スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「アイドルを探せ」 菊池桃子

sagase製作年:1987年
監督:長尾啓司
原作者:吉田まゆみ
出演:菊池桃子
   伊藤かずえ
   武田久美子
   竹本孝之
   池田政典
満足度:★★

憧れの一人暮らしを始めた大学生。
背伸びしたいお年頃の若者達が、恋や友情
出会いと別れを経て、少しずつ大人になっていく青春映画。

天然二股役を演じる菊池桃子に弄ばれる竹本孝之が
地元の女に襲われるシーンと(心の中で何度「逃げて~
 逃げて~」と叫んだか・・・)雨の中「バスローブ」で
単車に乗り、桃子を追いかける池田政典のシーンが
一番心に残りました。

まあ、面白い・面白くないというより、女子大生ブームだの
バブル時代の大学生がいかに中年くさいかを確認出来る
貴重な映画だと思えばアリな1本だと思います。

本当にいたんだよな、こういう学生・・・・

なお、同時上映は庄司陽子の「Let's豪徳寺!」。
(キョンキョン主演で「生徒諸君」も映画化してたし、凄いな、庄司陽子)

余:吉田まゆみさんや小森のおばちゃまのほうが、杉山清貴より
  演技が自然だったような
スポンサーサイト


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「パンツの穴」 山本陽一

穴制作年1984年
監督:鈴木則文
出演:山本陽一
    菊池桃子
    田中浩二
    矢野有美
    山中康仁
    岩本宗規
満足度:★★★★

博多から多摩に転校してきた主人公と個性豊かなクラスメイト達の
恋と下ネタを直感的に描いた青春ドタバタコメディ映画。

起承転結、青春の1ページ毎にうんこが関わるという
珍しい作品です。美しい学園物ではありません。

コメディ色が強いので、大人の場合、観ていて疲れる事も
あるかもしれませんが、ツボな人には相当共感しながら観れる
貴重な青春映画(大林系青春とは大違い)だと思います。

女性陣のキャラや演技は、正直容姿の出来以外に個性がないので
印象に残らないのですが(ブス2人は除く)、うんこまみれで
かっこ悪いけど、クソ楽しい青春を謳歌するキャラをドンピシャで
演じる男性陣は良いですよ~。
女子側の青春じゃなくて、男子側の青春。
何もかも排泄してすっきり育て!といった感じ。

惜しむべきは、後半ややペースダウンしてしまった
ところでしょうか(個人的にクロロホルムシーンは
中学生の妄想を通り越して、ただの犯罪ネタ過ぎて
気持ちがなえた)
そこさえクリアすれば、地獄のロッカーまで最高です。

コメディだけど、がっつり青春。
やっぱ鈴木則文は面白いと思える1本です。

余:OSAMUGOODSのバッグとか!!あれ、まだ売っているのかな。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「暴動島根刑務所」 松方弘樹

暴動島根
制作年:1975年
監督:中島貞夫
出演:松方弘樹
   北大路欣也
   伊吹吾郎
   川地民夫
   田中邦衛
満足度:★★+★半分

殺人罪で島根刑務所に入った主人公が、陰湿な看守や受刑者に
いじめられてブチ切れる話。

冒頭から金子信雄が撲殺されたり、豚の世話が出来なくなったという
理由で窓ガラスを突き破って田中邦衛が飛んじゃったり、もうイロイロ
おかしい話です。

正直、「脱獄広島殺人囚」(74)程のユーモアやアイディアを
感じられるものがなく、2作目にして既にマンネリという
ちょっと残念な1本だと思いました。

余:ラストは外国風で良かったです。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「鉄砲玉の美学」 渡瀬恒彦

鉄砲玉製作年:1973年
監督:中島貞夫
主演:渡瀬恒彦
    森みつる
    杉本美樹
    小池朝雄
満足度:★★★+★半分


学もなく、金もなく、ヤクザの世界に入ったものの
女から金をせびってこすい商売をするチンピラ
止まりの主人公が、組の幹部から鉄砲玉に抜擢され
宮崎まで出向くことになる。自分の力でのし上がる事も
出来ず、ただ捨て駒として消えていく若者の姿を描いた
ドラマ映画。

主題歌が頭脳警察の「ふざけるんじゃねえよ」という時点で
相当ユニークな作品だと思います。
また、渡瀬恒彦だの小池朝雄だの川谷拓三が出演しているといっても
東映ヤクザ路線ではないし、杉本美樹といってもお色気シーンは
ほぼ無いといってもいいし(むしろこのベッドシーンは観ていて
暗くなったなぁ・・・)本当に変わった作品だと思います。

拳銃と金を手にしただけで、自分が変わったと錯覚し
行動する、ええかっこしいの主人公。
あきれると同時に気の毒になります。

地味な作品ですが、ジワジワ来る1本です。

余:森みつるさんの演技が良かった・・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手

映画 感想 「脱獄 広島殺人囚」 松方弘樹

脱獄広島制作年:1974年
監督:中島貞夫
出演:松方弘樹
    梅宮辰夫
   小松方正
   渡瀬恒彦
   若山富三郎
満足度:★★★+★半分


殺人罪で懲役をくらった主人公が、広島刑務所から何度も脱獄を繰り返す話。

脱獄三部作の一つ。
殺す→刑務所→脱獄→捕まる→やけくそ→捕まる→刑務所みたいな
無限ループを、テンポよく描いています。


内容はなくとも、面白い。
倫理もないし、生活にも役立たないけど
映画って娯楽だなぁと感じる1本です。
すっきりしたい時に。

余:川谷拓三・志賀勝・室田日出男のキャラとか

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。