映画 感想 「人魚伝説」  白都真理

人魚制作年:1984年
監督:池田敏春
原作者:宮谷一彦
出演: 白都真理
    清水健太郎 
    江藤潤
    青木義朗
満足度:★★★+★半分


原発誘致にゆれる漁村で漁師をしている夫を、誘致派の人間に
殺され、その罪を着せられた海女である妻が、復讐の鬼となって
誘致派に立ち向かう話。バイオレンスサスペンス映画。

普通に美人でスタイルが良い白都真理が、惜しげもなく
真っ裸になる事よりも、ラスト15分位の銛無双が
印象に残る映画です。
むちゃくちゃなんだけど、納得できるむちゃくちゃ。

えらいのんびりした前半と、急降下の後半の差が激しいですが
主人公が知力体力時の運を駆使して
ホラー映画か漫画のような展開を乗り越えていく姿に
感動すら覚えました。

もちろん、突飛な部分だけではなく、地味ではあるものの
場の雰囲気というか空気を良くつかんでいる映像も
楽しめます。

奇抜ではあるけれど、白都真理の気迫がなければ、ここまで
印象に残る作品にはならないんだろうなぁ。
(監督も撮影も一流ですが)

海女さんを怒らせてはいけないと知った1本でした。

余:白いソックスは脱いで欲しかったなあ、清水健太郎。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「みな殺しの霊歌」 佐藤允

みな殺し制作年:1968年
監督:加藤泰
出演:佐藤允
    倍賞千恵子
    中原早苗 應蘭芳  菅井きん
    河村有紀 沢淑子 太宰久雄
石井富子
満足度:★★


身勝手な暇つぶしの材料として1人の青年を自殺に追い込んだ
5人の有閑マダム達を、逃亡中の殺人犯が惨殺していく話。

女が少年に近い年齢の男を強姦して遊ぶという設定も
変わっていますが、ショックで自殺した青年と声を交わす程度の
中である殺人逃亡犯である主人公が、仇討ちに出るというのも
不思議な設定だと思います。

この主人公は生きている状態の女性に対して
不能なのかなと思いました。もしくは、女性ではなく、同性に
愛情を持つ人なのかなと思いました。

まあ、そういう繊細な事を描く話ではなく、どちらかといえば
アサヒ芸能的な摩訶不思議な話です。
残虐な面をもつキチ〇イ主人公が暴走しまくるという
話です。警察も無能であり、被害者たちも油断しまくりです。
内容を観るというより、感覚的に観るという作品だと思います。

最終的に印象に残ったのは、5人の熟女達がお色気込みで
殺害される場面があるのに、何故か菅井きんだけ殺害後の
写真紹介で終わったという事でしょうか。

納得いかないな~

余:倍賞千恵子はある意味命拾いしたのかも

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「遊び」 関根恵子

asobi制作年:1971年
監督:増村 保造 原作:野坂昭如 「心中弁天島」
出演:関根恵子   大門正明 内田朝雄 杉山とく子
蟹江敬三 平泉征 松坂慶子 根岸明美
満足度:★★★+★半分

借金を抱えたままアル中で死んだ父親の代わりに、病気の姉と
内職で食いつなぐ母親を養わなければいけなくなった16歳の少女。
楽しみもなく、ただひたすら工場で働く彼女は、ある日2つ年上の少年
に声をかけられる。実は少年はヤクザであり、食い物にする目的で
近づいてきたのだが、純粋な少女と接するうちに考え方が変わってゆき・・
劣悪な環境でもがく若者同士が、短時間で爽やかに哀しく
燃え尽きていく様を描いた青春映画。

寝たきりの子供に「早く死んでくれ」と言い切るアル中の父親や
夫に逃げられた悲しみから、男を何人も部屋に引き入れる
アル中の母親、工場の稼ぎではやってられないとキャバレーに
職替する同僚、女をだましては食い物にするヤクザ。

その他モロモロ、正直終戦直後かよと言いたくなる
暗さの中、空気のように流される少年少女。

どこに共感していいかわからない救いようのなさですが
主役の関根恵子(高橋恵子)の16歳とは思えないみずみずしい
おばさんのような、幼女のような雰囲気と、オーバー
過ぎる大門正明の演技が、物語のダークな部分を
ぶっ飛ばしています。

