FC2ブログ

映画 感想 「グリーンブック」 ヴィゴ・モーテンセン

green_book.jpg

監督:ピーター・ファレリー
出演:ヴィゴ・モーテンセン
    マハーシャラ・アリ
    リンダ・カーデリーニ
満足度:★★★+★半分

教養深い天才黒人ピアニスト・ドクター・ドナルド・シャーリーと
がさつだが根は素直なイタリア系運転手兼ボディガードの
トニー・リップは、黒人差別が強い南部で行う演奏ツアーの為に
2ヶ月の旅に出る。正反対の二人が、旅を通してお互いを知り
友情を築き上げる過程を描いたロードムービー。

本作品は91回アカデミー助演男優・作品賞・脚本賞を受賞。
モーテンセン演じるオーバーなキャラクターが、助演の
マハーシャラ・アリの演技をより印象深いものにしていたと思いますが
(ガラスの仮面「二人の王女」みたいな感じ)残念ながら
モーテンセンはノミネートのみでした。

人種差別や偏見などのテーマがあるにも関わらず、バリバリ重めに
攻めていないところが良かったと思います。
white saviorだという意見もありますが、より多くの人に観て
いろいろ感じてもらうには、良い按排というか、全体的に
バランスよい話だったのではないでしょうか。

まあ、私が起承転結よくできている話が好きだからかも
しれませんが、芯あるマイルドストーリを楽しむことが出来ました。

追記:

“If I’m not black enough, and if I’m not white enough, then tell me, Tony,
  what am I?”

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手

映画 感想 「アリー スター誕生」  ブラッドリー・クーパー

1028c7727e79e1d5afcbf77965c28d29.jpg
原題:A Star Is Born
制作年:2018年
監督:ブラッドリー・クーパー
出演:ブラッドリー・クーパー
   レディー・ガガ
   サム・エリオット
満足度:★★

かつては才能があったものの、酒と薬に溺れ過去の人になりつつある
カントリー歌手ジャクソンは、ある日才能はあるがチャンスに
恵まれない女性歌手・アリーと、場末のクラブで出会う。
一目で彼女に魅入られたジャクソンは、自分のツアーに彼女を
参加させる。次第に世間はジャクソンよりアリーに注目されるようになり・・
ドラマ映画。

1937年(役者)・1954年(役者)・1976年(歌手)と、既に3回
やっている「スター誕生」のリメイク作品。
どうも、アメリカ人はこの話が好きなようです。

個人的にジュディガーランド版がとても良かったので
話の内容が嫌いな訳ではないのですが、正直本作品は
最近の少女映画的展開に近い雰囲気があり、早い段階で
時計を気にするようになってしまいました。

深みはなくて、決めシーンと歌だけアピール。
編集が下手だったのかな。残念です。

余:カントリー歌手からの方向転換が激しすぎ

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手

映画 感想 「パワーレンジャー」 エリザベス・バンクス

Power Rangers
原題:Power Rangers
制作年:2017
監督:ディーン・イズラライト
出演:デイカー・モンゴメリー ナオミ・スコット
    RJ・サイラー ベッキー・G
    ルディ・リン  エリザベス・バンクス ブライアン・クランストン
満足度:★+★半分

5人の高校生達が、ふとしたことから人類に危害を加えるリタ・レパルサ軍団と
戦う「パワーレンジャー」として、平和を守る使命を与えられる事に。
田舎町エンジェル・グローブを舞台に、それぞれの悩みを抱えながら
協力し成長していくティーンエイジャーの物語を描くアクション作品。

日本のスーパー戦隊シリーズの輸出版として、93年にアメリカで放映されていた
「マイティ・モーフィン・パワーレンジャー」の現代版。

日本人なら馴染みのある戦隊ものなので、興味を持って鑑賞したのですが
やはり最近のアメコミ作品同様、詰め込み展開の割に、内容がナイヨ~な
1本でした。

エリート体育会系の頂点から転落したレッド、貧困+病弱な母の
看病をするブラック。ビッチな性格が原因で問題児になった事を
隠しているピンク、家族にLGBTを理解してもらえないイエロー。
そして、天才過ぎて一般人に理解してもらえないブルー。

これだけの問題を抱えつつ、2時間の枠内で、世界の平和を守る
パワーレンジャーになり、お互い仲良くなって認め合い、敵を倒さなければ
いけないのは大変です。

もう少し話をシンプルにして、再度やり直した方がいいのではないでしょうか。

エリザベス・バンクス以外、まともな仕事(演技)をしていなかったようにも
思えます。

個人的に明るく楽しい戦隊ものの方が好きな事もありますが
全体的にチープだなと感じました。

余:当時、レッドレンジャーの頭の形をしたラジオを持ってたなぁ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手

映画 感想 「 ターザン:REBORN 」 アレクサンダー・スカルスガルド

tarzan原題:The Legend of Tarzan
制作年:2016年
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:アレクサンダー・スカルスガルド
    サミュエル・L・ジャクソン
    マーゴット・ロビー
    クリストフ・ヴァルツ
満足度:★★

ジャングルでゴリラに育てられた野生児ターザンが、故郷イギリスに帰国し
貴族として生活していたある日、奴隷問題にゆれるコンゴまで同行して欲しいと
アメリカ特使から依頼が入る。そこで彼を待ち受けていたのは、息子を
ターザンに殺され、復讐に燃える族長と、ベルギー国王の陰謀だった。
動物アクション映画。

相変わらず役を選ばないサミュエル・L・ジャクソン と、きっちり仕事を
こなしていたクリストフ・ヴァルツに対して★2つです。

正直、いくらアレクサンダー・スカルスガルドの顔が良くても
最後まで観るのがかったるいレベルに、話に面白みがなかったです。

いっそジャクソンVSヴァルツをメインにストーリーを考えた
方が、面白い映画になったかもしれません。

余:顔がいいだけじゃ、いろいろダメなんだな。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手

映画 感想 「ラ・ラ・ランド」 デミアン・チャゼル

lalaland原題: La La Land
制作年:2016年
監督:デミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    ジョン・レジェンド
満足度:★★+★半分


女優になりたいという「夢」に夢見る女と、実力はあるものの
ジャズに対して真面目すぎる為に時代の流れについていけない
男。夢や理想に生きる二人の関係を描いたラブストーリー。

自分から湧き出るものを表現したいという理想と
人が決めたものや望むものを表現しなければいけない現実の
ギャップに悩むことは、生きていれば誰にでもあると思います。

実力や理想や情熱とは関係のないところで物事が動く
ショウビジネス界も、特殊ではあるけれど、思い通りに
いかないところは同じかなと思います。

その部分で何か共感出来るものがあればよかったのですが
結局は起承転結綺麗過ぎるおとぎ話となってしまったし
ジャズ男はまだしも、女優のキャラに納得出来ない
部分が多かったので、いまいち感情移入出来ませんでした。

鮮やかな衣装と素敵な音楽が際立ちすぎて
内容とのバランスが悪かった。
また、進化形ミュージカルなのかもしれませんが、歌も踊りも
殆どなくて拍子抜けしました。

一応、男性も女性も、お互いの役にたったという点では
良い話だと思いました。

余:ファイファーだけじゃなくて、ベレンジャーの「野獣教師」も
  引用すればいいのに。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters