向け。

じゃ、自分はどう思ったか?
・・・・・・・・・・・・
ネコミミに連れ去られるのでやめときます。
badman

連れ去られるならM・キートンが良いです。
というより、誰でもマスク&スーツで色男。

閑話休題

本作品後、急逝したヒース・レジャーのジョーカー。

badman

前評判通り、素直に良かったです。
今回限りで彼のジョーカーが楽しめないと思うと残念です。

こちら、楽しいジョーカー。

badman

約2時間30分と、上映時間も大物ですが
観ても激怒する事はないと思います。
(試写後「もう1度観たい」と言ってた人が多かった)

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「暴力教室」 松田優作

暴力公開年:1976年
監督:岡本明久
出演:松田優作
評価:★★★★★

暴力・暴行・アンパン・ナイフ。
挙句、日本刀を振回す校長。
リアル梶原一騎の
世界(関係ないけど)な内容です。

まず、舘ひろしの殴られ顔が素敵です。
西部警察の「血が、血がとまんねぇよ!」も最高
でしたが、こちらも捨てがたいですね。
下手なのに面白すぎる、彼に注目です。

「映画」としてはポカーンな出来だけど
この熱さは最高です。(もちろん、その他の面々も
凄いです)この手のノリが好きな人は是非!

松田優作に「薄汚いブタヤロウが!」と
罵られたくなる・・・・イカス作品です。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「マッハ’78」 梶原一騎

マッハ’78
公開年:1978年
監督: 三保敬太郎
原作(企画):梶原一騎
評価:★★


日米対抗スタント祭り。

当時、いかにスーパーカーブームだったか。
そのノリで作られたとしか思えない内容です。

今観ると「ド・・ドキュメンタリー?」と
しか思えない流れが残念!映画ではないですね。
ただ、「世界新記録達成!!」の為に
当時でもかなり高級だったはずのポルシェを
海に沈めたんだから・・・その意欲は買います。
車好きなら、興味深い内容かもしれません。
それ以外の方にはマニアックすぎるかも。

「俺、日本人だし。英語分らないから日本語で
 話してよ」と言い切り、終始日本語で外国人と
接していた主人公。いや~、面白いです。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「皆殺しハンター」 マリオ・アドルフ

LA MALA ORDINA
原題:LA MALA ORDINA
製作年度: 1972年
監督: フェルナンド・ディ・レオ
出演:マリオ・アドルフ
評価:★★★★★


麻薬横領の罪をきせられた主人公の話です。
「皆殺しハンター」という邦題が、なんともいいですね。

イタリア超B級アクション。
この作品程、ビンタが決まる映画は
ないのではないでしょうか。まったくもって痺れる
ビンタが炸裂する、堪らない1本です。
私が観たフェルナンド・ディ・レオ作品では
1番かな・・・面白いです。

つまり・・・
受け付けない人には堪えられないかも
しれないが、好きな人には楽しすぎるという内容。
自分の好みをご確認の上、ご選択下さい。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ザ・ショック」 マリオ・バーヴァ

THE SHOCK
原題: THE SHOCK
製作年度: 1976年
監督: マリオ・バーヴァ
出演:ダリア・ニコロディ
評価:★★★


昔住んでいた家で起こる
怪奇現象と因縁の話。

子供が駆け寄るシーン!
これは、単純な手法で撮影されているのですが
かなり怖いです。まさに「ザ・ショック」

ダリア・ニコロディの顔と合わない
叫び声がいいですね。綺麗な人なのに
「キャーッ」じゃなくて「ギィヤァァー!」

こういうところが楽しい作品です。

しかし、憑依済とはいえ、子供が変態的悪さを
繰り返すの場面は観ていて気分が悪くなります。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「放射能X」 ゴードン・ダグラス

THEM
原題: THEM
製作年度: 1954年
監督: ゴードン・ダグラス
出演:ジェームズ・ホイットモア
評価:★★★★★



放射能の影響で巨大化した蟻VS人間の話。

"When man entered the Atomic Age
  he opened a door to a new world.
  What we'll eventually find in that
  new world nobody can predict."