テンポ良く進むので、観やすいです。
でも、こんな青春は嫌です。

余:蟹江敬三と平泉征のヤクザっぷり。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

映画 感想 「ゴーストバスターズ」 クリステン・ウィグ

ghost busters原題:ghost busters
制作年:2016年
監督:ポール・フェイグ
出演:クリステン・ウィグ   メリッサ・マッカーシー
   ケイト・マッキノン   レスリー・ジョーンズ
   クリス・ヘムズワース  セシリー・ストロング
   アンディ・ガルシア
満足度:★


物理学者として有名大学に就職が決まる寸前、過去に幽霊が実在すると
主張した著書の存在を学校側に知られ、無職になってしまった主人公エリン。
幽霊本の共同著者であり、かつての親友であったアビーの元を訪ねた彼女は
未だアビーとその仲間が幽霊の存在を証明しようとしている事を知る。
そんな折、あの世とこの世をつなげようと目論むホテル従業員・ローワンが
NYに幽霊騒ぎを起こし始める。
世間にバカにされながらも、仲間達と協力してNYに現れる幽霊に立ち向かう話。

「ゴースト・バスターズ」(84)の女性版・現代版と言うには
センスもユーモアも幽霊の造形も激しく劣る作品だと思いました。

別に1作目が好きすぎるから本作を批判したい訳ではなく、1作目を観て
いなかったとしても、人に勧められないレベル。

メリハリのないコメディは、辛いです。

余:ビル・マーレイと ダン・エイクロイドがカメオ出演しています。
  アーニー・ハドソンとシガニー・ウィーバーとアニー・ポッツ、 そして
  オジー・オズボーンも。



☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事

ドラマ 感想 「ヤヌスの鏡」 全18話

放送期間:1985年12月4日 から 1986年4月16日 全18回
原作者: 宮脇明子(週刊セブンティーン連載)
主題歌:椎名恵「今夜はANGEL」
出演:杉浦幸  山下真司
    風見慎吾 初井言榮
    大沢逸美 宮川一郎太 蟹江敬三 中村晃子
    小林哲子 前田吟 賀来千香子 
    吉行和子 高橋悦史 中条静夫

「古代ローマの神・ヤヌスは、物事の内と外を同時に見ることができたという。
 この物語は、ヤヌスにもう1つの心を覗かれてしまった少女の壮大なロマンである。」

入水自殺してしまった母・由紀子の過去の為に、祖母から過剰な折檻と教育を
受けて育った主人公・小沢裕美。普段は真面目な優等生なのに、ふとした
きっかけで凶悪な別人格「大沼ユミ」に変身してしまう彼女が、困難に
立ち向かいながら自分を取り戻していく話。学園ドラマ。

オカシイ話ですが、面白さは歴代の大映ドラマの中でも
上位に値する作品だと思います。

宮川一郎太の油絵やワーグナー、大沢逸美の「北風に聞いてくれ」
かわいそうな子にしか思えない風見慎吾。
スタートはビンタ、フィニッシュはパンチというリズム感あふれる石橋正次。
告白するために煙突に上る男、山下真司。
名前は分からないけど、強烈だった野獣会のたぬき眼鏡・・・・

急に髪型・化粧・洋服、そして声まで、全てガラリと
変わってしまう主人公が物語から浮かないように、脇役の
キャラクター設定まで手を抜いていません。

たった18話に笑いのエッセンスがぎっしり詰まっています。
もう一つの人格が生まれる前に、ヤヌスでストレス発散しましょう。

余:裸の油絵とか。

☆☆ ↓ 参加中 ポチッとしてくれるとウレシイです ↓ ☆☆
     blogram投票ボタン        web拍手
関連記事
カテゴリ
最新記事
全記事
全タイトルを表示
「映画の事」について
個人的かつ簡単な感想文
程度の内容です。
「何を観たか忘れないように」
書いてます。

ネタバレは極力ありませんが
「知りたく無かったよ!!」
なる可能性もあります・・
その点ご了承下さい。

評価は5段階
★5=最高!
★4=かなり良かった
★3=普通に観れた
★2=やや眠気
★1=睡魔との闘い
☆ =撃沈

基本B級好きなので、ツボがずれていると思います。
暖かい気持ちで読める方向け。
RSSリンクの表示
Google

Google

WWW検索 ブログ内検索

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kitt76

Author:kitt76
映画(洋画 邦画 B級問わず)
食べ物・日常・物品・その他
食指が動けばなんでもアリ。
過疎地帯を楽しみながら
飽きない限りのんびり追求。
「あばよ過去 よろしく未来」
で毎日過ごしております。

人それぞれ。個性ある限り
意見は様々。
見苦しい点はご勘弁。

パーツ
ありがとうございます
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

お天気
Flag Counter
free counters