FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手

映画 感想 「空手バカ一代」 千葉真一

81xLp-TnaSL__RI_SX300_.jpg監督:山口和彦
制作年:1977年
原作者: 梶原一騎 影丸穣也
出演者:千葉真一
     夏樹陽子
     室田日出男  志賀勝
     石橋雅史
満足度:★★

国内で認めてもらえない大山倍達はスカウトされ、米軍の力が強い沖縄に
向かう事に。そこで与えられた仕事は、アメリカ人にブチのめされ、笑われる
日本人役という屈辱的なものだった。八百長試合に耐えかねた大山は
空手で立ち向かうのであった。

沖縄の浮浪児や、夜の商売をせざるを得ない女性などを
ストーリーに盛り込んでいるものの、ほぼ試合や格闘のシーンで
構成されているので、悲哀よりなのか、格闘よりなのか
話としては、やや微妙だった気がします。

ラストは「燃えよドラゴン」まんま。これは驚きました。
ここまで堂々としていると、かえってありなのかもしれません。

余:夏樹陽子、よく脱臼しないなぁ
スポンサーサイト


☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「けんか空手 極真拳」 千葉真一

71_.jpg監督:山口和彦
原作者:梶原一騎・影丸穣也
制作年:1975年
出演:千葉真一 多岐川裕美
千葉治郎
石橋雅史 由利徹
成田三樹夫
満足度:★★★

劇画「空手バカ一代」がベース。千葉真一演じる大山倍達が、戦後、後に
妻となる彼女や弟子と共に、「けんか空手」や「牛殺し」から受ける非難や
苦難を乗り越え空手道を極めていく成長物語。

正当防衛とはいえ、初めて空手で人を殺した事をあ~んなに
反省していたのに、禊が済んだらあっという間に敵対する
空手道場グループをアレしてコレしちゃう設定がおかしかったです。

また、多岐川裕美演じる後の妻が、ほぼ強姦なのに納得
した挙句、妻になる、純愛チック設定も不思議でした。

空手以外でも、ストーリーがあるので、技に興味が無い方でも見やすい
1作だと思います。

余:まさか苅谷俊介の演じた敵キャラが生きていて
  みんな重症位だったなんて事はないはず・・

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「パトリオット・デイ」 マーク・ウォールバーグ

Patriots Day原題:Patriots Day
制作年:2016年
監督:ピーター・バーグ
出演:マーク・ウォールバーグ
    ケヴィン・ベーコン
    ジョン・グッドマン
    J・K・シモンズ
    ミシェル・モナハン
満足度:★★+★半分

2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件を、体調や
家庭に悩みを持つ刑事の人生や、被害者達の人生を織り交ぜながら
描いていくドラマ作品。

犯罪者について深く掘り下げず、事件によって傷ついた人々を
中心に描いているので、ややドラマティックかつ優等生的作品だと思いました。
やはり映画であり、ドキュメンタリーではないなと。

被害者の人々の事やテロに立ち向かっていった人々の事を丁寧に拾っていた点は
良かったと思いますが、テロ犯とその家族はただのアレでソレ、それを間接的に
補助した挙句通報の義務も怠った学生は逮捕したからオッケーという、テロ原因に
やんわり蓋をしてしまった点は、少し残念んでした。

政治や宗教、人種がからんだ実話の映画化は難しいです。

余:ウォールバーグが主役なのか、中国人学生役が主役なのか
  たまにわからなくなった。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「ワンダーウーマン」 ガル・ガドット

ww原題:
Wonder Woman
制作年:2017
監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット   クリス・パイン
   コニー・ニールセン   ロビン・ライト
   ルーシー・デイヴィス   エレナ・アナヤ
満足度:★+★半分

アマゾン族の王女・ダイアナは、アメリカ人遭難者スティーブ・トレバーを救出。
彼から第一次世界大戦の状況を聞いた彼女は、戦争の原因が
宿敵アレスによるものだと確信。トレバーとともに人間界に向かい
世界の平和を取り戻そうとする。DCコミック原作・アメコミ映画。

イマイチな部類のアメコミ映画平常運転と言えば、そうなんですが
話も映像もマンネリというか、全体的にあってもなくても良い
1本だった気がします。

特別、美人で大柄で恰好はいいけれど、キャラクターに魅力を
与えられたとは言い難い演技だったガル・ガドットが
残念でした。

彼女で1本作るのは微妙だったのかもしれません。

余:「アイラブユー」の時、エアロスミスでも流せばよかったのに

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事

映画 感想 「ザ・コンサルタント」 ベン・アフレック

The Accountant原題:The Accountant
制作年:2016年
監督:ギャヴィン・オコナー
出演:ベン・アフレック
   アナ・ケンドリック
   J・K・シモンズ
   ジョン・バーンサル
   ジョン・リスゴー
満足度:★★★+★半分

高機能自閉症の主人公は、周囲の人々と「違う」自分を
生かす術を、軍人の父親から愛情と厳しさをもって学ぶ。
成人後、表向きは田舎の会計士、裏ではマフィア御用達の
会計士として生きていた彼は、ある会社の会計の不正を
暴いてしまった事から、暗殺者に狙われるはめになる。
サスペンス・アクション映画。

予測出来る内容にもかかわらず、引き込まれ
どんでん返しにニヤリとしてしまった作品。

アフレック版ジェイソンボーンという程
せわしない場面も少なく、けっこうじっくり話が
進むので、人によってはそれを不要、もしくは
まったりすぎると感じるかもしれませんが
逆に私はそれが良かったです。

もう少しアナ・ケンドリックの役柄が新しいもので
あれば良かったですが(あの人、ああいう役多いな)
全体的にシリーズ化しても良いくらい好みの作品でした。

なお、基本的に、高機能自閉症が関係しているのは
人付き合いと数学の天才という部分で、銃や
格闘シーンは父親の特訓の成果です。

余:日本の宣伝、おかしいよ。
  「腕利きの殺し屋」ってなんだよ。殺し屋じゃないよ。間違ってるよ。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
      web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。