面白い。本当に面白い。
これを観ないで、モンスター物は
語れない・・・という位有名ですね。必見。

今のモンスター物は、もっと頑張らないと!!!!

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「デス・マスク」 レイ・ミステリオ

WRESTLEMANIAC
原題:WRESTLEMANIAC
製作年度: 2006年
監督: ジェシー・バジェット
出演:レイ・ミステリオ
評価:★★



AV撮影隊が、伝説の覆面殺人鬼
(レイ・ミステリオ)に襲われる話。

さぞ華麗な技を繰り広げながら
生革を剥いでいくのかと思いきや
「ウ~ ガ~」しか発しないミステリオ。
技は!技はどうしたんだ!!!!
ポッチャリ君VSミステリオの対決シーンに
心躍る体験が出来ると思ったのに!!

期待しすぎた分、あっさり味付けにがっかり。
覆面殺人鬼という設定が良かっただけに・・無念の1作でした。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「チャイルド・マスター」 マーク・ジョーンズ

TRILOQUIST.jpg原題: TRILOQUIST
製作年度: 2007年
監督: マーク・ジョーンズ
評価:★+★半分

人形系ホラー。


チャッキー+パペットマスターの
子供みたいな邦題に騙されました。
これは・・。これはハッキリ言って・・・・

内容はマーダーライドショー風。
という事は?オリジナリティが欠如してるって事?
緊迫感ゼロ&ダラダラ展開でもいいという方むけ。

ダミーちゃんはステキなんですけどね。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ローズ・レッド」 スティーブン・キング

STEPHEN KINGS ROSE RED原題:STEPHEN KING'S ROSE RED
監督:クレイグ・R・バクスリー
出演:ナンシー・トラヴィス
評価:★★★

呪われてる上に、増殖する家の話。


アクの強いキャラが勢揃いの1作。
たまに「?」となる場面や、幽霊のヘボさは
あるけど、TVMなので「ご愛嬌」程度で許せます。

怖くない(致命的?)けど、超常現象が
好きな人は、楽しんで観れると思いますが
かなり長編(254分)なので気合が必要。
(今回のキングはピザ屋でした)

昔、ウィンチェスター・ミステリーハウスの
正面まで行ったのに、見れずに帰った事が
あります・・・。今でも悔しいィィィ!!

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ザ・フォッグ」 ジョン・カーペンター

JOHN CARPENTERS THE FOG原題:JOHN CARPENTER'S
      THE FOG
製作年:1980年
監督 ジョン・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス
評価:★★★



とある港町で発生した「謎の霧」と呪いの話。

シチュエーション・スコア・光と影使いの上手さ
照明の色なんかは、とてもカーペンターらしい
出来になっていると思います。

派手な描写に頼らず、心理的な恐怖を
味あわせる事が出来るのは流石です。
想像力があればあるほど、怖い作品。
興味のある方は、2005年度リメイク版
「ザ・フォッグ」も合わせてどうぞ。

ジャネット・リー&ジェミー・リー・カーティス。
絶叫母子共演は見所の1つですね!

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「殺人鼠 KILLER RATS」 ロン・パールマン

RATS.jpg原題:RATS
制作年:2003年
監督:ティボー・タカクス
出演:ロン・パールマン
評価:★★★

大型犬程のネズミが人間を襲う話。

小ネズミは本物だけど、大ネズミはしょぼい
CGでございます。
その点を気にしなければ、普通に
観れます。CGネズミの出来が残念。

流石にロン・パールマンは骨太なので
CGネズ公とはいえ、大変そうだと思いました。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「アース・トゥルーパーズ 地球防衛軍vs巨大蟻軍団」 デヴィッド・ヒューイ

giants
制作年:2003年
評価:★
原題:GIANTS
監督:デヴィッド・ヒューイ
 「このでかさ、蟻えない!」

巨大蟻VS防衛軍(素人含む)の戦い。

癒し系レベルな演技力によって
心地よい眠りに誘われます。
全体的に酷いんだけど、なんだか
憎めない。そんな内容ですが・・・
ねえ、どうなんでしょう。

名作「スターシップ・トゥルーパーズ」
(もちろん1の事)とは関係ありません。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。